Piano Music Japan

シューベルトピアノ曲がメインのブログ(のはず)。ピアニスト=佐伯周子 演奏会の紹介や、数々のシューベルト他の演奏会紹介等

NHK交響楽団第1849回定期公演2016.11.25批評(No.2508)

2016-11-25 23:59:25 | 批評

「ショスタコーヴィチの狂気」を見事に表出した 井上道義指揮 NHK交響楽団 の交響曲第12番!


  1曲目の「ロシアとキルギスの民謡による序曲」op.115 も、ピアノ協奏曲第1番 op.35 も素晴らしい演奏だったが、後半の 交響曲第12番 が圧倒的な感動を呼んだ。井上道義 は「おちゃらけ系」と「真剣系」の2面の顔を持つ指揮者であり、「おちゃらけ系」の時はアンサンブルに乱れが生じることが多いのだが、今日は「真剣系の井上道義」が『N響』と言う器を巧みに操って、デュトワ指揮 の時並みに「吠える時は吠える」&「緊張する時は緊張する」を徹底。これほどまでN響を操れる指揮者は、デュトワしか思いつかない。(パーヴォ・ヤルヴィ や アシュケナージ の水準では無い!)先週の「全シューマン」プログラムを 井上道義 に指揮させなかったのだろうか? あんな「バカ指揮者 = ジンマン」に任せたN響事務局のアホ頭が悲しい。


 ショスタコーヴィチ と言う作曲家は、評価がまだ定まっていない。高く評価する人もいれば、低い評価の人もいる。井上道義 は「ショスタコーヴィチ推進派」の日本一の指揮者であり、日比谷公会堂を潰す直前に「ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏会」を企画し、実行した。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノ協奏曲の午後 石川県... | トップ | NHK交響楽団第1851回定期公演... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

批評」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL