ピアノの音色 (愛野由美子のブログです)

クラシックピアノのレッスンと演奏活動を行っています。ちょっとした息抜きにどうぞお立ち寄り下さいませ。

第44回大分県音楽コンクール本選会

2016年10月17日 | レッスンメモ
昨日は大分県音楽コンクールの本選の日でした。教室からは小学3・4年生の部と中学生の部に生徒が参加して、それぞれみんなよく頑張ってくれました。その結果、3・4年生の部では1位と2位、中学生の部では1位と3位をいただくことができました。健気に熱心に毎日頑張ってる生徒たちの姿を見ると、みんなの喜ぶ顔を見たくなります。みんなの喜ぶところを見ることが私の喜びです。これは本当に私の本心です。

コンクールの結果は、嬉しかったり残念だったり、その時々で色々ですよね。コンクールに挑戦するということは、毎日毎日、本番のその日の朝まで、曲に真剣に取り組むということです。それができた子はもうすでに、そこまでの過程で目標のほとんどを達成していると思います。もし、悔しい結果だったときは、何が足りなかったかを学ぶ一番良い機会です。この次に向けて新たな一歩を踏み出しましょう。落ち込む必要はありません。

でもね、コンクールの結果よりもっと本質的に大切なことは、自分自身、音楽を楽しめているかどうかです。「本当にこの曲大好き!」という気持ちで曲を大切にして曲や作曲家へのレスペクトを忘れないようにする。そしてとにかくこの曲が弾けて楽しい! それが本番でこんなにうまく弾けてほんとに幸せ~!と感じられたかどうか、これが一番大切なことだと思っています。演奏直後に、このような喜びを感じながら、舞台袖に戻って行けたら、それが一番ですよね。

そうやって、コンクールを経験することによって自分を見つめ、曲を見つめ、仲間と励まし合ったり切磋琢磨して、ピアノを深く楽しんでほしいと思います。

クリックしていただけると嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アハハ・パワー | トップ | 練習という旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。