ピアノの音色 (愛野由美子のブログです)

クラシックピアノのレッスンと演奏活動を行っています。ちょっとした息抜きにどうぞお立ち寄り下さいませ。

ピアノが弾きたくてたまらない!

2017年03月13日 | レッスンメモ
「この子が、ピアノが弾きたくて弾きたくて、早く学校から帰りたいと言うんです」 と、あるお母さんが嬉しそうに教えてくれました。これまで、ピアノの練習のことで親子けんかがあったりとか聞いていただけに、私もお母さんと一緒にとても嬉しくなりました。生徒たちが「ピアノを弾きたくてたまらない」ということを言葉に出したり、行動で示してくれたりすることは、ピアノの先生としては一番嬉しいことです。こういう言葉や態度に出会った時、私は自分の中のテンションがぐっと上がって、お腹に力が入って、勇気が湧いてきます。

ピアノの練習というのは例えて言えば、長い長い道のりです。その長い長い道のりをコツコツと前へ進んでいくと、見晴らしのいい、一里塚にたどり着きます。自分で仕上げた曲の美しさ、自分の力でたどり着いたからこそ味わえる喜びを、しっかり味わう事ができるのです。この喜びを経験すれば、そこから先の新たな道のりに一歩を踏み出すことが楽しみになります。道のりは決して平坦ではないし、いつも先が見通せているものでもありません。回り道したり、霧が晴れるのを待ったり、行けると思えば全力で駆け抜けてみたり、色んな工夫をこらして前へ進みます。そうして苦労して何とか前へ進むことができると、今度はその事自体が喜びになります。できなかったことができるようになるのですから、当然です。こうして毎日毎日、コツコツと前へ進む。これがピアノの練習です。こうやって紆余曲折しながら前へ進もうとしている生徒さんたちを、私はどれだけピアノの奥深さや楽しみを知ってもらえるように導くことができるか、責任の重さを噛み締めながら、今日もまた、生徒に向き合いたいと思っています。

月に1~2回のペースで開いているソルフェージュクラスの様子。みんなと一緒にお勉強。仲間がいるということも大切ですよね。


クリックしていただけると嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へにほんブログ村










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バランス | トップ | グリゴリー・ソコロフ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レッスンメモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。