ピアノの音色 (愛野由美子のブログです)

クラシックピアノのレッスンと演奏活動を行っています。ちょっとした息抜きにどうぞお立ち寄り下さいませ。

コンサート 無事終了!

2017年05月20日 | レッスンメモ
5月18日、ゆうあいヴィレッジで行われた「第11回愛野由美子ピアノコンサート」、おかげさまで盛会のうちに無事終了いたしました。これまで以上にたくさんの皆様に聴きに来ていただいて本当に嬉しかったです。ここでのコンサートは回を重ねるごとに、ますます楽しくなってきています。常連のお客様の中には、もう10年も通ってくださっている方もいますし、私もずいぶんたくさんのお客様のお顔を覚えました。私にとってゆうあいホールでのコンサートは「また皆さまにお会い出来る」という格別の楽しみがあるコンサートです。

そもそもコンサートというのはステージから客席へと向かう一方通行のパフォーマンスではありません。生のコンサートの醍醐味はステージの演奏者と客席の皆さんの呼吸がぴったり合うことです。これはロックでもJポップでも、もちろんクラシックでも皆一緒です。私が演奏する音楽と、それを聴いている会場のお客様。この双方が一体となって作り出す会場全体の一体感がコンサートの真の魅力だと思います。

このことを昨夜は改めて実感しました。曲の終わりの最後の和音を弾き終えて、その指を鍵盤からそっと離しました。そして足元のペダルも離す。ピアニストとしてピアノを操作するという作業はこの時点で終了です。でもまだ曲は、音楽は終わっていません。音がまだ聞こえています。残響と余韻が続いているのです。私はじっとして息を止め、耳を澄ましています。だんだん薄くなっていく余韻・・・。その間、会場の皆さんも全員私と同じようにじっと息をひそめています。やがて音が消え、静寂が会場を包み、私はその曲を完全に閉じて、さあ椅子から立ち上がろうとするその瞬間、一斉に大きな拍手が湧き起こったのです。会場の皆さんとこれ以上ないほどピッタリ息の合った瞬間でした! これにはしびれました。感動しました。これがあるからやめられません。会場の皆さんに感謝です。本当にありがとうございました!



コンサート終了後、主催者およびスタッフの皆さんとご一緒に。いつも細心の心配りと爽やかな笑顔で会を盛り上げてくれます。本当にいつもありがとうございます。次回もまたよろしくお願い致します。

翌日の佐賀新聞にとりあげていただきました。


クリックしていただけると嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へにほんブログ村



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆうあいコンサート | トップ | 親子で同じ方向を向く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。