ピアノの音色 (愛野由美子のブログです)

クラシックピアノのレッスンと演奏活動を行っています。ちょっとした息抜きにどうぞお立ち寄り下さいませ。

グリゴリー・ソコロフ

2017年03月20日 | レッスンメモ
ロンドンの『ザ・インデペンデント』紙が、「ほとんどの人たちはじつに単純に彼のことを現存するもっとも偉大なピアニストとみなしている」と評するグリゴリー・ソコロフは、1950年、旧ソ連のレニングラード(現サンクトペテルブルク)に生まれました。そして弱冠16歳という若さで第三回チャイコフスキー国際コンクールのピアノ部門で優勝し、今日なお世界的に活躍しているピアニストです。現存するロシアの他の有名ピアニストたちの中にソコロフを位置づけてみると次のようになります。

アシュケナージ、1937年生まれ、第二回チャイコフスキー国際コンクール優勝。
ソコロフ、1950年生まれ、第三回チャイコフスキー国際コンクール優勝。
プレトニョフ、1957年生まれ、第六回チャイコフスキー国際コンクール優勝。
ブーニン、1966年生まれ、第11回ショパンコンクール優勝。
キーシン、1971年生まれ。

なんとまあ錚々たる顔ぶれでしょう。でも私にとってこの中で一番なじみが少ないのはソコロフです。生で観たこともなければ、CDも持ってない。YouTube 動画で幾つかの演奏を聴いて、これはすごい!と感動して以来、要チェックピアニストの一人として頭の片隅に入れてはいましたが、そのままになっていました。ロシアだけでもこれだけの名ピアニストを差し置いて、「現存するもっとも偉大なピアニスト」と称されるソコロフですから、これはやはり聴いてみたくなりますよね。そこでついに先日、遅まきながら、ソコロフのCD買いました。

今回買ったCDはソコロフが2008年にザルツブルグで行ったリサイタルのライブレコーディングです。曲目はモーツァルトのソナタとショパンの24のプレリュード、そしてアンコールではスクリャービンやラモーなどの小品を6曲でした。ソコロフのモーツアルトは、なんて上品なんでしょう! この人はどんなにこの曲を愛してるのだろうと思ってしまいます。聴いていると、彼のこの曲への愛情がひしひしと伝わってくるのです。本当に隅々まで細かなところまで、細心の注意を払って慈しむように一つ一つの音を出してくるんですね。弾むような音、透明感のある音、丸みを帯びて転がるような音、色々な音色がきらめきます。ときおりジョークも交えた上品な言い回しでおしゃれな会話をしているような気分にさせてくれます。そして悲しいくらい美しい・・・。

あれこれとこれ以上私のつたない言葉を並べてもこのCDに収められたソコロフの演奏による音楽の素晴らしさを言い尽せるものではありません。とにかく全編を通じてソコロフの音楽に自分が包まれて守られているような安堵感を覚えました。この感覚こそが人間が昔々から音楽を愛し、また必要としてきた理由だと思います。

クリックしていただけると嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へにほんブログ村




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノが弾きたくてたまらない! | トップ | 行け、わが思いよ、台湾のラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。