音楽家ピアニスト瀬川玄「ひたすら音楽」

クラシック音楽の伝統を受け継ぐ真の音楽芸術家を目指して活動しています

古代円形劇場における物理と表現のみ融合!?

2017年04月19日 | ◆一言◆
ふと、
音響・反響を利用し、コンサート会場に隈無く良い音をとどけられないかしら、考えていて、古代ギリシア・ローマに流行った!?円形劇場が思い浮かび・・・



円形、ゆえに舞台の中心に立った者の出す音が、
会場に隈無く聞こえるという、物理的効果の事実があるようです。

これをちゃんと利用すると、
まさに、舞台の中心に近い者が主役、ないし、その場面における重要な役を演じていることが、物理的効果により表現される!?ように思えました。

その時その場所における主従がハッキリする!?

いつも同じである必要はない(主役がいつも中心に居てばかりでは・・・飽きる!?)
様々な出入りがあってこそ面白い!?

それが、
円形劇場における、中心に近いか、遠いか、
いかにその中心からずれるか!?
によって、表現は千差万別、
実に多様な表現が可能なように思われ、
なんだかワクワクしてしまいました♪

この考えが、ピアノ演奏における物理的効果の色々に応用できないかしらと・・・
考えはじめているのかも・・・

古代に、学べ!?






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月18日(火)のつぶやき | トップ | 4月19日(水)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。