ピアノと英語と育児と

アラフォー主婦が日々の苦悩をつづります

5月3日(水)の放送内容 国連 軍縮部門トップに日本女性(アンコール放送) NAKAMITSU NEW UN DISARMAMENT CHIEF

2017-05-20 06:28:21 | 英語ニュース

The UN has appointed Izumi Nakamitsu as its new disarmament chief. She's the first Japanese woman to assume an under-secretary-general post at the UN headquarters.
Since 2014, Nakamitsu has served as an assistant administrator of the UN Development Programme and has led the Crisis Response Unit. A UN spokesperson described Nakamitsu as a very dedicated and professional member of the world body.

(Farhan Haq / Deputy Spokesman for the UN Secretary-General)
"She has been with the United Nations for quite some time and has expertise in a lot of the work we do, whether it's development, whether it's migration, disarmament or other affairs."

Observers say Nakamitsu will face challenges at a time when nuclear powers and non-nuclear nations are at odds overthe drawing-up of a legally-binding ban on nuclear weapons.

https://cgi2.nhk.or.jp/e-news/news/index.cgi?ymd=20170503 より抜粋

ーー私訳

国連は軍縮担当にNakamituIzumi氏を任命しました。日本女性で発の国連本部で事務次長です。

2014年より、Nakamitu氏は国連開発計画の次官として所属し、危機対応局を率いていました。国連広報担当は、Nakamitsu氏のことをとても献身的で真摯なメンバーだと述べています。

「私達の仕事において彼女は多くの専門的知識を持っており、どんな開発、移住、軍縮といったどんな問題であろうと、国連と共に尽くしてくれます。」

Nakamitu氏は、法的拘束力を持つ核武装禁止令を巡って、核保有国と非保有国が対立することについて調整することになるであろうということです。

 

ーーNHK訳

国連は、中満泉氏を新しい軍縮担当上級代表に任命しました。国連本部で日本人女性が事務次長ポストに就くのは、中満氏が初めてです。
中満氏は2014年から、UNDP=国連開発計画の事務次長補を務め、危機対応局を率いています。国連のファルハン・ハク報道官は、中満氏をとても献身的で熟達した国連職員だと評したうえで、「中満氏は国連に長く携わり、国連の開発、難民保護、軍縮といったさまざまな分野について専門知識を持っています」と述べました。
専門家は、核兵器を法的に禁止する(条約の)策定をめぐって、核兵器の保有国と非保有国が対立する中、中満氏の前途には困難な課題が待ち受けていると話しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 5月5日(金)の放送内容 仮想通... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。