ricetta della vita

イタリア料理教室「COMODO」主宰 
美味しい話をしましょう

外国人と和食を食べよう その8、その9

2016-11-12 | 和食
10月にお迎えしたのは、イタリアからの新婚さん❤️ が、ふた組


まずは今回で8回目の外国人との和食ごはんレポートから。
私たちは本当の“食いしん坊”です!という事前情報のとおり、パーフェクトな食べっぷりには👏👏👏〜(^o^)

では、メニューはこちら
♪たたききゅうりの梅しそ和え
♪蓮根のきんぴら
♪きゅうり、わかめ、タコの酢の物
♪鯛の昆布じめ
♪ささみのゴマだれがけ
♪生姜焼き
♪秋刀魚のつみれ汁
♪ごはん
♪お漬物

日本酒
お抹茶
くず餅

新婚旅行とはいえ、すでに日本に来て3週間を過ごしていたからなのか、お出しした料理はどれも抵抗なく食べていた。旦那さんはベネツィア大学の日本語学科出身とのことで、普段から和食にはだいぶ親しんでいる様子が伺えた。どんな味が好きとか嫌いとか食感がとかというより、とにかく和食なんでも来い♪なおふたり。白ご飯を普通に食べてくれたのはあなたがたが初めてだと話したところ、逆に驚かれた。

イタリアのお米と日本のお米が違うと言うので、実際に日本のお米を見てもらうなど、“食いしん坊”がにじみ出てたなぁ。

炊飯器を買って帰りたいと言っていたけど、さて買えたかなぁ。翌日の予定で銀座に行くけれど、すでにスーツケースは食材でいっぱいだと言うので、明日はまずは銀座でもう1つバックを買ってデパ地下でお土産を買い込め〜〜〜!とアドバイスしておきました😝

私がイタリアへ行った帰りもスーツケースは食材だらけなので、同じような行動に親近感わいた〜(笑)



続いて、9回めのお客さまもイタリアからの新婚さん❤️新婚旅行が日本!イタリアで流行ってる???

こちらはめちゃくちゃな日本オタク。というよりサムライオタク!以前も“超絶オタク”をお迎えしたことがあったのですが、更に輪をかけたオタクさん。

東京へ来る前に、京都、金沢、岐阜県関市の刃物祭りへ行き、前日には和太鼓レッスン(わたくし、間に入って予約しました)を受けるという、徹底ぶり。すごいでしょ。私たち日本人が知らないサムライの作法(?微妙にそれどこで教わったんだ!的なアヤシイ情報まで!)までうれしそうに披露していた。


メニューはこちら
♪たたききゅうりの梅しそ和え
♪蓮根のきんぴら
♪ヤリイカのバター醤油
♪お刺身
♪ささみのゴマだれがけ
♪生姜焼き
♪秋刀魚のつみれ汁
♪ごはん
♪お漬物

日本酒
大福
緑茶


ふた組のお客様が続けていらっしゃったので、メニューもほぼ一緒でございます。写真も変わりばえしないって💦決して手抜きではないですよ〜。同じメニューでもお客様にとっては初めてだし!

こちらのおふたりも日本の味を楽しんでもらえた様子でした。で、まさかのワサビ一本完食にはビックリしたよ!ワサビとか醤油を好きになってくれるのはうれしいけど、その食べっぷりには眉をひそめてしまった。次回からはワサビふりかけを出したらいいのか!そしたら白ごはんも食べてもらえるじゃないか😄って、気づくの遅すぎ〜😅

食後は本人の希望により、皆で書道(と呼ぶにはゆるゆるでしたが)をしたところ、予想以上の盛り上がりに。おきまりの、自分の名前を漢字で書いてほしいとか、“サムライ”とか、“神”とか日本を感じられる(のでしょう。きっと)文字を書いてくれと(はい、このあたりからオタクパワー全開になってきました)言われ、彼の大事な土産になったみたい!

最後の方は彼がひとりでアニオタ話を始めてしまい、ドン引き。。。奥さんもあきれてるようだったので、この旦那さんちょっとどうなの?と聞いてみたら「Pazzo‼︎」って😆 ←直訳だと“狂ってる”!まあ、この場合はおかしいよね、くらいの意味でした。

なんだかんだで圧倒的な印象を残して行きましたかね。実は最初は奥さんとメールしてたのに途中から旦那さんの日本ラブに押されて、あまり奥さんと話せなかったのが心残り。シチリアで生まれ育ったとってもかわいい控えめな奥さんに会いに🇮🇹行きたいぞー‼️
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作り置き流行ってる? | トップ | 2週連続作り置き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

和食」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。