ricetta della vita

イタリア料理教室「COMODO」主宰 
美味しい話をしましょう

イタリア愛が止まらない!

2016-06-28 | 日記

イタリアつながりの友だちから、イタリア♡の贈り物が‼️

見て〜!このエコバッグ!まあなんてイタリア♡なんでしょう!

誰もが知っているイタリアだけじゃなく、めったに行かない、行けない場所まで描かれていて、イタリア好きにはもってこいの図柄!世の中のイタリア好きや、そうでない人も、一目見たら目を奪われ、そして何かを言いたくなるような(^。^)

街でこのバッグを見かけたら、それは私かこれをくれた友人か、一緒にもらったもうひとりの友人のいずれかだと思います。見つけた人はぜひこのブログにご一報ください(笑)あなたも相当のイタリア好きですねとしイタリア語で返信します

でもって現地イタリアでこれを使いたい。けれど、それなら日本の観光地やお土産が描かれたバッグを持ってる方がウケるかも!うわっ!、それはさすがに恥ずかしくてできそうにない

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真夏にスルスル入るもの?

2016-06-27 | 料理教室
そろそろ次のレッスンの予定……は、いつものように悩んでおります。今年も暑〜い夏という予報、ていうかすでにかなり暑い!なのでー、のどごしがなんというか、スルスルっと入っていくようなそんなメニューがいいなぁと。でもスルスルってさあ、素麺とか素麺とか素麺⁉️もいいけど(笑)

イタリアにはだいたいキンキンに冷やして食べるものとかないし、はて困った じゃ、ここはひとつ、よく冷えた白ワインに合うものを! ってすみません。こんなオチで!


ひとまず試作してみました。さぁ、このメニューは採用されるかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教室を彩るお道具箱 泡立て器

2016-06-24 | 料理教室

泡立て器なんてどこの家にもあるものだし、とりたてて語ることもない。そんなことはありません。これが結構語れるものですから! 

ウチで使っているのはこのほかに、普通のサイズがあと2本、そして電動泡立て器があります。

 

まず、一番左側のものは、中にボールのようなものが入っているニ重構造です。分解してみるとこうなります。

 

特徴はやはりこのボールのおかげで泡立ちが速い!そしてキメが細かいたまたま見つけてからかなり気に入って使っています。一度使ったらもう手放せない

 

続いてこちら

これはステンレス部分をリコンで覆っているもの。たとえば傷つけたくない鍋などには重宝しますね。ホワイトソースを作る時に、まずバター、そして小麦粉を炒めますがそのときにこの泡立て器を使うとダマにならない!

 

そしてあとの2本は泡立て器というより、ソースを混ぜたりドレッシングを混ぜたり、そんな用途で使っています。

 

今回紹介したものは、どれも日本で買ったものです。値段もお手頃なのでいろいろと試してみてはいかがでしょうか(^o^)

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうとうできたよ。あんずジャム

2016-06-20 | 食・レシピ
時期を逃してなかなか作れなかったあんずジャム。やっとできた〜


国産のあんずを農家さんに予約して、発送する前に連絡が来ることになっていたけれど、、、

「明日の夜届きまーす」って、うわっ!明日の夜は出かけるし、翌日はレッスンがあるのに なぜ色々と忙しい時に用事が重なるのだろう?いやいや、農家さんは一番美味しいタイミングで送ってくれるのだし、私ごときの都合を待ってはくれないだろう。自然相手の仕事とはそういうもの

でもって届いたのがこちら(^_^)
いいツヤしてるわ〜


これを丁寧に洗ってよく水気をふき取り、種を取って1/4サイズにしてグラニュー糖と鍋へ。


2時間ほどしてから煮ていきます。夜にこういうものを煮込んでいると、ご近所さまにはずいぶんと香りのおすそ分けになっているね!


できあがりはこちら。


瓶詰め用の瓶が見当たらないと思ったら、買い置きの瓶をほとんど使ってました!冷蔵庫にいちごジャム、ブルーベリージャム、洋梨ジャム、新生姜の甘酢漬け、きのこのオイル漬け……瓶を買い足ししなくちゃいけないか。あ、そしたら冷蔵庫のスペースもないから、冷蔵庫もか(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遺伝子が呼んでいる?呼んでいない?

2016-06-17 | 日記

私がイタリア料理にはまって、そして自分で作るようになってから、maritoは「いつも美味しいもの食べている」と思われている。そんなバカな!でございます(笑)何度も試作を繰り返した後に、ようやくみなさまに披露できるのであって、まあ、たいていは失敗作!なのでそれまでの試作品は……はい、自分たちのお腹の中に!😅

けれど、やはりそこは先祖代々和の国生まれの私たち。そうそうイタリア〜ンな食生活が続くと、なんというか落ち着かないっていうか、イタリアン作った後で無性に中華が食べたくなったりするし、卵かけご飯とか納豆とか、、、あ〜、これってやっぱり遺伝子の成せるワザ、なんでしょうかね?

いくら好きでもねぇ、体調が悪い時にごはんにパルミジャーノとオリーブオイルをかけて食べられますか???あ、これは私平気だ。てことは遺伝子OK?

 

近ごろ、maritoの好物もイタリンアンに変身させてムッとされている。

ま、かまわず作り続けるけどね!

こちらはそら豆のディップ(^ ^)

 クリックすると大きくなってそら豆の香、はしません

コメント
この記事をはてなブックマークに追加