探偵業界レポート

探偵業界レポート公開中です

3年たっている浮気に関する証拠を見つけ出したとしても…。

2017-03-19 13:10:13 | 日記

費用が低価格であることだけしか考えずに、お願いする探偵を選択すれば、予想していた程度の結果が出ていないのに、意味のない調査料金だけ支払う羽目になってしまうなんて悲惨なことになるかもしれません。
かつての恋人から慰謝料が必要だと詰め寄られたとか、セクハラの被害者になったとか、このほかにも様々なお悩み相談で皆さんお困りです。自分だけで悩み苦しまず、弁護士事務所にご相談いただくのがベストです。
弁護士の先生が不倫騒動の際に、何にも増して重要に考えているのは、いちはやく処理を行うということだと思います。訴えを起こした側でも訴えられた側であっても、迅速な処理を心がけなければいけません。
浮気も不倫も、それによって当たり前の生活をしている家庭や家族を修復できないほど壊して、夫婦が離婚することも珍しくはないのです。場合によっては、メンタル面でのダメージに対する高額な慰謝料の請求についての問題まで起きることになります。
どうも最近夫の雰囲気が違ってきたり、この頃連日のように残業だと言って、帰宅時間が遅くなった等、夫に対して「浮気してない?」なんて疑惑の目で見てしまう言動や状況も多いものです。

違法な行為の被害額や慰謝料などの請求については、3年間で時効が成立することが民法という法律に定められています。不倫していることが確認できて、即刻最寄りの弁護士事務所に相談することで、3年間という時効に関するトラブルが起きることはないのです。
最終的に離婚裁判で使える浮気の証拠と言えば、ナビやスマホのGPSやメールの履歴だけじゃ十分ではなく、浮気中の二人の画像や動画が一番いいのです。探偵社や興信所で頼んで撮影するのがベストだと思います。
3年たっている浮気に関する証拠を見つけ出したとしても、離婚、婚約破棄に係る調停をしたり裁判をする際には、効果のある証拠として使えません。ごく最近のものじゃないといけません。要チェックです。
離婚相談している妻の理由で最も人数が多かったのは、夫の浮気・不倫ということでした。ずっと私たち夫婦には関係のない他人事だと考えていたとおっしゃる妻がほとんどの状態で、夫が不倫していることがはっきりして、驚きを隠せない気持ちと怒りが心の中で渦巻いています。
不倫の件を白状することなく、強引に離婚の話し合いを始められた…こういうケースだと、浮気に気付かれてから離婚することになってしまうと、相手に対して慰謝料を用意する必要が出てくるので、気づかれないようにしている事だって十分あり得ます。

夫または妻が不倫や浮気といった不貞行為などをしたのであれば、不倫された配偶者は、配偶者の貞操権を侵されて起きた心の痛みに対しての当然の慰謝料として、それなりの損害賠償を徴収することが許されます。
たいていの二人が離婚することになった理由が「パートナーの浮気」や「性格や好みの不一致」なのはわかっていて、やっぱりその中でことに問題が多いものは、妻や夫による浮気、すなわち「不倫」でしょうね。
夫側が妻が浮気していることを覚るまでにすごく期間がかかってしまうみたいです。一緒に暮らしていても些細な妻の行動などの違いを認識できていないなんて夫がかなりいるのです。
不倫調査っていうのは、人によって細かな面で調査の依頼内容などが違う状況が多い仕事になります。こういったわけで、調査の詳細について契約内容が細かい所まで、かつ正確に決められているかについて前もって見ておいてください。
わずかでも素早く請求額を回収して、訴えた方のやるせない気持ちに一応の整理をつけてあげるのが、不倫問題の被害者サイドの弁護士の重大な手続きと言えるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の力だけでの浮気調査…。 | トップ | 浮気や不倫…。 »

あわせて読む