探偵業界レポート

探偵業界レポート公開中です

慰謝料を払え!と詰め寄るときに求められる条件を満たすことができないと…。

2017-07-16 12:10:20 | 日記

ことに浮気中の妻に関する相談をするというのは、頑張ってみても恥や自尊心のせいで、「こんな恥ずかしい話はできない」なんて決めてかかって、打ち明けることをあきらめてしまうのは仕方ありません。
別に離婚成立前でも、浮気、不倫があれば、慰謝料を支払うことについて請求することも可能ですが、離婚して請求した場合の方が慰謝料の金額が増えることになるのは嘘じゃないみたいですね。
依頼する、しない、どっちが正解?費用は何円くらい?どれくらいの日数がかかるの?それに不倫調査を任せても、何も変わらないときは次はどうすれば?など。なんだかんだ気がかりなのは無理もないことです。
パートナーが不倫しているのじゃないかな?と悩んでいるなら、解決のための第一段階は、不倫調査の結果で事実を教えてもらうことなんです。一人だけで悩んでいたとしても、悩みを解決するための手がかりは決して見い出すことは不可能です。
家庭裁判所などでは、状況が確認できる証拠とか第三者からの証言等の提出が無ければ、浮気があったとは取り扱いません。離婚の中でも調停や裁判の場合というのはお手軽なものではなくて、適当な事情や状況が無い限り、認めてくれません。

相手側の人間は、不倫問題を深刻に感じていない場合もあり、呼んでも話し合いに来ないことが相当あるのです。けれども、弁護士が作成した書面によって呼び出しを受けたら、放置するわけにはいかないのです。
個別の事情によって全然違ってくるので、明言することは不可能ですが、不倫が主因となって離婚することになったなんてケースでは、慰謝料というのは、約100万円から300万円そこそこが普通の金額となっているようです。
慰謝料を払え!と詰め寄るときに求められる条件を満たすことができないと、賠償請求できる慰謝料がかなり低額なものになるとか、もっと言えば配偶者が浮気をしている人物に全然請求することができない場合だって発生しているのです。
不倫や浮気調査を行う際は、困難な調査環境での証拠の収集業務などが頻繁にありますから、探偵や探偵社によって、尾行術のレベル・カメラなど撮影のための機器にかなりの差があるため、気を付けてください。
どことなく浮気してる?とピンと来た人は、ためらわずに不倫・浮気の素行調査を依頼した方が最良の選択でしょう。なんといっても調査期間が短いと、調査料金として支払う金額も低くなるわけです。

どうやって使うのかについては様々。だけど狙いの人物が手に入れた品物だとか捨てたゴミの内容…素行調査をしてみると期待以上に相当な量の事実を知ることがかんたんに出来ます。
現在実際に配偶者の素振りなどに疑いの目を向けているなら、すぐにでも浮気をしている証拠を見つけて、「本当に浮気しているのかどうか!?」明らかにするのがおススメです。疑っているばかりじゃ、答えを得ることにはならないのです。
料金の時間単価に関しては、探偵社それぞれによって高いものも低いものもあります。だけど、その料金だけじゃどれくらい優秀な探偵なのかについての判断は無理です。いくつも問い合わせるのも必須事項だということをお忘れなく。
「夫(あるいは妻)に浮気相手がいるかも?」などと思うようになったときは、確かめもせずに騒ぎを大きくしたり、あれこれ質問攻めにするのはやめましょう。一番に状況の確認ができるように、気持ちを静めて情報収集しておいてください。
実際にプロの探偵に調査などをお願いすることになっちゃうのは、生きているうちに一回あるかないかという方が大半でしょう。探偵に依頼する際に、何よりも気になるのはやっぱり料金です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 申し込んだ浮気調査がされて…。 | トップ | 夫婦二人で相談するべきとき... »

あわせて読む