探偵業界レポート

探偵業界レポート公開中です

いまだに調査する探偵や探偵会社などの費用設定や料金システムに関する共通のルールというのはなくて…。

2017-03-07 21:20:09 | 日記

いまだに調査する探偵や探偵会社などの費用設定や料金システムに関する共通のルールというのはなくて、探偵社ごとに作られたシステムになっているから、ますますよくわからなくなってしまうんです。
現実に浮気調査について迷っているなんて人は、調査料金の金額だけではなくて、どの程度の調査能力を備えているかという点も検討しておくことがポイントになります。実力が足りない探偵社で調査させても、何の値打もありません。
やはり浮気調査ができて、「明確な浮気の証拠が手に入ったら後のことは関与しない」といったことではなくて離婚裁判あるいは和解するために必要な助言や提案もする探偵社に依頼するのがベストです。
子供がいる夫婦の場合、もし離婚が決定して親権については夫サイドが取りたいのであれば、母親が、つまり妻が「浮気や不倫が原因となって育児を全く行っていない」といったことに関する誰の目にも明らかな証拠などの提出も求められます。
どことなく様子が変だと思った人は、今すぐ実際に浮気していないか素行調査を申込んだ方が正解でしょうね。やっぱり調査してもらう日数が少ない場合は、調査にかかる料金だって安く抑えられます。

浮気だとか不倫だとかによって普通の家族関係を完全に崩壊させ、離婚以外の道が無くなることもあるんです。そしてその上、メンタル面でのダメージに対する慰謝料の準備という問題が発生するかもしれないのです。
根の深い不倫トラブルで離婚の危機が迫っている状況なんて場合には、一番に夫婦関係の改善をすることが絶対に必要です。何も行うことなく時間が過ぎて行ってしまうと、二人の夫婦仲がどんどん深刻化することになるのです。
なんと妻がひた隠しにしている夫の浮気に気が付くきっかけの8割ほどは携帯電話関連。全く使用していなかったキーロックをどんな時でもするようになった等、女性というのは携帯電話に関係する微妙な違いに必ず気づきます。
調査してもらった方がいいのかな?費用はどれくらい?調査はだいたい何日間?決心して不倫調査を探偵にやってもらったとしても、失敗したらいったいどうなってしまうの?その人ごとの状況に応じて悩んでしまうのはやむを得ないことです。
今の状態を相談して、準備した予算内で最善の方法についてアドバイスしてもらうこともできるんです。料金体系がはっきりしていて技術的にも信用してお任せできる、失敗することなく浮気の証拠を入手することができる探偵事務所に任せましょう。

浮気?という不安の解消を目的として、「配偶者が浮気や不倫して自分を裏切っていないかどうかについてはっきりさせたい」こんな心境の方々が不倫調査の依頼をしているのです。夫や妻への疑惑が解消不可能な結果になることも相当あるのです。
相手の給料や資産、不倫や浮気を続けていたその年月などの差があれば、認められる慰謝料の金額がすごく違うに違いない!なんて先入観も持たれやすいのですが、全然違うんですよ。特別な場合以外は、慰謝料の金額は300万円程度なのです。
法的な組織や機関は、事実関係がわかる証拠や当事者以外から得た証言なりが無いという場合は、浮気があったとは認めません。離婚のうち、調停・裁判によるものはそれなりに面倒なもので、正当な状況や理由を説明しなければ、承認されません。
「調査の担当者の持つ技術であったり、どんな機材を使用するのか」で浮気調査は結果が異なります。調査員として働いている人物が発揮する能力の正確な測定は不可能ですが、いかほどの機材を持っているのかは、明確にすることができます。
浮気の中でも「妻が浮気している」などという相談をするというのは、意識していても世間体や恥と思う気持ちを捨てることができず、「人様に自分の恥を話すなんてできない」なんてことが頭に浮かんで、抱え込んでいる悩みの相談をやめてしまうかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もしもあなたの配偶者による... | トップ | 何らかの事情で浮気調査を考... »

あわせて読む