ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

千品香(センピンシャン)再訪した、四川料理

2017-07-12 11:10:51 | グルメ

西新宿の小滝橋通りにできた千品香の激辛があまりに美味しかったので、1週間もたたずに再訪しました。

今日は刀削麺じゃなく、ここの看板メニューのオリジナル名物、元祖「火焔山香草麻婆豆腐」という長ったらしいもの。

火が吹くような香草(パクチー、コリャンダー)入りの激辛麻婆豆腐です。

これで800円だったら、ラーメンなんてバカバカしくなります。

いくら講釈をたれたラーメンだって、ラーメンには違いないでしょ。

火焔山香草麻婆豆腐丼ぶりで800円でも納得しちゃうくらいです。

当然のことで丼ぶりだったら麻婆豆腐がもっと少ないです。

それくらい、千品香のコスパはいいと思う。

それよりも、、、なんとと言っても、、、おいしいのが全てですが!

石焼の麻婆豆腐なので、熱々でしばらく食べられません。

10分以上は冷まします。

写真を撮ろうにも湯気でレンズが曇ってしまう。

冷めるまで撮影ができません。

ご飯の上に麻婆豆腐をのっけて麻婆丼です。

うま~~~!

でも、あちちだった。

食べ終わるころには底にお焦げができる。

韓国料理に石焼ビビンバがあるけど、あれはこの石鍋にご飯とお野菜などが入っているから、はるかにこちらの火焔山香草麻婆豆腐のほうがお得でしょ。

なおかつ美味しいのだから!

お店は小滝橋通りのかなり新宿よりです。

入り口は目立たないので注意。

昼間のランチは800円ですが、それ以外の時間帯だと880円になるらしい。

東京都新宿区西新宿7-9-12 鈴和ビルB1

03-5389-1181

 

http://senpinsyan.jp 

 

芊品香 新宿店四川料理 / 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忍びの国、映画 | トップ | 今日の朝食、とれとれのトマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む