ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

青山アンデルセンが閉店、パン屋さん

2017-07-29 14:25:13 | グルメ

青山アンデルセンは1970年に開店したそうで、青山通りのランドマークになっていました。

今月いっぱいで青山店は閉店だそうで、朝の8:30に駆けつけました。

アンデルセンはマーメイドがマーク。

1970年から青山にあるようなので50年てわけか!

ランドマークだった。

ずいぶん前に広島を訪れた時に、偶然に広島のアンデルセンを見つけたことがあった。

古い銀行建造物をリノベーションした店舗だった。

その広島のお店も昨年取り壊されたときました。

古い建造物を存続させるのは、地震の多い日本では難しいのかなー。

青山のパン屋さん、アンデルセンは高木ベーカリーが展開している。

広島発のパンメーカーです。

戦前だったか戦後だったか、高木さんがヨーロッパで修業しに行って、腕の良い職人さんを日本に連れて帰って展開しました。

まさに、東京の本格的なパン屋さんの先駆けでした。

後発のパン屋さんで高級路線を売っているところも、いっぱいありますがアンデルセンのパンは、全体にやさしいお味です。

高級なパン屋さんの中では、ガツンとした味を出すために、塩分が私には強すぎるなーと感じることがある。

アンデルセンのパンは、どれもこれも超ナチュラルです。

お味のティスとをよくぞ揃えています。

どのパンも、しっかりしたパンです。

アンデルセンのパンは、どれを選んでも普通に美味しい。

ここのパンは優しいお味です。

アンデルセンのパンは昔ながらの優しいお味。

いわゆる、ゴマパンでアンデルセンのオリジナルでしょう。

どのパンもハズレはない。

フランスパンも普通に美味しい。

この、普通というのが大事なんだなーーー。

アンデルセンのアンデルセンたるデニッシュ・パン。

たぶんですが、本格的デニッシュを広めたのはアンデルセンじゃないかなー。

ただの推測ですがねー。

50年前には日本には食パン、菓子パンやフランスパンぐらいはありましたが、こんなカラフルできれいなパンはなかったと記憶しています。

この日、食べられる分だけゲット。

朝一番、8:30を目指して、自転車で行きました。

2012年から作り始めた、大きなカンパーニューです。

お店があった(エリア開発だと思う)青山通りと表参道の交差点です。

右側一帯が、もしかして再開発かも?

サンドウィッチも値段はさることながら、スーパーのものとは一味違います。

焼かなくても美味しいですよーーー。

東京のアンデルセンは、次はどこにお店ができるんだろか?

ダッチブレッド     302円

グラスカラグブロAA  405円

チェダーチーズ     475円

マカデミアナッツ1/2 248円

レーズン100ロール  172円

ダークチェリー     259円

ミックスサンド     540円

アンデルセンのパンは本格的なパンを、日本に紹介した黎明期のお店です! 

ジャンル:
パン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小平畑でトマト、ナス、キュ... | トップ | 会津田島に向かう、お祭りだった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事