ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

地域のサークル「歩こう会」でサポート

2016-09-16 15:31:41 | 健康・病気

地域の「歩こう会」のサポートです。

代々木、千駄ヶ谷地域では地域内の横のつながりのためにサークルや会を設けています。私は男の料理教室やマラニックの会、あるきカメラ、独居老人とのお食事会など、参加しているのはこれくらいですが、他にもいっぱいサークルがあります。時間がないのと私の範疇じゃないのでこれらに時間が許す限り参加しています。

お歳より主体の歩こう会の距離やペースでは、ランナーである私には練習にもならないが、ノルマと思ってお務めしています。

最近人気で自治体より感謝された、住民の溜場提供なんていうのもあります。

麻雀教室は高齢者でも出不精な男向けで、これが大人気です。放っておくと男やもめで高齢になると、ほんと出歩かなくなります。その方たちを外に出すことができるのが、昔取った杵柄と言うやつでしょうか麻雀教室です。男ばかりどんどん増えて、今では5卓でも足りないくらいになりました。麻雀をやることで、そこが男高齢者の溜場にもなっています。なんだか、たばこの煙がもうもうとするイメージがありますが、、、。

私自身の麻雀歴は大学時代からはまり、30歳まで狂ったようにやっていました。しかし、ある時にパタっと止めました。ゲームは時間の無駄と感じたからです。それ以来、見る気もやる気もなくなりました。だって、人生はゲームそのものみたいでしょ、尖がった世界で生きて行こうと思ったら、今さら仮想のゲームはできなくなりました。

この日はどこを歩いたのかな、京王線・高尾山口からJR藤野駅まで歩いたときは結構な距離だった、、次回は狭山湖周辺の森だったと思う。

トトロの森のモデルがあるそうです。

散歩でもハイキングでも、ランニングでも、マラニックでも外に出るのが好きなんで何でもいい。

お食事会と言うのは、高齢者が増えて伴侶を失ったりして独居老人になると、一人でお食事をしなきゃならなくなる。それじゃ寂しいだろうというので、そのような方たちと地域ぐるみで一緒にお食事をと言う趣旨です。

これから、孤独対策が必要じゃないかな~~~。リッチな老後じゃなくても、社会と触れ合っているエンディングが良いでしょー。

明日は我が身ですよ~~~。

2014年8月29日 高尾山から相模湖まで「歩こう会」。病院に集う人たちのグループなので救護の心得があり!

http://studioon.cocolog-nifty.com/yoyo/2014/08/post-a420.html

代々木健康友の会

http://www.tokyo-kinikai.com/02_jigyousyo/j01_yoyogi_tomo.html

『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰ってきたヒトラー、映画 | トップ | 男の料理教室、カツオのたた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む