新旧デジカメ対決 デジカメ大好き

旧いデジカメから新しいデジカメまでいろいろとご紹介 腕が悪いくせにカメラのせいにして買ったデジカメが100台超えました

武蔵野南線

2016年10月16日 | Panasonic
今日は昨日の続き、南武線はその昔、長い貨物列車が頻繁に通り、数十分も踏切が開かないことがしばしばありました。青梅、秩父の方から立川を通って京浜工業地帯に石灰岩などを運搬していたのです。そもそも南武線は多摩川の砂利を運ぶために敷かれた路線なんですけどね。しかし最近は多摩川を南武線と平行して渡る武蔵野南線のおかげで一切無くなりました。

左側の橋が武蔵野南線です


武蔵野線は千葉の西船橋から埼玉を通って終点府中本町まで繋がる東京の外環を担う旅客路線ですが、終点府中本町から貨物専用路線が川崎まで走っています。これが武蔵野南線です。写真の多摩川の橋から先、多摩丘陵、川崎市の住宅街の地下を十数Kmの長いトンネルで通過する謎の多い路線です。私はみたことはありませんが、年に数回旅客車も通るらしいです。

トンネルから出てきたところ








滞在30分くらいの間に3本の貨物列車が通りました。今でも結構運ぶものは多いんですね。さすがに昔のように砂利や石灰岩を直接積んでる車両はありませんでしたけど。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南武線 多摩川橋梁 | トップ | 三沢川分水路 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。