"魔法のカメラ"

知れば知るほどカメラは魔法のように面白く、すごい力を秘めています。

フラスコの中の秋

2016年10月15日 | 

私の写真には毒がない。

それはちょっとしたコンプレックスでもあったのだが、東山にあるオンリーディングという本屋で90歳の歌人「杉崎恒夫」の歌集「パン屋のパンセ」を見つけて、杉崎が「自分の歌には毒がない」と言っていたことを知り、ああ、これでいいのだなあと長年胸に澱んでいたおりが落ちた気がした。

 

EOS5DMarklll EF50mm F1.4

滋賀県近江八幡市野田町

(1枚目の写真にはミツバチがとまっていますよ)

今日も魔法のカメラに来てくださってありがとうございます。

杉崎が70〜80歳の頃に作った歌。まるで少年の心のままに。

穂村弘が現れる遥か昔からこんな歌を作っていたなんて!

 

「透明な秋の空気はフラスコの中でフラスコのかたちしている」

「ブドウぱんのどこを切っても均等なブドウのような愛はいらない」

「風の日のゆれるこころを留めておく淡青色のせんたくばさみ」

 

時々紹介させてください。

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スナップに必要なこと | トップ | ひとつのアイテムから »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL