"魔法のカメラ"

知れば知るほどカメラは魔法のように面白く、すごい力を秘めています。

ジブリの樹〜安平樹屋

2016年12月04日 | 台湾
南国のショーウィンドウにダウンジャケットが並んでいる。
ああ、この街にも緩やかな中にも四季があるのだろう、という思惑を裏切って、今日は摂氏28度。

見渡せば回りは半袖ばかりだ。

今日はホテルの自転車を借りて一日中走り回った。
最初に足を運んだのはここ。


まるでお化けが千もの手をぶら下げているようなガジュマルは熱帯と呼ばれる地域に自生している。

忘れ去られた倉庫に精霊のように絡みついて一体化したガジュマルを見て、誰かがジブリの世界だとつぶやいた。
そのつぶやきが世界を駆け巡り、この目で見ようと多くの人々が訪れるらしい。

世界中にあるジブリの世界観に近い場所のひとつと言われている安平樹屋。

ちょっと私には正直よくわからなかった。
写真はこのiPhoneで撮ったものだけです。



そして今日の足です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台南運河から

2016年12月04日 | 台湾
無事に台南に着きました。
SIMカードもきちんと動作してくれています。

気温も心地よく、夏には1時間外を歩くことも苦痛だった暑さが嘘のように、地元の方に、冬が一番いいよ、冬にいらっしゃいと言われたことが腑に落ちましたが、あの暑さがあるこらこそ、この地の魅力があるのだとも思います。

この台南運河のほとりを子犬を連れた父子と日の暮れる前にすれ違い、しばらくして灯りが次々に灯り出し、すっかり様子が様変わりした頃、反対方向で出会いました。
きっと家路に向かうのでしょう。

のんびりと時間を忘れて暮らす町。
この季節だからこその情景かのように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三度目の台南へ

2016年12月02日 | 台湾

明日から今年3度目の台南です。

台南の中でも拠点を少し郊外に移そうと思っています。

3度目なので、やっと少しずつこの街の概要が見えてきたような気がしています。

日本に似ていてかなり違う。

これが以前お話したInstagramで一番「いいね」をいただいた写真でした。

国立成功大学の運動場の一角です。壁の白い点の数々は練習の跡です。

私自身は面白いと思った一枚でしたが、見てくださる方はどうなんだろう?

と心配でしたが、意外に人気でした。

これまでにも書いていますが、台南の人たちはどことなく真面目でユーモラスです。

あれから投稿も増え、今までで一番反響があったのは次の一枚です。

ここは高雄市の観光の名所の一つ、愛河。地元でもLOVE RIVERと呼ばれて愛されています。

このブログももう始めてから5年以上になり、ハード面のことよりソフト面について投稿することが多くなりました。

みなさんに満足していただいているかどうか気になりますが、いつもこのブログを読んでくださってありがとうございます。

読者の方のブログにもなかなかお邪魔できず心苦しく思っていますが、来年になれば多少の時間のゆとりができるのではないかと考えています。

今回もカメラはHasselbladだけですので、写真が投稿できるのはしばらく後になりますが、現地から携帯経由でスマホレポートができたらと思います。

スマホもSIMロック解除したので現地のSIMカードを挿して通信できるように試みる予定です。

ではSIM差し替えの成功を祈っていてくださいね(笑)

写真はどちらもHasselbladで撮影。

寒くなってきました。

くれぐれもご自愛ください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多治見の秋色

2016年11月28日 | 岐阜の風景

一昨日は多治見で撮影実習を行いました。

テーマは「秋色を探す」でした。

実習は限られた時間ですし、与えられた課題だとなかなか思うような写真が撮れないのですが、だからこそ!というチャンスでもあります。

悩んで悩んで。

楽なことより悩むことの方が自分の成長になると私は信じています。

写真を撮り始めると四季の変化にアンテナの感度がとてもよくなります。

今は秋色だけれど、この場所が春になると目の前の景色はどんな風に変わるのだろう、と思いながら写真を撮れる人はすごいなあと思います。

市之倉地域、多治見修道院、モザイクタイルミュージアムなど

今日も魔法のカメラに来てくださってありがとうございます。

実習では女子の力をずいぶん借りました(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスカード日和

2016年11月23日 | 私の好きな雑貨

明日はアメリカでは感謝祭。

感謝祭が過ぎるとクリスマスの準備が始まります。

ちょうどクリスマスカードを作ってそろそろ送る時期。

テーブルフォト教室でもクリスマスカード作りをしています。

年々テーブルフォトのイメージがより自然体になっています。

アレンジにこだわるよりも、なんでもないものを集めてそこに置いたような。

今日も魔法のカメラに来てくださってありがとうございます。

誰でもそうだと思うのですが、写真を撮る時はほとんど何も考えていないです。

でもその結果としてできたものを見て「温かい気持ちになった」「癒された」「優しい気持ちを感じる」などと言っていただけることをとても幸せに感じています。

「癒し」は使い古された言葉になってしまい、わたし自身少し「違うかな」と思ったこともありますが、競争だらけの世界の中で、疲れた時にほっとした気持ちになってもらえることはありがたいことだと思います。

背景に置いた水色の屋根のミニチュアの家は、ずっと毎年塀の上に置いていたもの。

だいぶ色あせてしまったので、自分で白と水色の絵の具を塗ってみました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メイクアップはどこまで?

2016年11月19日 | ジャパネスク

メイクアップと言っても顔のお化粧のことではありません。

写真のお化粧についてです。

このブログを読んでくださる方の中でも写真の編集・加工について「どこまで?」と悩まれている方も多いと思います。

編集や加工はいわば写真のお化粧。

むずかしいですよね。

数学と違い、写真にはこれが「正解」というものがないからです。

「すっぴんがいい」と定義するのは、作品(記録ではなく)でということなら、目で見たままの忠実な色合いと光でリアリズムのような写真を目的とした場合だけかもしれません。

昔の写真屋さんで現像してプリントしてもらったモノクロ写真がどれにも味わいがあるのは写真屋さんの技術があったからだと言われています。

この写真は色味はほとんど変えることがなく、RAW現像の段階で黄色の輝度だけを明るくしています。

明るい部屋でこう言う作業ができるのは目には優しいですよね。

昨日京都に行ってきました。昨日以外行ける日がなかったからですが、

幸いお天気も良く、平日にも関わらず人出も多かったと思いました。

ここは京都府立植物園です。

お寺や神社とは違う雰囲気で前から行ってみたいと思っていたところ。

こちらは園光寺。叡山鉄道に初めて乗りました。

京都の紅葉は場所にもよりますが、11月いっぱいが見頃ではないかと思いました。今年は元に戻った気がします。

今日も魔法のカメラに来てくださってありがとうございます。

NHK文化センター名古屋教室「旅PHOTO女子倶楽部」は中途入会もだいじょうぶです。様々な世代の方が参加されています。

写真だけではなく、皆さんが持って来てくださる写真から、旅の情報を共有することも教室のもうひとつの楽しみです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真の未来〜ZINEというカタチ

2016年11月16日 | 役に立たないこと

誰もが子どもの頃、教室で壁新聞というものを作ったことがあると思います。

印刷された新聞を個人で発行することは難しいけれど、手作りでならできます。

今、注目を集めているZINE(ジン)というカタチの自費出版の方法は、早く言えば写真集をそういう方法で作るということです。

ですから、写真だけではなくイラストだったり、レシピだったり、それはいろいろなジャンルで、作られています。

またはネット印刷を利用して作ることもできます。

既存のオンデマンドのフォトブックと違うのは、その手作り感と低価格で作れるということ。

もしくは印刷された紙の質が既存のフォトブックに比べてチープであるところが、逆にアートな空気を感じさせる、という。

今では若手の写真家の多くがZINEを作っています。

ZINEについて

 

(私のZINEのイメージ)

今日も魔法のカメラに来てくださってありがとうございます。

「役に立たないこと」というカテゴリーは、「面白そうなこと」の別の表現だと思ってくだされば!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の始まりは・・・

2016年11月15日 | 夜景

イルミネーションと共にやってくる。

スーパームーンを撮りに来たら、もうイルミネーションが始まっていてびっくりしました。

月は雲が厚くて残念ながら撮れませんでしたが。

 

愛知県一宮市138パーク

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真の未来〜発信

2016年11月14日 | 役に立たないこと

日本の女性はまだまだ発信が苦手です。

私も新しい発信を始める時に「失敗しても恥ずかしいとは思わない」と言ったら嘘になります。

でも発信しないと誰も見てくれません。

以前は写真を閲覧するサイトとしてflickerをお勧めしたことがあります。

投稿サイトとしてはtumblerもありますが、今はやはりinstagram。

それは使いやすいから。

そして反応が速いということ。

投稿して数秒も経たないうちに必ず「いいね」が付きます。

断言すれば、きちんと撮った写真なら、ハッシュタグ(#)のつけ方さえしっかりすれば、必ず誰かの目に留まります。

私の隠れアカウントの方(一部の方にはわかってしまったようですが)では、ようやくフォロワーが26になりました。

最初はフォロワーがついても、また外されてしまったりで、なかなか10の壁が越えられませんでした。

投稿数もまだ37。

私の写真を見てもわかりますが、人目を惹くようなインパクトのある写真というより、穏やかな写真が多いのでこれからもこんなペースだと思います。

でもこんな風にのんびりとやっていてもOK です。(台湾の写真が中心なので、撮影に行ったら投稿するというスタンスです。台湾のフォロワーを少しずつ増やしたいと思っています)

大事なのは投稿すること。

もうカメラ市場は飽和状態なんですね。

ネットでリサイクルが簡単にできるようになったこともその一因でしょう。

これからは「撮る」だけではなく「発信する」「見せる」ことがますます写真の主流になっていくと思います。

私自身は写真はプリントしなければ、その本質的な良さはわからないと思っていますが、発信するにはやはりSNSを利用するのがベストです。

中でもinstagramは使い易いようによく設計されています。

しかも最近はピンチアウト(画面を指先で広げる)すればスマホでも部分的に拡大して見られるようになりました。

ただスマホからでなければ投稿できないので、パソコンで編集した画像を簡単に投稿するためには、dropboxのようなオンラインストレージをパソコンでの画像の保存場所にします。

dropboxを利用する場合

1.スマホにdropboxアプリをダウンロードして、IDとパスワードを登録する。

2.パソコンにもdropboxアプリをダウンロードして、同じIDとパスワードでログインする。

3.これでどちらから保存しても同じ写真を共有できます。ストレージとしてパソコンで認識されます。

4.パソコンで編集した画像の保存先をdropboxに指定する。

5.スマホのアプリでdropboxを開き、先ほどの画像を選択し、スマホの「写真」フォルダーに移動。

6.instagramアプリのカメラマークをタップして投稿を始める。

instagramの閲覧だけはパソコンからでもできます。

https://www.instagram.com

今日も魔法のカメラに来てくださってありがとうございます。

知らない誰かが自分の写真に目を留めてくれた、ということが次の写真への大きなインセンティブになります。

ちなみに隠れアカウントで一番「いいね」がついた写真は、私が最も「いいね」がつくわけがないと思った写真でした。

今度投稿しますね。

今年は秋の色づきが順調です。

昨日の各務原学びの森(冬ソナストリート)上の写真も同じく。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

役に立たないもの

2016年11月14日 | 役に立たないこと

今年はいつもの年に比べて私用で旅に行くことが多かったと思いますが、その最後の一つが終わりました。

それは私が中学、高校と育った街、長崎での2日間です。

そう、同窓会がありました。

高校を卒業してすぐに実家は山口に引っ越したので長崎に住んでいたのは5年半くらいです。

半日を、長崎の「唐人街」という場所をぶらぶらしてみました。

「唐人街」「長崎」で検索すると出てくる場所ではなく、私がシャッターを押したのはこんな風景。

 

その時思い出したのは、歌人の穂村弘さんが「役に立たないものの方が面白いよ。常識や情報を書いても役には立つけれど面白くないよね。

「生き延びること」と「生きること」は意味が違うから」

受験勉強は「生き延びる」ためには必要だったかもしれないけれど、観光地としての長崎ではなく、こういう風景が私の「生きていた」長崎なんですね。

今日も魔法のカメラに来てくださってありがとうございます。

どうかこの投稿が読んでくださった皆さんの役に立ちませんように・・・

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加