近江の国 鹿深(甲賀)の山猿写真日記

田舎町で暮らす、白髪まじりの山猿です。写真が好きで機会があれば撮りまくっています。

廃村の集落を訪ねました。

2016年10月13日 20時17分51秒 | 自然景観
今年は、6個も台風が上陸し、長雨と強風の毎日でしたが、ようやく秋のお天気になりました。
久方ぶりに、カメラを持ち出し、滋賀県と岐阜県の県境に近い、今は廃村となった集落を幾つか訪ねました。
標高800以上の高地で、麓から約10キロも狭い危険な山道を走らなければならない、山深い集落で、今は一人も居住していません、時々林業の作業をする方が訪れるくらいの寂しい村でした。
しかし、何百年も代々の暮らしが続いた集落です、立派なお寺や、お宮や祠があり、随分と朽ちかけてはいましたが、誰がお供えされたのでしょう、綺麗なお花が手向けられていました。
ご先祖を大切にする心や、深い信仰心に心洗われる撮影の旅でした。




















『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自然の彩り  | トップ | 京都・嵐山名刹を活写 カシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。