Pachiriの「きままに撮り歩き」

撮りたい時がシャッターチャンス!

日本の最北端の北海道へ その2

2017年07月15日 | 旅行

 

 北海道旅の続きです
今回は利尻島から稚内へUターン。宗谷~層雲峡(泊)~富良野~帰路までこれで取り留めのない北海道の旅記録は終わります 

 

 カモメが群舞。漁港ならではの光景

 



9時40分稚内へ到着。暑い雲が横切っています
陸海空自衛隊基地が揃ってあります




フェリーの客室です。自分はほとんど甲板にいました




蟹工船でしょうか




稚内港防波堤ドーム(北海道遺産)
強風と荒波を防ぐ全長427mの世界でも珍しい半アーチ形ドーム




黄色い錆が荒々しい梅を連想させる




ノシャップ岬で。礼文・利尻島は曇り空で見えませんでした




お土産店です




日本の最北端、宗谷岬。薄っすらと樺太(サハリン)が見えました




広陵で出会った野生のエゾ鹿。車窓から




高い!毛ガニ。でも二晩食べれました




なんとなく北国の風情。風が強いので西原村にあるような風車群もあちこちで見られ
稚内の約80%の電力を賄うとのこと




雪対策のため信号機は縦型。最近LEDされたものは横型だそうです




列車はとうとう見ることがありませんでした




美瑛ですが車窓で通り過ぎました




外国の絵画風




広大です




富良野。北海道の中心地でユニークなへそ祭りがあるそうです




ファーム富田。いろんな花が並んでいますが時期的に少し早かったようです




どう切り取るか迷いながら




ぞろぞろ道順に従って花園を歩き回ります




望遠で撮ったり




ここでは全員カメラマン




ここまで来ると外国人が俄然と多くなります




ここで終わり帰路へ
まとまりのつかない旅行記事にお付き合いいただきありがとうございました

(C)2006-2017 Pachiri Allrights Reserved. 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本最北端の北海道へ | トップ |   
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
北海 (小肥り)
2017-07-16 16:40:05
北の大地。海峡を隔ててカラフトか。かつては日本の領土。
やはり日本列島の両端の島ながら九州とは何かが大いに違いますね。
花だってなんだか違う。確かに違う。
「信号機が縦型」は、なるほどです。
LEDに前の電球は熱くなるので、それに触れて雪はすぐ融けたそうです
Unknown (Pachiri)
2017-07-17 19:50:20
確かに日本は南北に長いを実感。夏は北海道冬は九州
に住みたい。ただ、地震だけは何処へでもついてくるんで
すよね。小肥りさんから花についてのコメントがあるとは
意外 笑。ご指摘の通り雪国でのLED型信号機には賛否
両論があるようですね。
路肩を示す”矢羽根”が連なる道路も北海道らしさを感じ
る風景のひとつでした
34年前・・・ (taka)
2017-07-18 19:01:54
新婚旅行で訪れた富田ファームはpachiriさんと時期は同じですが
こんなに色々な花は無かったような気がします。
稚内港防波堤ドーム素晴らしいですネ!
pachiriさんの写真で宗谷岬も含め益々行きたくなりました。
出来れば一人鉄旅で・・・(笑)
Unknown (Pachiri)
2017-07-19 17:31:51
takaさん
北海道横断はしたので今度は最北端と二島へと単純な
思いの旅行でした。それにお任せ観光ルート。できれば
自分仕立ての旅行が1番ですね。是非お二人でハネムー
ンの再現をされてください

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。