マーチャンの写真日記(今を感じながら)

ついに退職の日が来ました。
この先どんな生活が展開していくのやら。
趣味の写真を中心に、つづってみたいと思います。

  5月14日(日)  信州へ(6) 小野御柱祭-1

2017年05月14日 | 2017年辰野町 小野御柱祭

5月3日。

カミさんの実家の、辰野町小野の御柱祭は

諏訪大社の御柱祭と一年遅れで行われる。

「招待状が来た」。

実家といっても、古希を過ぎれば代替わりして、

自分の思いとは別に距離をわきまえないといけない。

カミさんは嬉しそうだった。

国道の交通規制がかかる前にと7時ちょっと過ぎにお宅に。

お勝手を預かる奥さんと娘さんたち以外はほとんど家に居ない。

「もうそこまで御柱来ているよ」。

集落のはずれの庚申塚まで急ぎます。

途中で上の義兄と行き会った。

御幣を持って列の先頭集団を歩く役だ。

↓ 庚申塚に、一の御柱が来ていた。

柱がきれい。大黒柱のような磨きがかかっている。

このあたりが諏訪御柱と違うところだ。

大きさこそ、諏訪にはかなわないが、今回はかなり大きな柱らしい。

↓ 車は減速しないとすれ違えような道幅。

道の真ん中は少しこんもりしている。

だから御柱は簡単に道の端に行きたがる。

柱のくぼみにお清めの塩が。

柱の直近を預かる元綱の人たちの衣装には、結構お金がかかっています。

この後、集落の中を通って佳境に入っていきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«   5月13日(土)  朝... | トップ |   5月15日  カッコウ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マーチャンさんへ (beru)
2017-05-15 15:35:08
こんにちは。
小野の御柱があったのですね、私の所は諏訪大社の
下社ですので昨年行われました。盛大でしたよ小野の御柱は木の皮をむくのですね、御柱は皆で力を合わせて行うお祭りなので、怪我がないように苦労も気遣いも大変ですよね、お天気も良く良かったですね。
Unknown (マーチャン)
2017-05-15 20:16:25
じぇじぇ!
 beruさん、下諏訪ですか。
驚き、世間は狭い、ネットは広いですね。
 昨年の諏訪大社の御柱はいけませんでしたが、
終わった後、下社に行きました。

http://blog.goo.ne.jp/photo884/s/%E6%98%A5%E5%AE%AE

 その前の2010年の御柱では、従弟の計らいで、初めて春宮三を曳いて木落まで見てきました。
その時のブログは今読み返し手も懐かしく思い出します。
http://blog.goo.ne.jp/photo884/d/20100413
http://blog.goo.ne.jp/photo884/d/20100414
http://blog.goo.ne.jp/photo884/d/20100415

コメントを投稿

2017年辰野町 小野御柱祭」カテゴリの最新記事