Photo-vox

写真・音楽・スケッチ・・・これらをみんな箱に詰めて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

455 象の檻

2016年08月17日 | nippon
8月12日、残波岬、琉球村、座喜味城跡、やちむんの里といった読谷地区の観光を楽しんだ。観光地の駐車場周りには読谷周辺の主な観光地を記した地図が備えてあるのだが、そのらの中に「象の檻」が記されていた。いわゆる米軍楚辺通信所の巨大アンテナに他ならない。 観光マップであるにも関わらず軍の施設が載っているのはどのような理由だろうか。観光施設では無いけれども目立つ施設であるがゆえにランドマーク的位置付けと . . . 本文を読む
コメント

454 旅のアイス

2016年06月28日 | china+
旅に出ると宿に帰る前にちょっと水やお菓子を買って帰りたくなるもの。ペットボトルのミネラルウォーターは必須とし、ちょっとおまけにご当地ドリンクをとなる。 そんな中で気になるのがやはり冷凍庫の中に並んだアイスの数々・・・。今までそう何度も買ったわけでは無いが、たまたま写真に残っているものを挙げて行きたい。 カシュガルの店先で。やはりアイスといえば白クマ・・・なるほど北極グマとあるではないか。 そ . . . 本文を読む
コメント

453 2000年の赤煉瓦

2016年04月24日 | nippon
先日、伊豆の鉱山を撮影したネガを探していたら偶然にも赤煉瓦倉庫を写したポジが出てきた。数々の洒落たテナントが入って一大観光地として賑わう赤煉瓦倉庫であるが、改修工事を行う前に一般公開されたのをここぞとばかりに観に出かけた。2000年夏のことである。 長らく立ち入り禁止となっていた赤煉瓦を車で出かけては金網越しに眺めていた。その時からもっと写真を撮っておけばよかったと思うことしきりである。更に思い . . . 本文を読む
コメント

452 清越鉱山

2016年04月16日 | nippon
先日、伊豆大仁金山を訪ねた。廃墟好きには定番中の定番である。 過去にも訪れたことがあるので、獣数年以上を経過したその有様がどれほど変化していることだろう・・・そんな想いを抱きつつ古びた遺構に近寄っては見たのだが、どうも昔の記憶と符合する要素が全くない。もしかしたら当時は裏からアプローチしていたのだろうか、それにしても違いすぎる。 そこで過去のネガを引っ張り出して確認作業。ネガは時系列に沿ってフ . . . 本文を読む
コメント

451 本日のお散歩

2016年03月21日 | nippon
時々近所の散歩をする。 ただ散歩の時もあれば、買い物がてらの時もある。図書館やDVDを借りに行くついでの時もある。大概そのコースは決まりきったものであり、カメラを持っているとその度に何気無く撮っている場面が幾つもある。いずれにせよ、撮った写真は撮りっ放しで形にすることも無くHDDの中で永眠してしまう。それでは少々悲しいので、今日は散歩の時系列に沿って記録を並べてみることにした。 始めに撮る建物 . . . 本文を読む
コメント

450 ハーフサイズの時間差

2016年02月14日 | camera+others
時々・・・というか稀に、そう、1年に2回ほどオリンパス・PEN EE-3という古いハーフサイズのカメラを持ち出すことがある。 縦位置構図が標準となるのだが、その手軽さゆえについつい遊び的な撮り方をすることが多い。同じ場面を2カットから3カットほどパーンしながらシャッターを切り、ネガのコマが隣り合うもの同士でパノラマ的な1枚とするように楽しむのである。 そうするころで広がりある場面を撮ることが出 . . . 本文を読む
コメント

449 借りてきた猫

2016年01月31日 | nippon
年を越してから何もアップしていないので何か書こう・・・。 昨年ツイッターなどでは記したのだが、お二階に住む方から猫をちょいとお借りした。しばらく前から不思議な足音のようなものが上階から度々聞こえてきた。時を同じくしてお二階への玄関先に猫の爪研ぎが届けられているのを家人が見ている。これはもしや、これはやはり・・・と思い、ある日のことお聞きしてみたら、やはり猫を飼い始めたということではないか。しかも . . . 本文を読む
コメント

448 総括・ひつじの年

2015年12月31日 | nippon
2015年は未年であった訳で、今年は羊を沢山食べようと目標を掲げたのだが、果たしてその目標は達成出来たのか・・・検証するつもりで振り返ってみたい。 1月25日 横浜「京味居」羊肉焼売  2月8日 池袋「聚福楼」羊背の焼き物?塊度非常に高し。 3月17日 アメ横の屋台にて羊肉串   4月15日 グルジア・トビリシ 羊肉ケバブ   . . . 本文を読む
コメント

447 イケフェスの階段

2015年11月08日 | nippon
先日「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪」通称イケフェスたるイベントに参加した。参加といっても多数の建築を見て回るだけであるが、その分量はかなりの件数であり、全てを見て回るにはとても2日間では足りない。今回は比較的多くの建物を効率良く見て回れるエリアを選択した。 旧い建物には面白い見所が沢山あって飽きさせない。その中でもとりわけ階段の空間的魅力がどれも印象深かってゆえ、そこに焦点を当ててみ . . . 本文を読む
コメント

446 サンダルを買う

2015年10月24日 | china+
カシュガル滞在における最初のミッションが「サンダル購入」となった。 宿に着いてチェックイン、荷物を部屋に放り込んでベッドに横になり一休み。部屋の広さはそこそこ広く、エアコンもきちんと作動する。テレビも備わっているし歯ブラシもタオルもあり、シーツも替えてある。最下階だから日当たりはよく無い・・・しかし日中は外に出ているから問題あるまい。何よりも旧市街の中にあり、すぐ外はオヤジ達が茶を啜る老街だ・・ . . . 本文を読む
コメント

445 猿島

2015年10月12日 | nippon
昨日猿島に行った。横須賀三笠公園から船で10分の距離にある島で、旧日本軍の遺構が随所にあることで有名な島だ。 この島に来るのは2度目になるが前回は一体何年前であったろうか。フィルムライカでほんの数枚撮った記憶を辿ると16~17年前にはなるだろう。当時も遺構の幾つかを目にすることは出来たが、散策コース上にあるものだけは「とりあえず目にすることが出来る」といった程度であり、中に入れるような遺構は一つ . . . 本文を読む
コメント

444 アバク・ホージャの公衆トイレ

2015年09月21日 | china+
アバク・ホージャ墓は16世紀末の新疆イスラム教白帽派の指導者一族の陵墓であり、カシュガルの有名観光スポットである。中心街から路線バスで15分程度であろうか、ゆらゆら揺られて到着。多くの中国人観光客で賑わっていた。 中に入る前にちょっとトイレに行きたくなった。しばらくすると「ちょっと」ではなく「今すぐ」行かねばならない腹具合に急変した。敷地の外れにちょっとした公衆トイレがあるので入ってみた . . . 本文を読む
コメント

443 高台民居

2015年09月14日 | china+
カシュガルの老街中心部からほんの少し外れた場所に高台民居風景区という所がある。いわゆるウイグル族の伝統家屋集落なのだが、ちょっと小高い丘のような場所に多くの民家が張り付いており、少し離れた場所から見ると独特の景観を作り出している。 このエリアも保存されることになっていると聞く。中心部の老街が伝統的意匠を保つべく、過去の意匠になぞらえた外壁で新築や改修を進めているのと比べ、高台民居はやや放置されて . . . 本文を読む
コメント

442 特色民居

2015年09月06日 | china+
物売りと職人で大騒ぎの通りばかりのカシュガルであるが、裏道の住宅街に入ると一転して静謐な路地空間が連なっている。子供が遊ぶ姿は目にするが、その他は時々電気式のスクーターがしゅるるると通るだけであり、ちょっと寂しい感じもするのが特徴である。 これはやはり住宅の形式が中庭型であるからと思われる。イスタンブールなどの住宅は殆どの住戸が通りに直接面していた。玄関扉があり、各々の部屋の窓も通りに面している . . . 本文を読む
コメント

441 職人街

2015年08月30日 | china+
カシュガルの空港から宿の近くまではタクシーを利用した。20分ほど走って老街とよばれる旧住居エリアの入り口近くに車は止まった。ここから先は歩いて行けという。宿のある通りは一般車が通れないようになっているらしい。 この街の第一印象は先ず「音」にあった。真夏の昼下がり、人が外で出歩くにはちょっと暑い時間帯のためか、通りにはそれほど多くの人がいなかった。けれどもあちこちから様々な音が聞こえてくる。金槌を . . . 本文を読む
コメント