Photo-vox

写真・音楽・スケッチ・・・これらをみんな箱に詰めて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

桜木町は戦後の香り

2006年09月16日 | nippon


97年のことだからもう10年近く前のことである。
僕は桜木町界隈を散歩していた。

桜木町は独特の雰囲気を持つ街であり、僕は度々カメラをもって訪れていた。

古くからある商店。
そして一つ裏の通りに入ると、幾つもの風俗店。
場外馬券売り場。
さらに歩いて京浜急行日の出町駅にさしかかる。
駅を見上げると野毛の丘が小高くそびえ、交差点には多くの人がうごめいている。
その周りには、安食堂、ストリップ劇場、男性同性愛専用映画館。

そんなものばかりではない。
幾つもあるジャズを聴かせる店。
古書店の数々。
中古カメラを売る店。
そして、ある季節には地元色あふれるお祭りや、野毛の大道芸など魅力的な催し物が行なわれる。

さて、その日の夕方はやはり競馬があったらしく、街のあちこちが賑わっていた。
レースは既に終了しており、馬券売り場からそれぞれの駅に向かって景気の悪そうな顔をしたおっちゃんたちがぞろぞろと歩いてくる。

一方、そこかしこの飲み屋周辺では店の前に座り込んで焼き鳥をかじる者や、コップ酒を立ち飲みする様子が見える。
一見するとあたかもお祭りのようだ。

そんな中で、数人のおっちゃん達が何かを取巻いて見物しているのが見えた。
僕もその輪の中にひょいと首を突っ込んでみる。

見ると、もうもうとタバコの煙を吐き出すギャラリーに囲まれた中、2人のおっちゃん達が将棋盤に駒を並べて向かい合っている。
なるほど、どうやら詰め将棋のようだ。

路上での詰め将棋は以前に一度新橋の辺りで見たことがあった気がした。
でも今回見かけたものは、場所の雰囲気と客層の雰囲気が合間って非常にギャンブル色を強く出したもののように感じた。

僕はタイムスリップしたかのような気がして、しばしその様子に見入っていた。
そして、さりげなくカメラを盤に向けた。

その時、僕の隣に何かの気配を感じた。

身長はそれほど高くない小男。
が、黒いズボンに少しラメのようものが入った黒いシャツの全身黒ずくめの服装。
パンチパーマに、ちょっと髭、そして真っ黒なサングラス。
明らかに、カタギの者じゃないその様子。

その男は低い声で一言こういった。
「何撮りよるん?」

僕はどきーんとしながらも、レンズをあさっての方向に白々しく向け、
「あ、あの古いビルを。」などと言いつつトンチンカンな方向へ指をさしながら、足取りはこれまた全く別の方へ動き始めていた。

詰め将棋を見る一団から飛び出た僕の身を、帰り時を急ぐ競馬ファンの群集は実に都合よく隠してくれたが、交差点を渡りきって赤になるのを確認するまではほっとすることが出来なかった。

今でもしばしば桜木町駅に降り立つ。
左に行けばそこは真新しいみなとみらい地区。
右に行けばみなとみらいとは正反対の街につながる。

そして今日もやっぱり右に向かって歩き出してしまうのであった。


この時はライカDⅡという60年も前の古いカメラを借りて散歩していた。
レンズも同時期のエルマー50/3.5というもの。
そのせいもあって、僕は容易にタイムスリップできたようだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここは誰の部屋 | トップ | 火消し達の街 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (m.hasui)
2006-09-17 09:30:06
桜木町にはしばらく行ってません。ちょっと急に行ってみたくなりました。この写真はバライタプリントですか。暗室をなかなかする時間がなくて、お誘いできないのが心苦しいのですが、必ず、お声をかけますね。
混沌の灰色の街 (monksiiru)
2006-09-17 15:17:08
こんにちは、私は10歳まで横浜に住んでいたので桜木町は懐かしい町です。

みなとみらいの近未来的な方ではなくて右側です(笑)あまり当時と変わっていない様子ですね。子供の目線の低い位置で見た町の風景の思い出が多かったのでいい味のギャンブラーおじちゃんやら道のゴミや馬券売場の人ごみの足、足、足・・・決してきれいではないけれども生きてる人の力強さを子供でも感じました。無味無臭の世界ではなくて生身の世界。



モノクロの桜木町写真を拝見していてタイムスリップに浸ってしまいました。よい画をありがとうございます。
Unknown (kanrisha)
2006-09-18 01:02:45
hasuiさま

この写真はネガから直接スキャンしました。

このところ、あれこれといろんな印画紙にトライしています。

RCではフォルテのウォームトーンRCプラスが気に入っています。しっとりと、すごくいい色合いが出ますね。
Unknown (kanrisha)
2006-09-18 01:05:46
monksiiruさま

そうですか、桜木町の住人だったのですか。

おっしゃるとおり、「力強さ」をホントに感じる場所ですね。

またしばしば行ってみようと思っていますし、来年の大道芸もカメラ片手に行くつもりです。

コメントを投稿

nippon」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。