旅行の写真とか、法律とか会計とか、医療とか日常生活とか、随時掲載

旅行の写真とか、法律とか税務とか、医療とか日常生活とか・・・ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日南海岸に佇立するイースター島のモアイ像 サンメッセ日南

2015年11月17日 | 日記

さんさんとまぶしい陽光がそそぐ日南海岸沿いに、サンメッセ日南なる施設があります。
なんだかわかりませんが、700円払って入場。
駐車場から施設に行く客は、かならず駐車場に入る車の通り道を横断するという、すばらしい設計に脱帽。とっても危険です。



で、世界の昆虫館とかいうのがあって、見る気がないのでスルーしてしばらくとことこ歩くと、海を背にして7体のモアイ像が行儀よく並んでいます。


なぜここにモアイ像があるのかというと、ここは京都の一燈園(ダスキン創業者が帰依していた)の農場だったのですが、イースター島のモアイの修復をやっていた高松のクレーンメーカーであるタダノが、一燈園の研修に参加していたという縁で、なぜかここにイースター島公認のモアイ像が復元されたということなのだそうです。
まさに縁は異なもの味なもの



そうした偶然のお蔭で、宮崎の地でモアイが見られるのですから感激です。もちろんこの施設はそれだけではなくて、はるか上の方に一燈園のコンセプトで作られた「地球感謝の鐘」があります。
とうてい歩いては行けないのですが、そんなあなたでも大丈夫、電動カートが用意してあります。(1,000円)
ですが今回はたいへん残念ながらパスです。
秋分の日と秋分の日の年2回、このモアイ像から昇った朝日が、その上の天空の塔のずか10㎝のすき間を抜けて、「地球感謝の鐘」に当たるという奇跡が見られるそうです。なんとすばらしい。



この、モアイ像を目の当たりにしてあまりにも深く感動してしまったわたしは、この施設を去るときに、思わず声に出してこうつぶやきました。
「二度と来るかボケ! カネ返せ!」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鵜戸神宮 南国の官幣大社 ... | トップ | 青島神社 日本にもチンタオ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。