旅行の写真とか、法律とか会計とか、医療とか日常生活とか、随時掲載

旅行の写真とか、法律とか税務とか、医療とか日常生活とか・・・ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

南チロル 標高1450メールの宿

2013年12月27日 | 日記
 アレーナ・デイ・ヴェローナから、高原に戻ってきて、標高1400メールの宿へ。
 農家兼業です。ここは前のホテルより、5倍くらい「ハイジ感」が高い。
どういうところかと申しますと、ロープウェイと高原鉄道とバスを乗り継いで、一番近いバス停から、砂利道を馬糞を踏みながら20分歩いてやっとたどり着くという、とんでもないところです。
その代わり高原の最上部で、絶景です。ドロミテ山塊が目の前にドーンと広がります。遮るものがありません。この眺めは一日中見ていてまったく飽きない。あまりに眺めがすごいので、宿自体が登山靴メーカーのパンレットに使われている。高層マンションに住む眺望派の私としては、望みうる最高の場所です。
宿には、1867年に建てられた、聖母マリアに献呈された小さな礼拝堂があります。馬も10頭飼っていて、パカパカやってきて納屋で飼い葉を食べています。子ヤギがいます。猫もテーブルの上を我が物顔で歩いています。部屋に戻ってくると、宿のでっかい犬がドアの前にでーんと寝そべっているので、それをどけて部屋に入ります。

ロープウエイで1000メートル上がって、高原鉄道で終点へ










ドロミテ山塊の西端、アルペ・ディ・シウジ(Alpe di Siusi)という山です。2500メートル。




典型的な納屋。下階に馬がいます。


宿




ドロミテ山塊、ローゼンガルテン・グループ


『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南チロルの村で避暑 ロープ... | トップ | ロープウエイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事