旅行の写真とか、法律とか会計とか、医療とか日常生活とか、随時掲載

旅行の写真とか、法律とか税務とか、医療とか日常生活とか・・・ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊方原発が爆発したらみんなお陀仏の佐田岬に行く

2015年11月11日 | 日記

八幡浜方面からよく整備された道で、伊方町に乗り入れます。ここがこの全長50キロの半島の付け根です。
伊方町の公共施設は原発マネーで立派ですが、町は死んでいて昼飯を食べるところも町の中にはありません(街道沿いに一軒)。
町の反対側に、山に隠れるようにして原発が立っていて、道から見えないので存在を意識させませんが、ビジターセンターの展望台に登るとようやく建屋の一部を遠望することができます。再稼働に向けて休日返上で忙しく働いていました。


その先が、原発事故が起きたら5000人が取り残される絶望の半島です。尾根伝いの道を進みます。


ところどころに巨大な風力発電の風車が立っています。原発止めてこれだけにしても、この半島の電力は十分まかなえるでしょう。


また、予算を使うためだけのアホみたいな展望台もいくつかあり、伊方町出身で青色発光ダイオード発明者の中村教授の記念碑なども建っていたりします。
こういう建築に原発マネーが費消されることと引き替えに、住民が命を危険にさらさなきゃいけないというのは、愚民政策というか、なんというのか形容しがたい愚劣さを感じます。



道を走っていると延々と両側の視界に海が見えるというのも、佐田岬ならではの景観でしょう。
「灯台」という表示を目印にひたすら走り続けます。先端に近い三崎港には高校があります。


半島の先端12キロほどは道が悪くなり、とくに7キロほどは車一台通るのがやっとで、離合のむつかしい細道です。


道の終点に駐車場があります。ここから1.5キロ先の燈台まで、国立公園として道が整備されています。アップダウンの激しい道を歩いて20分ほどで灯台に着きます。

燈台の先に見えるのは、豊後水道と九州です。
江戸時代、宇和島藩は参勤交代の時に海路でこの半島を回っていましたが、海流が急なので「伊達の殿様 お鼻が怖い」と言われていました。
いまでは関サバ、関アジのいい漁場になっています。
伊方原発が爆発したら、汚染水タンクを置く場所がないので、汚染水は垂れ流しにする以外なく、瀬戸内海は全滅でしょうね。

原発って、そこまでして動かすものなんですかね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新美南吉記念館 ごんぎつね | トップ | 高千穂峡でボート漕ぎの練習 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。