旅行の写真とか、法律とか会計とか、医療とか日常生活とか、随時掲載

旅行の写真とか、法律とか税務とか、医療とか日常生活とか・・・ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宮崎神宮 神武天皇が都を置いていたところ(まあ都と言えるかどうか微妙ですが)

2015年11月19日 | 日記

 

宮崎市の中心部からややハズレたところにある、神武天皇を祭神とする大きな神社です。
創建は第10代崇神天皇の時代だそうですが、その前はここは神武天皇が都を置いていたところらしい。
神武天皇というのは、イザナギイザナミのひ孫が海彦山彦で、その山彦の孫が初代神武天皇なわけですよ。
そして彼はいまから2675年前の10月5日、意を決して軍を率いてこの地を立ち、東征を始めます。
大分~福岡~広島~岡山と転戦して、岡山には3年とどまって軍を拡張し、大阪に上陸するのですが原住部族の強い抵抗にあって熊野に再上陸し、そこから八咫烏に案内されて熊野を抜けて大和に入り、大和を平定して橿原に腰を落ち着けます。
そうやってできたのが大和朝廷なんだそうです。

  
ま、神武天皇=崇神天皇という説も昔からあり、そうすると2675年がずいぶん圧縮されちゃうんだけど、おそらくこれは史実なのでしょう。
そういうわけで、なかなか重要な場所に建つのが、この神社なんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青島神社 日本にもチンタオ... | トップ | 知覧特攻平和会館 ここに修... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。