旅行の写真とか、法律とか会計とか、医療とか日常生活とか、随時掲載

旅行の写真とか、法律とか税務とか、医療とか日常生活とか・・・ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボルミオのヴァーニ・ノーヴィ(新温泉)

2014年08月04日 | 日記

ヴァーニ・ヴェッキでノックアウトされた平たい顔族ですが、翌日懲りずに、ヴァーニ・ヴェッキから100メートルくらいのとこにあるヴァーニ・ノーヴィ(新温泉)に向かいました。
オーストリア占領時代1836年に新規に掘削されたものです。サボイ家のウンベルト1世も来たらしい。
こっちのほうはヴァーニ・ヴェッキよりホテルが立派なのと露天風呂がかなり充実しています。
露天風呂は、もともとホテルの野菜畑だったところに新たに作られたもので、いくつもの泡風呂や打たせ湯、泥風呂やプール、3つのサウナがあります。昔に馬を洗っていた細長い風呂でぷかぷか浮かんで遊ぶこともできます。究極に呑気です。

サウナのひとつは、200年前の小屋をそのままサウナに転用したもので、外の風景を眺めることができてなかなか快適です。露店風呂に長時間浸かっていると、神経がのびきって、風呂から出ると1年間宇宙に滞在してた若田さんみたいに重力に逆らって歩けないので、みんなバスローブを着たままよちよち歩いています。
屋外の大きな風呂から建物に抜ける、2004年に作られたグロッタがあります。いくつかの風呂とサウナがあるだけで、大したものではありません。
19世紀に作られたホテルの裏側の建物には、ミラノの大聖堂にも使用されているボルミオ産のピンク色が入った大理石の立派な浴槽の風呂が4つと、サウナとスチームサウナがあります。


まあ楽しめるんだけど、個人的にはヴァーニ・ヴェッキのほうが面白かったです。「ボルミオ温泉」というとこちらの方を一般的には意味するようで.19世紀から20世紀初頭に作られた温泉やホテルを宣伝する古いポスターがたくさん飾ってありました。
それによると、当時から今も走っているバス会社(プレーゴ社)が温泉行きの路線を走らせていて、ティラーノからこの温泉まで2時間20分かかっていたようです。

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴァーニ・ヴェッキ(古温泉)... | トップ | ヴィジェーバノ(Vigevano) ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。