旅行の写真とか、法律とか会計とか、医療とか日常生活とか、随時掲載

旅行の写真とか、法律とか税務とか、医療とか日常生活とか・・・ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高千穂あまてらす鉄道で、高山文彦さんに会う

2015年11月15日 | 日記

延岡と高千穂を結ぶ高千穂鉄道は、平成17年の台風で被害を受けて不通となり、観光トロッコを細々と走らせています。
この鉄道がどういうものか前の晩に検索していて、社長が高山文彦と書いてあったので、「ノンフィクション作家と同姓同名だ」と思ったら、なんと本人でした。


わたしは一緒に仕事させていただいたことはありませんが、2、3度カラオケに同席したことがあります。昔の雑誌編集部というのは、残業していると「高山さんがせっかく来てるんだから、にぎやかしに来い」と強引に飲みに連れて行かれたものなんです。
高山さんて、高千穂のご出身だったんですねえ。
切符を買っていると、知人を案内しているらしく、いそいでいるようだったので声をおかけしませんでした。だからすれ違っただけです。高山さんを「見た」といったほうが正確ですね。ぜんぜんお変わりないようで。あいさつすりゃあよかったな。

 

観光トロッコはダイハツの軽トラックを改造したものを2台繋いだもので、みんな軽トラの荷台に乗って出発です。

トンネルではプロジェクションが。


高千穂駅から、天の岩戸駅を通ってそのすぐ先の岩戸川をまたぐ、東洋一の高さ(105メートル)という高千穂鉄橋を渡って引き返します。


木々の葉が色づいた高千穂の眺望を満喫できます。

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高千穂神社の高千穂夜神楽(観... | トップ | 臼杵磨崖仏というのだと思っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。