地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

【今週の展望】日米英中銀イベント、重要指標、企業決算が重複

2017年01月31日 | 株式相場
【今週の展望】日米英中銀イベント、重要指標、企業決算が重複

今週、1月第5週(30~31日)および2月第1週(1~3日)は5日間の取引。「トランプ、トランプ」で明け暮れた1月から2月への月替わりがあり、2017年は早くもその12分の1が過ぎる。週末の4日はもう「立春」。今週は日本では日銀会合、アメリカではFOMC、英国ではBOE金融政策委員会がある中央銀行イベントウィークで、日米とも重要経済指標が目白押しで企業決算もピークになる忙しい週。それを横目に上海など中国本土市場は春節(旧正月)休暇で2月2日まで休場し、今週は2月3日だけ開く。

世界の主要株式市場は、1月30日に中国本土市場、香港、台湾、韓国、ベトナム、シンガポール、マレーシア、31日に中国本土市場、香港、台湾、ベトナム、2月1日に中国本土市場、台湾、ベトナム、マレーシア、2日に中国本土市場が、それぞれ休場する。

国内の経済指標、イベントは、日銀会合と1月31日の政府発表の経済指標ラッシュが重要。週の初めの1月30、31日に今年初めての日銀金融政策決定会合がある。31日の正午すぎに結果が発表され、大引け後に黒田総裁が記者会見を行い、日銀から「経済・物価情勢の展望(展望レポート)」が発表される。

1月30日には商業動態統計(小売業販売額など)、31日には12月の有効求人倍率、完全失業率、家計調査(二人以上世帯の実質消費支出など)、鉱工業生産指数速報値が取引開始前に発表される。ザラ場中は12月と2016年通年の自動車生産台数が発表される。2月2日には1月のマネタリーベース、3日には12月19、20日の日銀の金融政策決定会合の議事要旨が公表される。金融政策は現状維持で、特に何事もなかった回。

主要銘柄の決算発表は、3月期決算銘柄の4~12月決算が来週までピークを迎える。

1月30日はヒューリック、日本ゼオン、JPX、積水化学、宝HD、住友化学、JSR、日立建機、NEC、スタンレー電気、アコム、大和証券G、JR東日本、JR西日本、JR東海、ヤマトHD、北陸電力、九州電力、日清製粉G、オリエンタルランド、日本特殊陶業、ヒロセ電機、ミスミGなど。

31日はNSSOL、商船三井、川崎汽船、コナミHD、川崎重工、東洋水産、アステラス製薬、日本郵船、第一三共、HOYA、日本通運、ヤクルト本社、ALSOK、ワコールHD、東京ガス、日本ハム、味の素、協和発酵キリン、富士フイルムHD、コニカミノルタ、コーセー、TOTO、日本ガイシ、JFEHD、コマツ、住友重機械工業、マキタ、オムロン、富士通、エプソン、TDK、京セラ、村田製作所、日野自動車、キヤノン、新生銀行、オリコ、野村HD、京成電鉄、JAL、中部電力、関西電力、東北電力、SCSK、リコー、東京エレクトロン、日東電工、任天堂、あおぞら銀行、りそなHD、三井住友トラスト、みずほFG、大阪ガス、スタートトゥデイ、SBIHDなど。

2月1日はカルビー、東海理化、IHI、コロプラ、宇部興産、武田薬品、ノエビアHD、小林製薬、アマノ、日本精工、カシオ計算機、日立造船、日立製作所、NOK、日本ユニシス、東邦HD、カプコン、セントラル硝子、中外製薬、キーエンス、スカパーJSATなど。

2日はカカクコム、豊田自動織機、デンソー、エーザイ、小野薬品、大正製薬HD、東ソー、三井化学、ジェイテクト、三菱電機、三菱重工、アイシン精機、豊田通商、トヨタ紡織、日新製鋼、豊田合成、三菱商事、東武、グリー、ガンホー、ダイセル、花王、CTC、新日鐵住金、神戸製鋼、住友電工、GSユアサ、OKI、ソニー、ローム、マツダ、オリンパス、丸井G、NTT都市開発、阪急阪神HD、TBSHD、日テレHD、KDDI、カゴメ、パナソニック、塩野義製薬など。

3日は双日、日本水産、日産化学、ADEKA、ニフコ、サンゲツ、セブン銀行、東京センチュリーリース、伊藤忠商事、三菱ガス化学、キョーリンHD、三菱UFJリース、京王、スズケン、協和エクシオ、昭和産業、キッコーマン、ジョイフル本田、イビデン、日本触媒、フジメディアHD、ヤフー、日本電気硝子、UACJ、古河電工、ニッパツ、SANKYO、シャープ、シスメックス、ホンダ、ヤマハ、ベネッセHD、東洋製罐HD、三菱UFJ、静岡銀行など。

今週の新規IPOはない。次回は来週2月10日の安江工務店<1439>。

海外の経済指標、イベントは、1月31日から2月1日まで今年初めて、トランプ政権になってから初めてのFOMCがある。今回はイエレンFRB議長の記者会見はない。2017年の利上げ予定回数は3回。2月1日は中国のPMI、アメリカのISM製造業景況指数が出る。3日は今週最大の経済指標、アメリカの雇用統計と非製造業のISM指数の発表。今週中にトランプ大統領は連邦議会で日本の首相の施政方針演説に相当する「一般教書演説」を行う予定で、その後には「予算教書演説」も控えている。

1月30日にはアメリカの12月の個人所得、個人消費支出、中古住宅販売仮契約、1月のダラス連銀製造業活動指数、31日にはユーロ圏の10~12月期のGDP速報値、アメリカの11月のS&Pコアロジック/ケースシラー住宅価格指数、1月のシカゴ購買部協会景気指数、メキシコの10~12月期のGDP、2月1日には中国の1月の国家統計局の製造業PMI 、非製造業PMI、アメリカの1月のISM製造業景況感指数、ADP雇用レポート、12月の建設支出、1月の新車販売台数、3日には中国の1月の財新の製造業PMI、アメリカの1月の雇用統計(非農業部門雇用者数、完全失業率)、ISM非製造業景況感指数、12月の製造業受注が、それぞれ発表される。

1月31日から2月1日までFOMC(連邦公開市場委員会)が開かれる。イエレン議長の任期は2018年2月3日までで、あと1年ある。2月2日にイングランド銀行(BOE)の金融政策委員会が開かれ、政策金利が発表される。3日に地中海の島国マルタで欧州連合(EU)の非公式首脳会議が開かれる。英国以外の加盟27ヵ国が参加し、中心テーマは英国のEU離脱問題。

アメリカの主要企業の決算発表は10~12月期決算のラストスパート。1月31日にアップル、エクソンモービル、2月1日にフェイスブックの決算が発表される。

1月30日にゼネラル・グロース・プロパティーズ、プリンシパル・ファイナンシャル・グループ、31日にハーレーダビッドソン、コーチ、ファイザー、アップル、エクソンモービル、マスターカード、アフラック、ゼロックス、アナダルコ・ペトロリアム、エレクトロニック・アーツ、2月1日にフェイスブック、シマンテック、メットライフ、2日にメルク、フィリップ・モリス、ラルフローレン、ビザ、エスティローダー、CMSエナジー、アマゾンドットコム、3日にウェアーハウザー、ハーシーが発表する予定。

前週末27日の終値は19467.40円だった。そのテクニカル・ポジションを確認すると、主要な移動平均は4本ともその下にある。25日移動平均は19244円で223円下、5日移動平均は19121円で346円下、75日移動平均は18282円で1185円下、200日移動平均は17141円で2326円下。20日時点と比べて25日線は低下し、5日線、75日線、200日線は上昇している。主要移動平均線を全て下に従えているので、高めのポジションにある。・・・ 2017年1月29日、財経新聞 21:37 配信より

私のコメント : 2017年1月、 アメリカの主要企業の決算発表は10~12月期決算のラストスパート。1月31日にアップル、エクソンモービル、2月1日にフェイスブックの決算が発表される。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出光興産 プロパン処理能力を拡大

2017年01月31日 | 労働経済学
出光興産 プロパン処理能力を拡大

出光興産と三井化学は、両社によるエチレンセンター運営事業体である千葉ケミカル製造有限責任事業組合(LLP)のエチレン生産設備(出光興産側、年産能力37万トン)でプロパン処理能力を拡大する。来年秋の定期修理時に実施し、プロパンの処理能力を現状の約3―4倍に高める。原料多様化能力を拡大することで、操業のフレキシビリティを強め、競争力の強化につなげる。・・・ 2016年11月30日、化学工業日報 配信より

私のコメント : 2010年(平成22年)4月、新日本石油と新日鉱ホールディングズが、共同株式移転の方法により統合持株会社「JXホールディングズ」を設立され、その両社統合より、その当時より、JXホールディングズにおける生産設備においても、プロパン処理能力の拡大をされ、収益をあげられている。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【和歌山工場火災1週間】 全国で毎年200件も事故相次ぐ 背景に老朽化と団塊の大量退職?

2017年01月31日 | 労働経済学
【和歌山工場火災1週間】 全国で毎年200件も事故相次ぐ 背景に老朽化と団塊の大量退職?

和歌山県有田市の石油精製工場「東燃ゼネラル石油和歌山工場」で出火した火災は29日で発生から1週間となる。500人以上の住民が避難を余儀なくされた上、鎮火まで40時間以上がかかり、地域に大きな影響を及ぼした。工場では出火の4日前にも別の火災が発生したばかりだった。工場やコンビナートでの火災や爆発は全国で相次ぎ、平成18年以降は200件前後発生。総務省消防庁は「設備の老朽化や団塊の世代などベテランが退職したことが背景にあるのでは」と指摘している。 (永原慎吾)

半世紀前に稼働

「老朽化を含め、さまざまな原因が考えられる」出火翌日23日の同工場が開いた記者会見で加藤英治工場長は、現時点で想定される原因の一つとして出火したプラント内の装置が劣化している可能性を指摘した。石油などを大量に使用する工場やコンビナートでの事故原因で多いのが老朽化、施工不良などの物的要因だ。消防白書によると、27年に発生した234件のうち、物的要因は5割を占めたという。 同工場ではプラント内の潤滑油を精製するための装置付近が炎上。この装置が稼働したのは半世紀前の昭和44(1969)年だった。同社の担当者は「4年に1度、装置を止めてメンテナンスをしているが、前回調査でも問題は見つからなかった」としているが、今後消防とともに詳しい原因を調査するという。

団塊退職も影響

相次ぐ事故の中には作業員の教育不足など人的要因がミスを招いたケースも少なくない。平成26年の三菱マテリアル四日市工場(三重県)で18人が死傷した爆発事故で事故調査委員会がまとめた報告書では「体系的な教育が不足している」「技能伝承が十分行われていない」と人的な課題があったと結論づけている。 「団塊の世代が大量退職した後、技能が十分に引き継がれていない」と話すのは消防庁の担当者。国内では、昭和49(1974)年に岡山県倉敷市の三菱石油水島製油所で発生した重油流出などを契機に法整備を含めた安全対策が進んだが、当時を知る団塊の世代は平成19年前後に一斉に職場を去り、同時期に工場での事故も増え始めた。担当者は「事故を経験した人材が減少し、リスクを予見する能力が低下した」と分析する。

業界全体で対策

事態に国も対策に乗り出している。消防庁は26年に厚生労働省や経済産業省と連携して全国の事故情報を共有化し、危険物を取り扱う各業界団体に対策を呼びかける連絡会議を設置。業界団体にも動きがあり、日本化学工業協会(東京)は緊急時の対応などをガイドラインとして取りまとめ、会員企業に配布。他の業界団体にも普及を進めているという。横浜国立大の三宅淳巳教授(安全工学)は「今の日本ではプラントなどを一から建設する機会が少ない。このため、技術者は建設時に得られる知識や技術を持たないまま、設備のメンテナンスや維持管理を行わなければならない」と指摘した上で、「技術者や指導者の育成を1社ごとではなく、業界全体で行うことが必要だ」と話した。 ・・・ 2017.1.27 、産経新聞 22:19 配信より

私のコメント : 平成29年1月27日、和歌山県有田市石油精製工場「東燃ゼネラル石油和歌山工場」で出火した火災は、1月29日で発生から1週間。 体系的な教育が不足している、 技能伝承が十分行われていない、 設立 当時 会社における経営の在り方や様式も、現在に至り、替り、石油精製工場の建設 当時、得られていた知識、技術 等も 充分に、継承しないまま、現在の設備メンテナンスや維持管理も行っている、・・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

維新の先覚月性の研究

2017年01月31日 | 図書館・史料館・文書館
「維新の先覚月性の研究」内容に関し、その内容を編纂している過程にて、その編纂業務、手伝っていた柳井市の関係 継承者の重要な一人としての立場で、平成29年1月30日、柳井市役所内にて、私は、柳井市教育委員会 職員と対談した。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天皇陛下、微熱で宮中祭祀取りやめられる 葉山ご静養は予定通り

2017年01月30日 | 図書館・史料館・文書館
天皇陛下、微熱で宮中祭祀取りやめられる 葉山ご静養は予定通り

微熱のため、30日午前の宮中祭祀(さいし)を取りやめられた天皇陛下は、予定通りのご静養のため、神奈川県の葉山御用邸へ向かわれた。天皇皇后両陛下は、午後2時すぎ、葉山御用邸に向け出発された。皇居を出る際には、沿道の人たちに、陛下は、元気な笑顔を見せられていた。宮内庁によると、陛下は、早朝から微熱があったため、午前中に予定されていた宮中祭祀である、孝明天皇例祭の儀への出席を、大事をとって取りやめられた。陛下には、のどの痛みやせきなど風邪の症状はなく、先週末に接種した肺炎球菌ワクチンによる影響の可能性があるという。陛下は、熱が下がりつつあるということで、予定通り、皇后さまと30日から5日間、葉山御用邸で静養されるという。  最終更新:1/30(月) 18:41 ・・・2017/1/30、 フジテレビ系(FNN) 18:41配信より

私のコメント : 平成29年1月30日(月)、山口県熊毛郡田布施町 山口県議会議員 吉井利行先生の事務所へ行く。佐藤栄作先生が、総理大臣就任 当時 「佐藤寛作手控」を発行へ準備された当時 佐藤寛作氏が、浜田県令(現在 島根県)時代iにおける逸話を 熊毛郡田布施町 山口県議会議員 吉井利行先生の事務所内にて、吉井利行先生の担当 事務職 との間にて、交わす。その後、私と 山口県庁 職員、山口県議会事務局との話題をまたぎ、その新たな山口県議会議長 人選についての話題となった。その山口県熊毛郡 田布施町をあとにし、山口県柳井市役所 教育委員会にて、「宇都宮黙l霖・吉田松陰 往復書簡」と 「月性と吉田松陰」における、展望について、柳井市教育委員会の職員との間にて、その対談、台湾、韓国、中国からも、豊前国・肥前国・安芸国で漢詩文・仏教を学び、また京阪・江戸・北越を遊学し名士と交流し、長門国萩では益田親施・福原元僴・浦元襄などに認められ、吉田松陰、久坂玄瑞らとも親しかった、江戸時代末期(幕末期)の僧。周防国大島郡遠崎村(現在の山口県柳井市遠崎)、妙円寺の住職。贈正四位。 その月性における研究は、世界的に、関心も、高いことを聴いた。

「平成28年12月28日、山口県 柳井市 総務部 総務課 弘津多美恵 秘書担当課長から 私への対応の件については、以下の内容について、書面で、私から連絡文を 柳井市 総務部 総務課へ送信し、山口県 柳井市 総務部 総務課 弘津多美恵 秘書担当課長 から、私への対応 待ちとなった。

件名: 別紙 私からの連絡文 山口県 柳井市役所 弘津多美恵秘書課長との連絡対応が私に、ありますが、柳井市役所 弘津多美恵秘書課長からのご返事が、私の許へ来なく、困っております状況を島根県益田市政策企画局人口拡大課 監査委員会事務局・公平委員会事務局政策企画係長様へ報告しています件、

いつもお世話になります。別紙 私からの連絡文 山口県 柳井市役所 弘津多美恵秘書課長との連絡対応が私にありますが、私の許へ、ご返事、柳井市役所 弘津多美恵秘書課長よりの書面にてお願いを申し上げます。」の内容に関し、平成29年1月30日(月)、同じ 山口県 柳井市 庁舎内における柳井市役所 総務部 総務課 弘津多美恵 秘書課長と私は、対談した後、その関係している柳井市役所 担当の職員のもとへ、柳井市役所 総務部 総務課 弘津多美恵 秘書課長よりは、私を引率いただき、内容に詳しい、柳井市役所 担当課の立場の説明を私は、聞いた。

平成29年1月30日(月)、宮内庁によると、陛下は、午前中に予定されていた宮中祭祀である、孝明天皇例祭の儀への出席を、取りやめられた。いままで、私は、京都 栗田口 青蓮院にて、孝明天皇、ご乗車もされていた駕籠についても、その場所、参拝し、当時 青蓮院 執事長と会話も交し、遥拝している。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東燃ゼネラル石油 東京本社 広報CRS統括部 新井千絵様へ私が、その報告していた内容に関し・・・・

2017年01月30日 | エネルギー問題
平成29年1月30日、和歌山県 有田市 東燃ゼネラル石油 和歌山工場に関し、私は、東燃ゼネラル石油 東京本社 広報CRS統括部 職員からの電話連絡 受け、東燃ゼネラル石油 和歌山工場 開設 当時の状況に関し、東燃ゼネラル石油 東京本社 広報CRS統括部 新井千絵様へ私が、その報告していた内容に関して、更に詳しい聞き取りが入った。その詳細に関しては、和歌山県 有田市 東燃ゼネラル石油 和歌山工場における当時の地震対策の件 等について。

平成29年1月30日、島根県 益田市 亀井先生の事務所へ私は、連絡 等 入れた。

平成29年1月27日、和歌山県有田市 東燃ゼネラル石油 和歌山工場に関し、今迄の経緯に関して、私は、東燃ゼネラル石油 東京本社 広報CRS統括部 担当職員との間において、書面による相互間における、その連絡文 対応を持った。
...........................................................................
有田の石油工場火災、消防庁が調査を開始

和歌山県有田市の石油元売り大手・東燃ゼネラル石油(本社・東京)の和歌山工場で22日に起きた火災で、総務省消防庁は26日、職員を現地に派遣して、原因調査を始めた。 多数の死者を出した火災や原因究明が難しい工場火災などに対して行う調査で、2015年10月に広島市の雑居ビルで3人が死亡した火災で実施して以来。同工場では、今月18日にも原油貯蔵タンク内から出火しており、短期間に火災が続いたことも重視した。この日は午前9時前、消防庁の職員10人が工場内へ入った。火災は22日夕、重油から潤滑油をつくるプラントから出火し、約41時間後に鎮火。作業員らにけが人はなかったが、有田市は一時、周辺に避難指示を出した。2017年01月26日 Copyright © The Yomiuri Shimbun ・・・2017年1月26日、読売新聞 配信より

私のコメント : 2017年1月27日、和歌山県有田市 東燃ゼネラル石油(本社・東京)の和歌山工場に関し、今迄の経緯に関して、私は、東燃ゼネラル石油 東京本社 広報CRS統括部 担当職員との間において、書面による相互間における、その連絡文 対応を持った。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政府、二国間協議受け入れへ 日米首脳会談へ妥協点模索

2017年01月29日 | 国際金融
政府、二国間協議受け入れへ 日米首脳会談へ妥協点模索

安倍晋三首相は28日深夜(米東部時間28日朝)、トランプ米大統領と電話会談し、2月10日に米ワシントンで初の首脳会談を行うことで合意した。この日、両首脳は約40分間にわたり経済や安全保障全般をめぐって意見交換。電話会談の終了後、首相は来月の首脳会談について「率直な、有意義な意見交換をしたい」と抱負を語った。トランプ氏による「二国間外交」重視の姿勢が鮮明になるなか、日本政府は、米国との二国間の通商交渉を受け入れる考えだ。首相は27日の衆院予算委員会で「二国間を絶対に排除するのかと言われたら、そうではない」と述べ、トランプ氏から求められれば日米両政府の通商交渉にも応じる考えを明言。そのうえで「その中でしっかりと軸足を据えて、我が国の国益を守っていく」と強調した。安倍政権は環太平洋経済連携協定(TPP)を成長戦略の柱に据えており、米側には引き続きTPPへの理解を求める考えだ。ただ、トランプ氏は就任早々にTPPから「永久離脱」する大統領令に署名。自国に有利な「一対一」の交渉にこだわる発言も繰り返す。このため、日本政府関係者は「首脳会談で『TPPに参加してほしい』と言うだけでは持たない」(政府関係者)と話す。

来月の首脳会談では、トランプ…

福間大介、内田晃 ・・・2017年1月29日、 朝日新聞デジタル  記事 01時00分 配信より

私のコメント : 安倍晋三首相は 28日深夜、トランプ米大統領と電話会談し、2月10日に米ワシントンで初の首脳会談を行うことで合意した。この日、両首脳は約40分間にわたり経済や安全保障全般をめぐって意見交換がなされる。電話会談の終了後、首相は来月の首脳会談について「率直な、有意義な意見交換をしたい」と語った。 プラザ合意後における 現在、米国によるドル高 政策へ対し、日本側からの協調、米国 産品、日本への購入促進、米国による保護貿易 回避にむけて、日本から米国へ、各製品における輸出、米国へ対しては、自主規制をしていく、 米国から日本へ輸出の拡大に向けて、どの程度 日本は、協調していけるかの問題、等 ・・・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校教科書、領土の記述1.6倍に 尖閣・竹島編入など

2017年01月29日 | 教育
高校教科書、領土の記述1.6倍に 尖閣・竹島編入など

文部科学省は18日、2017年度から高校で使われる教科書の検定結果を公表した。日本史、地理、現代社会、政治・経済の24冊全てが竹島と尖閣諸島などに触れ、同省によると、領土関連の記述は現行の約1・6倍に増えた。14年に導入された新検定基準に基づき、歴史をめぐる政府の統一的見解の追加を求める検定意見も一部に出され、記述変更を経て検定に合格した。合格したのは、発行社が申請を取り下げた2冊を除く270冊。文科省は14年1月、教科書の記述の元になる学習指導要領解説を改訂し、日本史、地理、現代社会、政治・経済で尖閣や竹島を日本固有の領土とする記述などを追加した。これを受け今回は、昨春合格した中学教科書に続いて尖閣や竹島関連の記述が増加。世界史も含め5社の9冊が新たに記述した。明治時代に尖閣と竹島を日本の領土に編入した経緯を加えた日本史の教科書や、島の写真を載せて説明を詳しくした現代社会の教科書があった。同省は、北方領土も含めた領土関連の記述は「現行教科書の約1・6倍になった」としている。高浜行人一方、14年1月改定の新検定… ・・・ 2016年3月18日、朝日新聞デジタル 16時56分 配信記事より

私のコメント : 朝日新聞デジタルより、配信されている 最新の記事内容は、以下のとおりである。

全世界が、朝日新聞による「文部科学省が、今春告示する小中学校社会科の新学習指導要領に、竹島(島根県隠岐の島町)、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を「我が国固有の領土」として初めて明記する方針を固めたことが28日、分かった。」とする内容に関する 朝日新聞 記者による山口県内における、今迄の取材内容、および、その配信もされる記事を注目している。

....................................................
岡山)学校応援100万円、功罪は 金銭見返り反発も

県教委の「頑張る学校応援事業」で、学力向上や問題行動の改善に成果を上げた学校や学区に交付されてきた100万円の応援費が新年度から廃止される。現金を配る手法が教育になじまないといった批判がある一方で、学校からは「学習環境の充実に使えて助かる」と喜ばれてきた。その功罪を検証した。赤磐市立山陽西小学校の図書室。入って正面に「頑張る学校応援事業受賞記念文庫」と記された本棚がある。読み物、占いや料理の解説本、図鑑など約600冊が並ぶ。事業が初めて実施された2014年度、山陽西小は児童の問題行動や学級崩壊に対し、教職員らの一丸となった指導で落ち着いた学習環境を取り戻した点が評価され、優良実践校に選ばれた。交付された応援費100万円は、読書でさらに落ち着いた学習環境をめざそうと、主に図書の購入に充てた。児童から欲しい本のリクエストを募ったこともあって貸出率が高く、現在も予約待ちが出るほどだという。青山倫也校長は「学校の予算が…  波多野大介 ・・・ 2017年1月29日、朝日新聞デジタル 03時00分 配信記事より

....................................................
原因究明と公表要請 再発防止徹底も 県基地関係連絡協 /山口

米軍岩国基地(岩国市)配備の垂直離着陸攻撃機AV8Bハリアーが沖縄本島沖で墜落した事故を受け、県と岩国市などでつくる県基地関係県市町連絡協議会は23日、米軍に事故の原因究明と再発防止などを求め口頭で要請した。

要請は(1)早期の原因の究明と公表(2)再発防止の徹底−−の2項目。事故機は沖縄の第31海兵遠征部隊の指揮下にあったが、岩国基地の配備であり、再発防止として機体の安全点検やパイロットの安全教育の徹底を求めた。

生月雅美・県岩国県民局次長と高田昭彦・岩国市基地政策担当部長が基地を訪れ要請した。これに対し、基地のライル・L・ギルバート報道部長は「原因調査中で、調査部署がその結果と公表を行う。事故の再発防止のため、点検整備、安全対策の徹底に努める」と答えた、という。

また、生月次長らは、国から米軍に同様の要請をするよう岩国防衛事務所の森川顕臣所長にも要請した。

事故機は海兵第542攻撃中隊8機のうちの1機で、6月に部隊交代で岩国基地に配備されていた。

【古賀亮至】   〔山口版〕  ・・・ 平成28年( 2016年 )9月24日(土)、毎日新聞 地方版より

........................
平成28年9月25日 午前  彼岸明け 山口県 萩市 国 重要文化財 森田家における 宮中祭祀とも関係してある、森田家の祭祀に関する件で、山口県 萩市の叔母と私は、その連絡対応を持った。

平成28年9月24日、稲田朋美防衛相は、沖縄県名護市でチャールズ・シュローティ在日米軍副司令官と会談した。 稲田朋美防衛相は、山口県を訪問するなどして、山口県岩国基地対策室 における 稲田朋美防衛相 関係者・関係機関からの聞き取り 等もされ、 山口県 近辺においては、その種の事故が発生していかないという対応についても、講じていってもらいたいと願う。

平成28年9月23日、日本赤十字社 本社 国際部 原澤亜紀子様、草道裕子様、松下様との間で、沖縄基地 等における問題 等、私と今までの日本赤十字社 本社内における連絡文の対応もあり、山口県 総務部 岩国基地対策室 原秀樹主査と私が、山口県 総務部 岩国基地対策室において、面談した後の感想、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、その内容に関しては、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるため、報告に行った。山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査からは、安倍首相が、12月に、地元・山口県でロシアのプーチン大統領と会談する件に関しては、山口県からは、特に、ロシアのプーチン大統領 会談についての来県に関しても、それを招へいするような山口県での外交活動は、今までされていなかったと 回答 も得ることができた。私からは、私と防衛省と外務省との対応経緯について、それを簡略に、説明を申し上げて、日本外務省との間においては、日本外務省 北東アジア課 大村久美様からの日本外務省内における 私への申し送りの言葉 等についても、それが、現在に至り、幕末期 吉田松陰先生より 提唱をされている竹島における論点、その感情論ともなる 私の立場については、山口県広報広聴課より、その理解を求めた。

平成28年9月23日、山口県 柳井市役所 弘津多美恵秘書課長へ、私からの連絡文をさしあげている件で 山口県議会議員 吉井利行先生 田布施町 事務所へ、私は、それに関する連絡を入れた際に 以下の内容があり、 安倍首相が、11月にペルー、12月には地元・山口県で ロシア プーチン大統領と会談するにあたり、山口県側の立場もあり、その説明を申し上げたい旨 担当者へ申し入れた。

平成28年9月23日、山口県立山口高等学校 高原透校長へ私は、連絡を入れた。今までに至る経緯についての話しは、山口県立山口高等学校 高原透校長へ 日本外務省に関係している説明文を手渡し 私は、相談もしている。同日、山口県 総務部 岩国基地対策室 主査と対談した件について、私からの山口県 総務部 岩国基地対策室 主査宛て、説明文内容について、山口県 総務部 岩国基地対策室へ、その連絡調整の依頼をする。

........................
沖縄県議会議員の県庁訪問について

平成26年 (2014年) 7月 25日

沖縄県議会自民党会派に所属する議員11名が、米軍普天間基地のKC-130空中給油機の移駐受入れに対する御礼の挨拶のため、下記のとおり県庁を訪問されますので、お知らせします。

1 日時 平成26年7月30日(水曜日)10時30分~10時50分

2 場所 山口県庁 知事応接室

3 来庁者

沖縄県議会議員  照屋 守之(てるや もりゆき)

同        具志 孝助(ぐし こうすけ)

同        新垣 哲司(しんがき てつじ)

同        翁長 政俊(おなが まさとし)

同        座喜味 一幸(ざきみ かずゆき)

同        具志堅 透(ぐしけん とおる)

同        仲田 弘毅(なかだ ひろき)

同        新垣 良俊(あらかき りょうしゅん)

同        又吉 清義(またよし せいぎ)

同        中川 京貴(なかがわ きょうき)

同        浦崎 唯昭(うらさき いしょう)

4 対応者 山口県知事  村岡 嗣政(むらおか つぐまさ)

5 取材について

・ 面談の取材は可。

 ・ 面談終了後、来庁者を代表して照屋守之幹事長がぶら下がり取材に応じられます。

 ・ 取材に当たっては、自社腕章を必ず着用してください。

・・・ 山口県 総務部 岩国基地対策室 ホームページより ・・・
........................
........................
KC-130空中給油機の移駐時期等に関する県及び関係市町の協議結果について

平成25年 (2013年) 12月 14日

本日、KC-130の移駐時期等に関して、山口県副知事と、岩国市長、周防大島町長及び和木町長が協議を行いましたので、その概要を下記のとおりお知らせします。

1 日時 平成25年12月14日(土曜日)11時00分~11時45分

2 場所 山口県岩国総合庁舎 2階 共用第1会議室

3 出席者 山口県副知事  藤部 秀則(ふじべ ひでのり)

岩国市長  福田 良彦(ふくだ よしひこ)

周防大島町長  椎木 巧(しいき たくみ)

和木町長  米本 正明(よねもと まさあき)

4 協議結果の概要

○ 地元1市2町の意向をまとめると、沖縄の負担軽減や普天間基地の危険性の除去の重要性などを総合的に判断した結果、普天間基地の危険性の除去に向け、できるところから実行していくことも必要であり、KC-130の来年6月から9月の間の移駐を認めるというものであった。

○ 今後、県及び1市2町が合同で政府の首脳に面会し、普天間基地が継続的に使用されることがないことが確認できれば、来年6月から9月の間の移駐を認めることとする。

○ その際には、国に対し、引き続き、普天間基地の全面返還に向けた沖縄の理解が得られるよう最大限の努力を求めていく。

○ 併せて、岩国基地における航空機の安全運用について、国を通じて米軍に要請していく。

・・・ 山口県 総務部 岩国基地対策室 ホームページより ・・・

........................
普天間移設で沖縄県敗訴 艦載機部隊の移転計画、慎重姿勢崩さず 岩国市と県 /山口

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設を巡り、県内移設に反対する翁長雄志(おながたけし)知事が是正指示に従わないのは違法として、国が知事を相手取った違法確認訴訟は16日、県内移設を進める国が勝訴した。岩国市と山口県は、普天間移設の進捗(しんちょく)と、厚木基地(神奈川県)から岩国基地(岩国市)への米空母艦載機部隊(59機)移転計画を関連付け、「普天間飛行場移設の見通しが立たないうちに艦載機移転は認められない」と主張してきたが、「移設を巡る今後の動向を見極める」と慎重な姿勢を崩さなかった。

福岡高裁那覇支部の判決を受け、岩国市の福田良彦市長はコメントを出し「普天間移設の見通しが立たないうちに、艦載機移転のみを切り離して進めることは認められない、との基本スタンスを堅持していく」とした。村岡嗣政知事も共同歩調を取るコメントを出した。

日米両政府は米軍再編計画の一環として2017年までの艦載機移転を進めているが、福田市長は受け入れについて普天間移設の見通しを前提としてきた。一方、国に対し安心・安全対策と地域振興策の実施を要望。「要望についての国との協議の先に艦載機受け入れの是非を判断する」と主張している。【古賀亮至】

〔山口東版〕 ・・・ 平成28年(2016年)9月17日、毎日新聞 地方版より

私のコメント: 米国防総省は琉球新報に対し、運用面、政治面、財政面、前方配備の海兵隊の運用、普天間の継続使用回避の点から「(辺野古への)普天間の代替施設建設は唯一の解決策だ」と従来の見解を繰り返した。海兵隊総司令官は15日の米議会上院軍事委員会で、辺野古に関する沖縄問題があるとした上で「われわれは監視し続ける」と述べた。

平成28年9月16日に、沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、石井啓一国土交通相が翁長雄志知事を訴えた「辺野古違法確認訴訟」で福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)は、埋め立て承認の要件を定めた公有水面埋立法に、国防・外交に関わる事項も含まれると指摘。知事の審査権が及ぶとしながらも、「国が説明する国防・外交の必要性について、具体的に不合理な点がない限り、県は尊重するべきだ」と強調した。

福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)は、「海兵隊の航空部隊を切り離して県外に移転することはできない」とも指摘し、辺野古への代替施設建設が唯一の解決策とする国の政策判断を支持している。

KC130空中給油機が一昨年8月26日に米軍普天間飛行場から山口県の米軍岩国基地に移駐されてから、2年が過ぎた。その間、山口県では、山口県山本繁太郎前県知事が、お亡くなりになられている。

平成28年9月20日、山口県 総務部 岩国基地対策室 原秀樹主査と私は対談した。今まで、平成28年3月1日、平成27年度 公立学校卒業証書の授与式、山口県立防府商工高等学校の卒業証書授与式にて、山口県村岡嗣政知事が、出席され式辞を述べられ、村岡嗣政知事からの式辞も私は、拝聴したの後、山口県宇部市 広聴課 清水様による連絡内容を受けて、私は、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、その内容に関しては、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるため 相談に行き、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査からは、「平成8年頃から、県と市との行政は、横並びという視線となって、山口県から宇部市へ、どうこう言うことができなくなった。」と言われた内容に関係して、下記の 「米軍機移駐、論戦かみ合わず 岩国市長選24日投開票」 における 朝日新聞 記事内容とも関係する件につき、それを簡略に、山口県 総務部 岩国基地対策室 原 秀樹主査へ 佐藤栄作首相 政権下 当時からの岩国基地に対応する内容 等もあり、その内容を説明することができた。そのおり、山口県 総務部 岩国基地対策室 原秀樹主査から私に対し、 貴重なご助言を得ることができました との言葉もいただいた。
.......................................................................................
米軍機移駐、論戦かみ合わず 岩国市長選24日投開票

米軍岩国基地を抱える山口県岩国市の市長選が24日に投開票される。市内では来年にも予定される米軍厚木基地(神奈川県)からの空母艦載機部隊の移駐を前に、受け入れに向けた工事が基地内外で着々と進む。選挙戦は、移駐容認派が推す現職と反対する新顔の一騎打ちとなっているが、論戦はかみあっていない。市長選には、3選をめざす現職の福田良彦氏(45)=自民、公明推薦=と、反対派が擁立した新顔で元岩国市議の姫野敦子氏(56)が、ともに無所属で立候補している。福田氏は現段階で移駐を正式に認めておらず、国に対して安心安全対策などの協議を求め、「判断はその先」との姿勢だ。告示日の17日の第一声では、企業誘致や観光振興などを強調。基地問題には一切触れず、応援に駆けつけた国会議員らも口にしなかった。基地財源に頼らない市政を訴える姫野氏は反発を強める。17日の第一声では安全保障関連法や北朝鮮の核実験などに触れ、「岩国基地があるため、これからも大変な状況が続けば、リスクの高いまちになってしまう」と訴えた。移駐反対派は、「あの手この手」の厚遇策が基地問題をかすませていると危機感を抱く。福田氏は施政方針に「基地との共存」を掲げ、総額約201億円の再編交付金を子ども医療費の助成や学校施設の耐震化などに活用してきた。防衛省も補助事業として2012~14年度に約63億6千万円を投じた。このほか、厚木の艦載機部隊の移駐に備えて整備されている米軍家族住宅(約270戸)に併設される運動施設も、岩国市の要望を受けて市民も使えるようになる予定だ。日米共用は全国的にも珍しいという。施設には公式戦が可能な野球場や陸上競技場、ソフトボール場などを設ける計画で、大型の運動施設が乏しい地元では期待感も大きいだけに、艦載機移駐反対を唱える姫野氏も「更地にして戻せとは言わない。見守りたい」との姿勢だ。基地監視団体「リムピース」共同代表で、岩国市議の田村順玄氏(70)は「新たな基地負担を強いるのは全国でも岩国以外では難しい。だから、国は岩国には手厚い。そうした厚遇策がじわりと浸透しているのではないか」と話す。(二宮俊彦)

     ◇

〈米艦載機部隊移駐計画〉 
住宅密集地での騒音が激しい米軍厚木基地周辺の負担軽減策として、同基地の米軍人ら約3800人と艦載機59機を2017年に岩国基地に移す計画。岩国基地は一昨年夏、米軍普天間飛行場(沖縄県)のKC130空中給油機部隊を受け入れており、厚木の艦載機部隊が計画通り移駐すれば、所属機数は130機以上となり、嘉手納基地(沖縄県)と並んで極東最大規模の航空基地となる。・・・2016年1月21日、朝日新聞デジタル 11時19分 配信より

平成28年9月21日、昨日、9月20日における山口県 総務部 岩国基地対策室 原秀樹主査と私の間における、その対談するにいたる経緯、私からの説明文については、山口県 総務部 岩国基地対策室 原秀樹主査へ送信し、同時に、説明文の内容に関して、私は、山口県広報広聴課 山根真裕美主査の許へ、説明しに行った。

..................................
山口県 萩市 黒川 国重要文化財 森田家 住宅内 における 弁護士、牧師活動の件について、当時、民事法廷にて、山口地方裁判所 岡山県出身の判事 坂本倫城様に、私は、異議を唱えました。しかし、当時の山口地方裁判所 岡山県出身の判事 坂本倫城様は、「その内容について、何ら問題はない。」と私の主張についてを取り下げられました。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
文化庁長官 関与 国指定 重要文化財 民家の所有者 変更に関する件

以下 文化庁 及び 内閣府との記録は、私と伯母 ( 萩市在住 ) との対応において発生しているものです。叔父(父の弟)との関係において生じているものでは、ないことをブログにて説明します。

問 庁 : 文化庁長官
諮問日:平成15年6月 3日 (平成15年(行情)諮問第326号)
答申日:平成15年8月11日 (平成15年度(行情)答申第251号)

事件名:重要文化財の所有者変更に関する文書の一部開示決定に関する件

答 申 書
第1 審査会の結論
重要文化財特定住宅の所有者変更について(文化庁原議書)及び文化財所有者氏名等変更届(以下「本件対象文書」という。)につき,その一部を不開示とした決定について,諮問庁が不開示とすることとしている部分については,不開示が妥当である。

第2 異議申立人の主張の要旨
1 異議申立ての趣旨
本件異議申立ての趣旨は,行政機関の保有する情報の公開に関する法律(以下「法」という。)3条の規定に基づく行政文書の開示請求に対し,平成14年11月15日付け諸庁財第124号により文化庁長官が行った一部開示決定について,これを取り消し,本件対象文書の開示を求めるというものである。

2 異議申立ての理由
異議申立人の主張する異議申立ての主たる理由は,異議申立書及び意見書の記載によると,おおむね以下のとおりである。当家では,重要文化財の特定住宅が,亡祖父の財産の寄与分,遺留分を含め,特定個人に相続はすんでいない。そのため,当家の宗教活動,奉仕活動が停止に近い状態になっている。文化庁の不開示とされた個人印により,国重要文化財の特定住宅を管理している当家の相続が中断したままである。今後の国重要文化財の管理運営に大きな問題が生じる。これまで文化庁から発送された担当者名が明記されていない文書や,いままでの文化庁職員の対応よって,異議申立人に,それに関わる必要のない多大の出費,時間の制約と精神的な苦痛を与えている。よって,不開示とされた個人印の印影の開示を求める。

( 以 下 省 略 )

第6 答申に関与した委員

吉村德則,高木佳子,戸松秀典
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
その後、以下の内容が、関連もし、その記事として配信されていますので、関係各位 皆様は、この状況についても注視していただきたいと私から、お願い申し上げます。

亀井亜紀子氏、民進党入党の意向  島根県連、衆院候補へ協議

参院島根選挙区で2007年に国民新党から初当選し、離党後の13年参院選で落選した亀井亜紀子氏(50)が民進党に入党する意向を示していることが3日、同党島根県連への取材で分かった。民進党は島根県内の衆院選挙区で、候補者不在の状況が続いており、県連は衆参同日選になった場合に備え、「入党の届けがあれば協議したい」としている。県連によると、亀井氏は国政へ再挑戦したいと考えており、県連代表の和田章一郎県議に入党の意向を伝えたという。夏の参院選で民進党は、鳥取・島根選挙区(合区)に無所属で出馬する新人福島浩彦氏(59)の推薦を決めている。・・・ 2016/5/3  共同通信 23:38 配信より

私のコメント: 皆様方による、そのご健闘を祈る。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尖閣と竹島「我が国固有の領土」指導要領明記へ 文科省方針、小学校でも題材取り上げ

2017年01月28日 | 教育
尖閣と竹島「我が国固有の領土」指導要領明記へ 文科省方針、小学校でも題材取り上げ

文部科学省が、今春告示する小中学校社会科の新学習指導要領に、竹島(島根県隠岐の島町)、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を「我が国固有の領土」として初めて明記する方針を固めたことが28日、分かった。法的拘束力のある学習指導要領に記載することで領土教育の徹底を図る。

現行の学習指導要領では、中学校社会の地理で北方領土に関する記述があるだけ。指導要領を補足する解説書には、中学校社会で竹島、尖閣諸島も「日本固有の領土」として扱うよう明記しているが法的拘束力はない。

新学習指導要領では、小学校社会で北方領土、竹島、尖閣諸島に関し日本の固有の領土として扱うことを明記。中学校社会でも扱い、地理では「尖閣諸島に領土問題は存在しないこと」を、公民では「北方領土や竹島に関し、平和的解決に向けて努力していること」に触れるよう記載する。

学習指導要領はほぼ10年に1度改定され、授業や教科書編集の指針にもなる。次期学習指導要領は意見公募を経て、今春告示される。小学校は平成32年度、中学校は33年度から全面実施される予定。・・・ 2017/1/28 産経新聞 20:51更新 配信より

私のコメント : 「文部科学省が、今春告示する小中学校社会科の新学習指導要領に、竹島(島根県隠岐の島町)、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を「我が国固有の領土」として初めて明記する方針を固めたことが28日、分かった。法的拘束力のある学習指導要領に記載することで領土教育の徹底を図る。・・・」の記事内容について、産経新聞から、1月28日20:51 配信された。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「竹島・尖閣は領土」と明記…新学習指導要領に

2017年01月28日 | 教育
「竹島・尖閣は領土」と明記…新学習指導要領に

文部科学省は、小中学校社会科の新学習指導要領に、竹島(島根県)、尖閣諸島(沖縄県)を「我が国固有の領土」として初めて明記する方針を固めた。 竹島と尖閣諸島は、現在も小中学校の社会科の全教科書で、それぞれ日本の領土として記述されているが、法的拘束力のある学習指導要領に新たに記載することで現場での領土教育を徹底させる方針だ。学習指導要領は、小中高で教える内容について文科省が定めた基準で、ほぼ10年ごとに改定されている。授業や教科書を編集する際の指針にもなり、学校教育全体に大きな影響を及ぼす。指導要領を補足する解説書では、すでに中学校社会で竹島、尖閣諸島を「日本固有の領土」として扱うよう明記しているが、法的拘束力はない。 2017年01月28日 07時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun ・・・ 2017年01月28日、読売新聞 07時50分 配信より

私のコメント : 「人は、誠実でなくては何事も成就しない 誠実とは、自分が従事している仕事に対して親切なことである 伊藤博文」 

地方自治体 職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されています。「米市場の部分開放」、熊本県産米、熊本地震、TPP、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、宍道湖に緋色燃ゆ、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」

産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員 池尾和人、伊藤元重、今井敬、大賀典雄、大田弘子、奥島孝康、今井務、木村尚三郎、香西泰、河野光雄、小島明、小長啓一、宍戸善一、島田晴雄、竹内佐和子、武富將、辻義文、鳥居泰彦、中谷巌、中西真彦、福岡道生、本間正明、三輪芳朗、諸井虔、八代尚宏、弓倉礼一、吉岡初子、鷲尾悦也、

「​産業連関分析ハンドブック」に 『​数量経済史』 ​(2)​ 「長州表と戦前期表」についてが論述されています。慶應義塾大学 在学時代、沖縄県農産品について私は、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成23年12月「長州の経済構造 西川俊作 著・編者 一橋大学 斎藤修名誉教授」が発刊となった。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」に関する論文、立正大学情報メディアセンターから、入手できた。伊木寿一、石橋湛山による分析・研究方法も、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町 日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係について、私の慶應義塾大学における卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」について、宝暦時、津和野 堀家との関係もあり、慶應義塾大学 商学部 西川俊作教授の許へ提出した、私の父 森田良吉氏が、山口県文書館に勤務していた当時、私が、見聞した文化交流の経緯、島根県津和野町教育委員会 職員へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援をもと、山口県文書館 研究主事の努力より、関係各位へお尋ねをいれ、その歴史考証、書き下しの語訳 完成されたものである。

平成28年3月1日(火)、平成27年度 公立学校卒業証書の授与式が、山口県で実施された。山口県立防府商工高等学校の卒業証書授与式には、山口県村岡嗣政知事が、出席され、式辞を述べられた。山口県立防府商工高等学校 卒業式へ私は、出席し、山口県村岡嗣政知事からの式辞も、拝聴した。

同日、山口県宇部市 広聴課 清水様からの連絡内容を私は、受けて、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、その内容に関し、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるために、相談に行った。山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査からは、「平成8年頃から、県と市との行政は、横並びという視線となって、山口県から宇部市へ、どうこう言うことができなくなった。」と言われた。

平成28年8月19日に、 7月5日、島根県 吉賀町役場 総務課との対応、山口県庁と山口県教育庁へ私は、報告へ行っている経緯もあり、島根県 吉賀町 臨時議会 開催期間中の島根県 吉賀町議会 議長 安永友行先生に私は、面会し、島根県 吉賀町役場 総務課との対応内容について、吉賀町議会 議長へ説明を入れた。また、二人の間における対談内容に関しては、山口県 岩国市 吉川家の話題、島根県と山口県に亘る林業育成の話題、佐藤栄作先生、竹下登先生に関する話題にもつながっていった。その後、吉賀町役場 総務課長と面談し、吉賀町役場 総務課から、目に見える善処を求めた。その対応の展開 以下が、その関係する配信 記事の一部となる。

平成29年1月12日、山口県 観光スポーツ文化部 山口県史編さん室 大村勇主幹、吉岡健一主査と私は、面談した。山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、山口県 観光スポーツ文化部 山口県史編さん室 大村勇主幹、吉岡健一主査と面談した内容に関し、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるために、相談に行った。
...........................................................
畑原基成氏が死去 62歳 山口県議会議長                           17年1月10日

山口県議会議長の畑原基成(はたはら・もとなり)氏=自民党、岩国市・和木町選挙区=が8日午前1時半ごろ、急性心不全のため病気療養で入院していた病院で死去した。62歳。岩国市出身。自宅は岩国市錦町広瀬1171の6。 山口県議会議長の畑原基成さんが亡くなった8日、県政界の関係者からは功績をたたえ、岩国市錦町広瀬の自宅には、突然の訃報に驚く声が相次いだ。「まだ若かっただけに大変残念だ。県政の発展に大変な功績を残し、岩国の基地の問題でも地元と国の間で大きな力を発揮してもらった」。安倍首相は弔問に先立ち下関市のホテルで取材に応じ、畑原さんの死を悼んだ。柳井市出身の故山本繁太郎前知事を支え、病気辞職後の2014年2月の知事選では総務省の官僚だった村岡嗣政知事の擁立にも深く関わった。村岡知事は「大変頼りにしていた。県として大きな痛手で、寂しい気持ちでいっぱいだ」とした。
.........................................
<トランプ大統領>公約のオバマケア見直し 大統領令に署名

米国のトランプ新大統領は就任初日の20日、オバマ前政権の看板政策で医療保険の加入者数を大幅に拡大した「医療保険制度改革(オバマケア)」について、見直しに向けた大統領令に署名した。トランプ氏は大統領選の選挙期間中からオバマケアを批判し、「廃止して(別の制度に)置き換える」と公約していた。

◇医療保険制度改革(オバマケア)
改革を進めたオバマ前米大統領の名前に医療保険(ヘルスケア)を加えた造語。米国史上初めて公的補助を通じ国民に医療保険加入を原則義務付けた医療保険改革。2014年に本格施行されたが、政府の「過剰な関与」や財政負担を嫌う共和党は強く反対する。当初、国民皆保険を目指したが、推計2000万人の加入にとどまる。低所得者の加入・利用が増加したため、撤退する保険事業者もでている。 ・・・ 平成29年1月21日(土)、毎日新聞 10:06配信 より

私のコメント : 平成29年1月21日、外務省 密約書 不在の問題に関係し、過去に、山口県 柳井市に居住していた日本大学 本部 総務部 および、日本大学 創設者 山田顕義研究 その関係が深い私の祖父から、その病院名についても、よく聞かされていた 山口県防府市にある、吉田整形外科へ行き、日本大学 医学部 吉田義夫医学博士と、今迄の経緯について、日本大学 校友会 山口県支部 世話係 等もしていた私の叔父が、平成29年1月4日に逝去したという事実経緯、並びに、日本大学 校友会における、その私の叔父との対談の経過対応、また、明治維新百年祭のおり 日本大学 本部 総務部  山田顕義研究、および 防長医学史における、その日本大学 医学部 田中助一医学博士 等の対応もあり、平成29年1月6日における私からの連絡の各書面 等についても、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士へ渡していたが、その連絡書面における各内容については、それが、日本大学 医学部 吉田義夫医学博士へ届かなかったという、私からの書面と医学博士 吉田義夫医師 あて 私からのはがきも手渡し、医療の問題、対応内容に関し、対談をした。
........................................
蘭学資料研究会 研究報告 東京大学医学部血清学教室内 「毛利藩の蘭学」 昭和36年10月21日より
毛利藩の蘭学資料目録
蘭書の部
1)Roode,T.G.A.Dr.:Handboek der natunrkude van den Hollandish,vertaald door K.J.Y.Ipma.Amst.,1809 pp.1631 (mai) (Oomura)
2)Haarst,Wm.van :Natuurbeschouwingen voor jonge lieden,ter verdeling van verstand en hart.le en LeStjkje(in een boek).Amst.,1820-23
以下 省略
( 山口県立図書館 及び 山口大学図書館 蔵 )
13) 省略
14)Dr.von Siebold : Tot Gedachtenis aon mynen vriend Koemaja (Handschrift). 1829 (Hagi-Kumaya)
( 以上 萩、熊谷家 蔵 )
以下 省略
附録  大村益次郎蔵書目録  大村益次郎文書保存会
1. Kleine Oorlog
2.Tweede Afdeeling voor het Tuig.
3.Handboek der natuurkunde van den Hollandsch.
以下 省略
昭和36年10月21日 当時、蘭学資料研究会は、東京大学医学部 血清学教室にありました。蘭学資料研究会 現況について、東京大学から、その後、当方へ連絡が、有りません。その近況については、残念ながら 存じ上げていませんこと報告します。
........................................
平成29年1月20日、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士との間において、司法における、その多方面に亘る事柄に関し、私は、その対談をした。

井上真央 『花燃ゆ』 最終回を報告、吉田松陰の末の妹・文(後に楫取美和に改名)を演じた女優 井上真央が、平成27年12月13日、山口・防府市にある楫取夫妻の墓前を訪ね、最終回の放送を迎えることを報告されて、平成27年12月14日、吉田松陰 養母の実家にあたる山口県 萩市 国重要文化財民家に指定されている森田家 その祭祀を代表して、私は、防府市 楫取夫妻の墓前を弔った。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北方領土や竹島、尖閣諸島を「わが国固有の領土」と明記へ

2017年01月28日 | 日米安保条約
北方領土や竹島、尖閣諸島を「わが国固有の領土」と明記へ

文部科学省が、小・中学校の次の学習指導要領の改訂で、北方領土や竹島、尖閣諸島が、わが国固有の領土であると、本文に明記する方針であることがわかった。FNNが入手した、社会科の学習指導要領の改訂案では、北方領土や竹島、尖閣諸島の、わが国固有の領土としての位置づけを、明確に指導すべきだとする方針が示されている。中学校の社会科の歴史的分野では、「領土の画定などを取り扱うようにし、その際、北方領土に触れるとともに、竹島、尖閣諸島の編入についても触れること」としているほか、公民的分野では、「北方領土や竹島に関し、残されている問題の、平和的な手段による解決に向けて努力していることや、尖閣諸島をめぐり、解決すべき領有権の問題は、存在していないことなどを取り上げること」としている。これまで、学習指導要領では、領土をめぐる問題について、北方領土のみの記述や、「解説」での記載にとどまっていた。指導要領は3月に改訂され、小学校では、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年から、中学校では2021年から、全面実施される予定。・・・ 2017/1/27(金) 、 フジテレビ系(FNN) 16:57配信より

私のコメント : 「文部科学省が、小・中学校の次の学習指導要領の改訂で、北方領土や竹島、尖閣諸島が、わが国固有の領土であると、本文に明記する方針であることがわかった。FNNが入手した、社会科の学習指導要領の改訂案では、北方領土や竹島、尖閣諸島の、わが国固有の領土としての位置づけを、明確に指導すべきだとする方針が示されている。」という報道内容に関しては、私と山口県教育委員会 教育庁 職員間における、山口県内、その学校教育現場 私による授業における対応経過 その山口県教育委員会 教育庁  各職員 からの対応、および、その後、その利害関係人となる山口県 宇部市教育委員会 松田靖 教育次長、および、その配下における 宇部市教育委員会 教職員と私との面接交渉、現在も、宇部市教育委員会 松田靖 教育次長との間で、未だ、その未解決処理の諸問題は、その主因とっている 山口県 宇部市長 久保田后子様による、政治家として、私への対応 その政治圧力に関する現況 等も、私から書面にて、島根県 津和野町役場、島根県 津和野町教育委員会、島根県吉賀町役場、島根県吉賀町 教育委員会、島根県教育庁 教職指導課 学力育成スタッフ 指導主事 植田道様、および、島根県庁 竹島資料室 大田様へ、報告し、さらに、その後の経過過程、現在に至るも、私から、島根県 前参議院議員 亀井亜紀子先生へ おこなっているという成果の賜物と 私は、その内容を解釈している。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自衛隊と英軍、弾薬や燃料など相互に融通へ

2017年01月28日 | 外務省
自衛隊と英軍、弾薬や燃料など相互に融通へ

【ロンドン=森太】日英両政府は26日、自衛隊と英軍が弾薬、燃料、食料、輸送などを相互に融通する物品役務相互提供協定(ACSA)を締結した。米国、オーストラリアに続いて3例目のACSAとなり、欧州では初めて。鶴岡公二・駐英大使とジョンソン英外相がロンドンの英外務省で署名した。日本の国会と英議会の承認を経て発効する。ACSAは、国連平和維持活動や大規模災害支援で、物資やサービスを互いに提供する際の決済手続きなどを定めている。・・・2017/1/27(金)、読売新聞 2:13配信 より

私のコメント : 平成29年1月26日、日英両政府は、自衛隊と英軍が弾薬、燃料、食料、輸送などを相互に融通する物品役務相互提供協定(ACSA)を締結。欧州では初めて。鶴岡公二・駐英大使とジョンソン英外相がロンドンの英外務省で署名した。日本の国会と英議会の承認を経て発効。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

両国 株式会社 ワカバ 製 「 靴下」

2017年01月28日 | 社会 経済
靴下製造業 東京都墨田区両国3丁目25-12 株式会社 ワカバ 製「 靴下」を購入した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「わかば」「エコー」など旧3級品のたばこ6銘柄を1箱30円値上げ JTが4月から

2017年01月28日 | 日本酒
「わかば」「エコー」など旧3級品のたばこ6銘柄を1箱30円値上げ JTが4月から

日本たばこ産業(JT)は27日、紙巻きたばこの「わかば」や「エコー」など旧3級品と呼ばれる国産6銘柄を、4月1日から1箱(20本入り)30円値上げすると発表した。旧3級品に設けられているたばこ税の軽減措置が段階的に縮小・廃止され、増税となるため。同日、財務大臣に価格改定を認可申請した。

 4月1日からの新しい価格は「わかば」が1箱320円。以下「エコー」310円、「ウルマ」320円、「バイオレット」310円、「しんせい」310円、「ゴールデンバット」290円となる。・・・2017/1/27、産経新聞 16:31配信より

私のコメント : 日本たばこ産業(JT)は 4月1日からの新しい価格「わかば」が1箱320円。以下「エコー」310円、「ウルマ」320円、「バイオレット」310円、「しんせい」310円、「ゴールデンバット」290円となるように、麻生太郎財務大臣へ、たばこ 6銘柄、価格改定を認可申請した。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

72代横綱 稀勢の里 明治神宮で奉納土俵入り

2017年01月27日 | 社会 経済
72代横綱 稀勢の里 明治神宮で奉納土俵入り

大相撲の72代横綱に昇進した稀勢の里が、東京の明治神宮で奉納土俵入りを行い、ファンの前で初めて、「雲竜型」の土俵入りを披露しました。

続きを読む

稀勢の里は27日午後、明治神宮で、はじめに横綱推挙式に臨み、日本相撲協会の八角理事長から「品格力量抜群に付 横綱に推擧す」と書かれた横綱推挙状を受け取りました。続いて、26日の綱打ちで作られた、真新しい純白の綱を引き締まった表情で受け取りました。このあと、稀勢の里は初代・若乃花の三つぞろいの化粧まわしと、綱を締め、太刀持ちに田子ノ浦部屋の弟弟子の高安、露払いに松鳳山を従えて、奉納土俵入りを行いました。緊張した表情の稀勢の里は、攻めと守りの両方を備えると言われる「雲竜型」の土俵入りを、ファンの前で初めて披露し、右手を斜め前に出しながら体を起こす、せり上がりを堂々と力強く見せました。およそ1万8000人が訪れた明治神宮の境内は大勢の人で埋め尽くされ、稀勢の里に「日本一」と声援を送ったり、しこを踏むのに合わせて、「よいしょ」と、大きな掛け声をかけたりして土俵入りを見守り、大きな拍手をおくっていました。「感謝の気持ち込めた」稀勢の里は「無事に終えてよかったです。たくさんの方に見てもらえて、うれしかったし、ありがたかった」と心境を語りました。そして、初めてファンの前で披露した雲竜型の土俵入りについて、「感謝の気持ちも込めて、一生懸命やった。メリハリよく、力強く、指先からつま先まで神経を通わせることを意識して、しっかり集中してやった」と、力強く話していました。そして、横綱昇進に関する、さまざまな行事があった、この1週間を振り返り、「こんなに濃い1週間は15年間で初めてだし、一生忘れられない1週間になった。横綱としての責任も、ますます強くなっていくと思うし、これからだと思う」と、気を引き締めていました。

八角理事長「最初にしては立派」

奉納土俵入りを見届けた日本相撲協会の八角理事長は「来て下さった皆さんが、うれしそうに応援している姿を見て、感慨無量です。大相撲に携わってきて本当によかったなと感動した」と振り返りました。そして、自身も横綱・北勝海として行っていた雲竜型の土俵入りの出来栄えについて、「私は緊張していた。最初にしては立派なもので腰がちゃんと割れていた。腰が割れているからこそ相撲も強いし、足腰が柔らかいからせり上がりもスムーズでした。今後、続けていけば稀勢の里の土俵入りができてくる」と話しました。そのうえで、「期待されているというのを本人も実感したと思うが、これを重荷にしないで励みにして、精進してもらいたい」と今後への期待を寄せました。

集まった人 歴代2位の多さ

大相撲の72代横綱・稀勢の里が奉納土俵入りを行った明治神宮には、1万8000人が詰めかけました。日本相撲協会によりますと、これは58代横綱の千代の富士の時の1万人を大きく上回り、65代横綱の貴乃花の時の2万人に次ぐ多さだということです。・・・ 2017/1/27、NHK NEWS WEB 16時09分 配信より

私のコメント : 平成29年1月27日、大相撲の72代横綱に昇進した稀勢の里が、東京の明治神宮で奉納土俵入りを行い、ファンの前で初めて、「雲竜型」の土俵入りを披露した。 1909年6月場所、出羽海部屋から初土俵をふむ 若常陸 恒吉(わかひたち つねきち)幕内力士における、当時の日本相撲協会内における話題も、最近、津和野町日原において、私は、聞いている。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加