地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

鳥インフル コハクチョウから高病原性検出 鳥取・米子

2016年11月30日 | ボランティア活動
鳥インフル コハクチョウから高病原性検出 鳥取・米子

鳥取県は30日、同県米子市の米子水鳥公園で見つかったコハクチョウの死骸1羽と衰弱した1羽から、H5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。

11月20日に公園職員が2羽を発見。国の遺伝子検査で25日に陽性と判明したため、鳥取大が確定検査をしていた。環境省は25日から周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定している。

県内では、鳥取市内でもカモ類のふんから高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されている。【高嶋将之】・・・ 2016年11月30日 毎日新聞 20時46分(最終更新 11月30日 20時46分)配信より

私のコメント: 日本海沿岸 各地、鳥インフル 高病原性 検出が、現在、見うけられるようになり始めた。近県の地方自治体でも、気をつけていかれたいと願う。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保守系学者から退位容認論=有識者会議が最終ヒアリング

2016年11月30日 | 宮内庁
保守系学者から退位容認論=有識者会議が最終ヒアリング

天皇陛下の生前退位などについて検討する政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」は30日午前、5回目の会合を首相官邸で開き、憲法や行政法の専門家5人を招いて最終回となるヒアリングを実施した。焦点の退位の是非について、保守系の百地章国士舘大院客員教授は高齢を理由とした「譲位」を例外的に認め、大石真京大院教授ら3人も賛成・容認論を展開。一方、八木秀次麗沢大教授は反対の立場を表明した。

ヒアリングは今回が3回目。百地氏らのほか高橋和之東大名誉教授、園部逸夫元最高裁判事から、退位とその制度化の是非、公務負担軽減策など計8項目について見解を聴いた。結果は、来年1月をめどに予定する論点整理に反映させる。

百地氏は原則論として「終身制の維持」を主張。同時に、高齢の天皇が病気により「人間としての尊厳が侵害される」可能性も指摘、例外的な措置として「譲位」に理解を示した。

大石氏は、高齢を理由とした天皇自身の退位の意思を前提に、皇室会議の議決や内閣の助言と承認を要件として「退位を認めるべきだ」と明言。園部氏も高齢などの要件や天皇の意思確認の手続きを明確にすることを条件に、退位制度の導入を訴えた。高橋氏は「憲法は退位制度の創設を禁止はしていない」との見解を示した。

退位の制度化について百地氏は、皇室典範に例外的な退位を認める根拠規定を置いた上で、特別措置法を制定する方法により、どの天皇にも適用される制度とするよう主張。大石氏も恒久的な制度化を求めた。

これに対し、園部氏は「検討に時間がかかる」として一代限りの特措法での対応を提唱。高橋氏も「現天皇のみを対象とした特例法で定めることも憲法上は可能」と指摘した。

一方、保守派の八木氏は、天皇の自由意思による退位を容認すれば「皇位の安定性を一気に揺るがす」と強調。公務の縮小や、国事行為臨時代行制度の活用などによる対応を唱えた。(2016/11/30-12:43) ・・・ 平成28年11月30日(水)、時事通信 12:43 配信より

私のコメント: 日米安保条約下、
・・・・・ プラザ合意、消費税導入、消費税増税、郵政民営化、教育制度改革、年金制度改革、農業制度改革、医療保険制度改革、税制改革、・・・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米F35事故、山口知事に説明=ワイヤ固定器具の破損原因―外務・防衛省

2016年11月30日 | 日米安保条約
米F35事故、山口知事に説明=ワイヤ固定器具の破損原因―外務・防衛省

米軍岩国基地(山口県岩国市)に配備予定の海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bが10月、米国で飛行中に起こした事故について、外務省の岸信夫副大臣と防衛省の宮沢博行政務官が29日午前、山口県庁を訪れ、村岡嗣政知事らに原因を説明した。機体の兵器格納倉内のワイヤを束ねる固定器具が破損したことが原因とする米側の調査結果を伝えた。岩国市にも説明する。宮沢政務官は「米側は機体の構造上の問題はないと判断している」と述べ、改めて同機の配備に理解を求めた。事故は現地時間の10月27日、米サウスカロライナ州の海兵隊ビューフォート基地のF35Bが、訓練飛行中に出火。機体は着陸し、けが人はなかったが、米海軍安全センターは200万ドル以上の損害などが出た重大事故に適用する「クラスA事故」に分類した。調査結果では、胴体の兵器格納倉内で、ワイヤを束ねるブラケットと呼ばれる器具が破損。固定が不十分になり、機体の振動などによる摩擦でワイヤ保護膜が剥がれ、電気系統と油圧系統に障害を与え出火したという。・・・ 平成28年11月29(火) 、時事通信 12:50配信より

私のコメント: 平成28年11月30日(水)、山口県 岩国市総合政策部 基地政策課 基地政策班長との間で、私は、対談をした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋篠宮さま51歳 陛下のお気持ち表明「良かった」

2016年11月30日 | 宮内庁
秋篠宮さま51歳 陛下のお気持ち表明「良かった」

秋篠宮さまは51歳の誕生日にあたっての会見で、天皇陛下がお気持ちを表明されたことに触れ、「考えてこられたことを示すことができたのは大変、良かった」と述べられました。秋篠宮さま:「長い間、考えてこられたことをきちんとした形で示すことができた。これは大変、良かったことだと思います」秋篠宮さまは、天皇陛下のお気持ちについて「かなり以前から、折々にそういう考えがあることをうかがっていた」と話されました。そのうえで、高齢化などの皇室の現状を踏まえ、「活動ができる皇族が、できる範囲で仕事を行っていくことになるのでは」とご自身の考えを述べられました。 最終更新:11/30(水) 13:25  ・・・ 平成28年11月30日(水)、テレビ朝日系(ANN) 11:50配信より

私のコメント:平成28年11月29日に、山口県庁において、以下の内容に、その関係されている山口県庁の課長と私は、対談し 平成28年11月30日(水)、「山口県とエアソウルとの相互交流協定書」をもとに、第2条 ( 協力分野)の細則に関して、相互に、意見を交わし、「山口県とエアソウルとの相互交流協定書」の第2条 エアソウル側における内容に関し、私が、わからない点は、エアソウルへ お尋ねをいれた。

平成28年5月28日(土)、山口県立防府高等学校 同窓会長 杉山知行先生のもとへ、私は、平成28年5月15日、山口県防府市で、2016 九華会総会が、山口県立防府高等学校 同窓生 皆様のご協力により、無事に開催され、また、平成28年5月21日にも、2016年 山口県立防府商工高等学校 ( 同窓会 総会) 鳳翔会 総会が、山口県防府市で開催され、私は、旧職員・来賓として出席し、その際、平成28年5月15日、開催における九華会総会に参加された 山口県立防府高等学校 同窓生 からの指導・助言も私は、得た。山口県立防府商工高等学校 鳳翔会会長 土井章氏による式辞を拝聴した。2016年 山口県立防府商工高等学校 ( 同窓会 総会) 鳳翔会 総会開催 前、山口県立防府商工高等学校 校長室にて、今年度 新しく赴任された山口県立防府商工高等学校 栗林正和 校長先生へ、私は、平成28年5月19日、島根県 吉賀町教育委員会 教育長 青木一富様 宛て、私との間での対応が、現在に至り、はじまる経過説明についても、書面を示し、その説明をした。 その後の経緯について、関係している、その連絡文の写しを持って、説明に行った。その連絡文の写しは、事実経緯における前後間における説明も添えて、私から、山口県立防府高等学校 同窓会長 杉山知行先生へ手渡した。

その後、平成28年10月29日、第42回(平成28年度) 退職互助部山口地区 山口地区集会が開催され、「セントコア 山口」 懇親会において、元山口県立山口高等学校 沖浦初孝校長と私は、隣席し、当時の安倍晋太郎外務大臣が、日米・日露・日韓関係 沖縄 米軍基地の問題 等 における 山口県立山口高等学校 同窓会長としての外交上における山口高等学校同窓会 各会員に対して、その差配をされた役割についても、説明申し上げることができているため、その後の経過もあり、平成28年11月30日、私の身のまわりの状況については、山口県立防府高等学校 同窓会長 杉山知行先生へ相談し、山口県立防府高等学校 同窓会長 杉山知行先生から助言も私は、得ることができた。

平成28年11月30日、島根県益田市と島根県津和野町、吉賀町との私との各対応、及び、その公文書における、情報開示 結果、・・・等の経過も経て、日米安保条約下、山口県 岩国市 米軍 岩国基地 諸問題 等に関し、前参議院議員 亀井亜紀子先生へ 私は、連絡したい用件があるため、島根県 益田市 亀井久興先生、亀井亜紀子先生 事務所 鶴頭様へ連絡を入れ、そのおりに、島根県 益田市 亀井事務所 忘年会の日も教えてもらえた。

.........................
山口宇部空港と韓国との国際定期便就航 (山口県)

ことし開港50周年を迎えた山口宇部空港に初の国際定期便が就航だ。28日から来年3月にかけて韓国の仁川国際空港との間で運航するエアソウルの第一便が28日午後、山口宇部空港に降り立った。山口宇部空港初の国際定期便は午後3時半頃、滑走路に降り立ち、空港の消防車の放水アーチで迎えられた。国際線の旅客ターミナルビルでは、県のPR本部長「ちょるる」らが、到着した乗客に韓国語版の観光パンフレットや記念品をプレゼントした。山口県初めてとなる国際定期便を運航するのは、韓国・アシアナ航空の100パーセント子会社「エアソウル」だ。「山口宇部~ソウル仁川線」の就航記念セレモニーでは、村岡知事が歓迎の言葉を述べた。この国際定期便は来年3月25日まで山口宇部と仁川との間を、週3往復する。きょうの第一便で韓国から訪れた人は152人で、折り返しの便には43人が搭乗した。訪れた韓国人の多くはツアー客で、5つのコースに分かれて県内と北部九州の観光地を巡るという。なお、来年3月以降の運航については、利用実績をみて継続するかどうか、検討するという。・・・ 平成28年11月28日、山口放送 17:42  配信より

私のコメント: 平成28年11月28日、山口宇部空港 国際線の旅客ターミナルビル 村岡嗣政山口県知事、久保田后子宇部市長、山口県 初めてとなる 国際定期便を運航する韓国・アシアナ航空の子会社「エアソウル」航空会社 関係者が、出席し、村岡知事から、国際定期便 アシアナ航空 子会社「エアソウル」への歓迎の言葉を述べられた。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政府、日韓合意への影響懸念=3カ国会談開催も厳しく

2016年11月29日 | 社会 経済
政府、日韓合意への影響懸念=3カ国会談開催も厳しく

韓国の朴槿恵大統領が任期満了前の退陣を表明したことを受け、日本政府内では昨年末の慰安婦問題に関する合意などへの影響を懸念する声が広がった。

韓国の国内世論の反発が残る中、後継政権が合意を覆す可能性も否めないためだ。日本が議長国として調整している日中韓3カ国の首脳会談についても悲観的な見方が強まっている。

岸田文雄外相は29日、国会内で記者団に、日韓合意について「両政府が合意内容を誠実に履行することに尽きる」と強調。日中韓首脳会談に関しては「議長国として年内開催に向け努力する方針に全く変わりはない」と述べた。

朴政権と交わした日韓合意に基づき、元慰安婦へ現金を支給する事業は既に始まっているが、韓国の野党や民間団体は合意の白紙化などを要求している。韓国側が「努力する」と約束した日本大使館前の少女像の撤去も進んでいない。政府関係者は「合意がご破算になるかもしれない」との見方を示した。

日韓間では23日に、両国の防衛機密を共有して対応の精度を高める軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結したばかり。これに対しても韓国内には不満があり、外務省幹部は「影響がないことを期待している」と不安げに語った。

朴大統領が事実上「死に体」化したことで、韓国の外交に支障が出ることは避けられない。別の日本政府関係者は、年内の日中韓首脳会談について「厳しいだろう」と指摘。与党幹部からも「朴氏辞任は日本のプラスにはならない」と日韓関係の先行きを懸念する声が上がった。  ・・・ 平成28年11月29日(火)、時事通信 16:18配信 より

私のコメント: 韓国の朴槿恵大統領が任期満了前の退陣を表明したことを受け、韓国の外交に支障が出ることは避けられない。日本政府関係者は、年内の日中韓首脳会談について「厳しいだろう」と指摘。与党幹部からも「朴氏辞任は日本のプラスにはならない」と日韓関係の先行きを懸念する声が上がっている。日本外務省からの対応も、見守りたいものだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国・朴大統領、条件付きの退陣表明

2016年11月29日 | 外務省
韓国・朴大統領、条件付きの退陣表明

29日午後2時半、スキャンダルで窮地に立っている韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が緊急の記者会見に臨みました。「国政の混乱と空白を最小化して安定的に政権を移譲できる方案を用意してくれれば、その日程と法的手続きに従い大統領職から退きます」(朴槿恵大統領)初めて口にした「大統領を退く」という言葉。朴大統領は「安定的に政権が移譲できる」環境が整えば、という条件付きながら、任期満了を待たずに辞任する意向を表明しました。そして、政権移譲の枠組みと、自らの進退を国会にゆだねました。「大統領職の任期の短縮を含んだ進退を国会の決定に任せます」(朴槿恵大統領)また、自分と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告をめぐる、一連のスキャンダルについて「100回でも謝罪するのが当然」と述べながらも・・・「いかなる個人的な利益は受けていません。しかし周囲を管理できなかったのは結局、私の大きな誤りです」(朴槿恵大統領)自らの事件への関与は改めて否定しました。大統領の発言に対して、国会での弾劾を避けたい与党は「評価する」というコメントを発表。しかし、即時・無条件での退陣を求める野党側は猛反発しています。「ひと言で言うと弾劾を控えた、かく乱策で弾劾を避けるための小手先です」(最大野党「共に民主党」 チュ・ミエ代表)大統領の「条件」を一蹴し、すぐに退陣しないなら、あくまでも国会での弾劾手続きを進めると明言しました。3度目となる大統領の会見に市民は・・・

 「胸が痛い。よく発表した、本当に胸が痛む」(60代女性)
 「腹が立つ。待ちながら粘るんだと言っているようで」(20代女性)
 「結果的に大きな意味がないと思います」(30代男性)

大統領の退陣を求める集会は先週26日にはソウルで150万人、地方も含めると190万人に膨れあがっています。野党側は早ければ来月2日、遅くとも9日までに弾劾決議案を国会で採決する方針です。ただ、野党だけでは弾劾に必要な議席が足りないため今回の会見を受けて、与党で朴槿恵大統領に批判的な議員がどう動くのかがカギを握ります。(29日17:41)  最終更新:11/29(火) 20:40 ・・・ 平成28年11月29日(火)、TBS系(JNN) 16:54配信より

私のコメント: 平成28年11月29日(火)、朴大統領が、「大統領を退く」という言葉。朴大統領は「安定的に政権が移譲できる」環境が整えば、という条件付きながら、任期満了を待たずに辞任する意向を表明した。外務省は 外交政策で、その領土問題に関しても、日露会談より、日韓会談を後回しにしていいものであろか、・・・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国 パク大統領 任期満了待たずに辞任する意向表明

2016年11月29日 | 山口県庁
韓国 パク大統領 任期満了待たずに辞任する意向表明

長年の知人や側近らが起訴された事件で窮地に立たされていた韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領は、29日午後、国民に向けた談話を発表し、「政権移譲の方策を与野党が作ってくれるなら、それに従って大統領職から退く」と述べ、再来年2月の任期満了を待たず、与野党の決定を受けて辞任する意向を表明しました。

続きを読む

韓国のパク・クネ大統領は、一連の事件をめぐって、29日午後2時半から、3回目となる国民向けの談話を発表しました。

この中で、パク大統領は「大統領職の任期短縮を含めた進退の問題を国会の決定に任せる。与野党が議論して、国政の混乱と空白を最小化し、安定して政権を移譲する方策を作ってくれるなら、それに従って大統領職から退く」と述べ、再来年2月の任期満了を待たず、今後の与野党の決定を受けて辞任する意向を表明しました。

パク大統領をめぐっては、野党各党が弾劾を目指す動きを加速させ、来月2日にも国会の本会議で弾劾を求める議案の採決を目指していて、与党内からも同調する動きが出ていたことから、可決される公算が高まっていました。

29日の大統領の談話を受けて、与党、セヌリ党の幹部は「野党に弾劾に関する日程の再検討を求めたい」と述べ、弾劾の動きをいったん止めることを要請する意向を示しました。

しかし、野党側は、大統領の談話を受けても、弾劾に向けた手続きを進めるという考えを示していて、まだ与野党間で駆け引きが繰り広げられそうです。

パク大統領が任期途中で辞任すれば、韓国では1987年の民主化以降、初めてのことになります。

また、辞任すれば、憲法の規定ではファン・ギョアン(黄教安)首相が大統領の職務を代行し、辞任から60日以内に大統領選挙が行われることになります。

パク大統領をめぐっては、知人や側近らが職権乱用などの罪で起訴され、検察が、大統領も「共謀関係にあった」という判断を示しました。

また、国民の間でもパク大統領に対する極めて強い反発が収まらず、ソウルでは5週連続で退陣を求める大規模な抗議集会が開かれてきました。

パク大統領の支持率も最新の世論調査で歴代最低の4%まで落ち込むなど、退陣を求める世論の圧力が強まっていました。

ソウル市民「早期にみずから退陣すべき」

ソウル市民からは辞任する時期を与野党の決定に任せるのではなく早期にみずから退陣するべきだという声が聞かれました。

このうち、ソウル駅に設置されたテレビに見入っていた40代の男性は「きょうの談話は抽象的な表現で、いつ辞職するのかなどはっきりした時期について言及がなかった。国会の決定に任せるというやり方は時間稼ぎにも見えて憤りを感じるし、正しいやり方ではないと思う」と話していました。

また、20代の男性は「パク大統領がみずから早期に退陣して新しい大統領を選ぶことが、いまの国政の混乱を収束させる最善の道だと思う。名誉を保ったまま辞職したいならば今がもっともいいのではないか」と話していました。

外相「日中韓首脳会談開催に引き続き努力」

岸田外務大臣は国会内で記者団に対し、「韓国内政に関わる事柄なので、私の立場でコメントは控えたい」としたうえで、慰安婦問題をめぐる日韓合意について、「日韓両政府が合意の内容を誠実に履行していくと考えている」と述べました。

また、年内に日本で開催するよう調整している日中韓3か国による首脳会議について、「議長国として年内開催に向けて努力する方針に変わりはない。首脳会議の重要性に鑑みて引き続き努力していきたい」と述べました。

各国メディアも速報で伝える

パク大統領が再来年2月の任期満了を待たずに辞任する意向を表明したことについて、各国のメディアも速報で伝えました。

このうちロイター通信は、「追い詰められたパク大統領は、権力を手放す方策と、大統領職から退く時期について国会に判断を委ねた」と伝えています。

またイギリスの公共放送BBCは、「パク大統領は過去に2度も謝罪したものの辞任することを拒んでいた。大統領は退陣を求める声の高まりに直面していた」として、パク大統領は与野党からの批判にさらされるなか、任期満了前の辞任を決意せざるを得なかったという見方を示しています。

中国 今後の動向注視の姿勢

パク政権との関係が冷え込んでいる中国は、外務省の耿爽報道官が29日の定例の記者会見で「韓国の内政だ」と述べ、詳しい受け止めは示しませんでした。

一方で、耿報道官は「韓国の人たちには問題を適切に処理する知恵と能力があると信じている」とも述べ、今後の韓国の政界の動向を注視していく姿勢を示しました。・・・ 平成28年11月29日(火)、NHKNEWS WEB 16時58分配信より

私のコメント: パク大統領が再来年2月の任期満了を待たずに辞任する意向を表明したことについて、各国のメディアも速報で伝えた。ロイター通信は、「追い詰められたパク大統領は、権力を手放す方策と、大統領職から退く時期について国会に判断を委ねた」と伝えている。韓国の内政へ、日本外務省は、その関与しないとの立場 岸田外相は、現在、述べられている。今後の対応についても、日本国民は、注視していきたいものである。

..................................
平成28年11月29日(火)、山口県庁において、以下の内容に、その関係されている山口県庁の課長と私は、対談した。

山口宇部空港と韓国との国際定期便就航 (山口県)

ことし開港50周年を迎えた山口宇部空港に初の国際定期便が就航だ。28日から来年3月にかけて韓国の仁川国際空港との間で運航するエアソウルの第一便が28日午後、山口宇部空港に降り立った。山口宇部空港初の国際定期便は午後3時半頃、滑走路に降り立ち、空港の消防車の放水アーチで迎えられた。国際線の旅客ターミナルビルでは、県のPR本部長「ちょるる」らが、到着した乗客に韓国語版の観光パンフレットや記念品をプレゼントした。山口県初めてとなる国際定期便を運航するのは、韓国・アシアナ航空の100パーセント子会社「エアソウル」だ。「山口宇部~ソウル仁川線」の就航記念セレモニーでは、村岡知事が歓迎の言葉を述べた。この国際定期便は来年3月25日まで山口宇部と仁川との間を、週3往復する。きょうの第一便で韓国から訪れた人は152人で、折り返しの便には43人が搭乗した。訪れた韓国人の多くはツアー客で、5つのコースに分かれて県内と北部九州の観光地を巡るという。なお、来年3月以降の運航については、利用実績をみて継続するかどうか、検討するという。・・・ 平成28年11月28日、山口放送 17:42  配信より

私のコメント: 平成28年11月28日、山口宇部空港 国際線の旅客ターミナルビル 村岡嗣政山口県知事、久保田后子宇部市長、山口県 初めてとなる 国際定期便を運航する韓国・アシアナ航空の子会社「エアソウル」航空会社 関係者が、出席し、村岡知事から、国際定期便 アシアナ航空 子会社「エアソウル」への歓迎の言葉を述べられた。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口宇部空港と韓国との国際定期便就航 (山口県)

2016年11月29日 | 旅行
山口宇部空港と韓国との国際定期便就航 (山口県)

ことし開港50周年を迎えた山口宇部空港に初の国際定期便が就航だ。28日から来年3月にかけて韓国の仁川国際空港との間で運航するエアソウルの第一便が28日午後、山口宇部空港に降り立った。山口宇部空港初の国際定期便は午後3時半頃、滑走路に降り立ち、空港の消防車の放水アーチで迎えられた。国際線の旅客ターミナルビルでは、県のPR本部長「ちょるる」らが、到着した乗客に韓国語版の観光パンフレットや記念品をプレゼントした。山口県初めてとなる国際定期便を運航するのは、韓国・アシアナ航空の100パーセント子会社「エアソウル」だ。「山口宇部~ソウル仁川線」の就航記念セレモニーでは、村岡知事が歓迎の言葉を述べた。この国際定期便は来年3月25日まで山口宇部と仁川との間を、週3往復する。きょうの第一便で韓国から訪れた人は152人で、折り返しの便には43人が搭乗した。訪れた韓国人の多くはツアー客で、5つのコースに分かれて県内と北部九州の観光地を巡るという。なお、来年3月以降の運航については、利用実績をみて継続するかどうか、検討するという。・・・ 平成28年11月28日、山口放送 17:42  配信より

私のコメント: 平成28年11月28日、山口宇部空港 国際線の旅客ターミナルビルでは、県のPR本部長「ちょるる」らが、到着した乗客に韓国語版の観光パンフレットや記念品をプレゼントした。山口県初めてとなる国際定期便を運航するのは、韓国・アシアナ航空の子会社「エアソウル」だ。山口宇部空港 村岡嗣政山口県知事、久保田后子宇部市長、航空会社関係者が出席し、きょうの第一便で韓国から訪れた人は152人で、村岡知事が歓迎の言葉を述べた。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青森で鳥インフル…高級食材フランス鴨で確認

2016年11月29日 | 健康管理
青森で鳥インフル…高級食材フランス鴨で確認

青森県は28日、青森市内の農場で、フランス料理などの高級食材として使われるフランス 鴨(がも) 10羽が死んでいるのが見つかり、毒性の強い高病原性の鳥インフルエンザを確認したと発表した。

農林水産省によると、高病原性の確認は、 家禽(かきん) では今冬、全国で初めて。この農場では、約1万6500羽のフランス鴨を飼育している。県はこの農場で飼育されている全ての鳥類を殺処分する。

県畜産課によると、この農場では、フランス鴨を建物9棟で飼育している。28日朝、農場の管理者が、1棟で10羽が死んでいるのを見つけ、青森家畜保健衛生所(青森市)に連絡した。死んだ10羽のうち5羽と、同じ建物で弱っていた5羽の簡易検査を行った結果、9羽から陽性反応が出た。さらにウイルスの遺伝子検査を行い、高病原性と確認した。  ・・・2016年11月28日、読売新聞 23時42分 配信より
.............................
新潟、青森で家禽から鳥インフル 今冬初、32万羽超殺処分も

新潟県は28日、同県関川村の養鶏場の鶏から簡易検査で鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。青森県も同日、青森市の家禽農場で、食用アヒルから鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表。農林水産省によると、国内で家禽から陽性反応が出たのは今冬初めて。

関川村の養鶏場は鶏約31万羽を、青森市の農場は食用アヒル約1万6500羽をそれぞれ飼育。新潟、青森両県は、遺伝子などを調べる検査で高病原性鳥インフルエンザの陽性と確認されればいずれも全て殺処分する方針。

政府は28日夜、首相官邸の内閣危機管理センターに情報連絡室を設置。安倍晋三首相は情報収集や国民への正確な情報伝達などを関係省庁に指示した。・・・2016年11月28日、産経新聞 23:06配信より

私のコメント: 新潟、青森で 家禽から鳥インフル確認されたと発表 今回の発生より、 安倍晋三首相は情報収集や国民への正確な情報伝達などを関係省庁に指示した。都道府県 畜産課への農林水産省からの指導、支援活動についてもいのる。祭政一致。






 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首相動静―10月19日

2016年11月28日 | 健康管理
首相動静―10月19日

【午前】9時27分、官邸。54分、藤井聡内閣官房参与。10時50分、土居征夫城西大特任教授。11時3分、麻生太郎副総理兼財務相、財務省の佐藤慎一事務次官、福田淳一主計局長。39分、佐藤、福田両氏出る。56分、麻生氏出る。

【午後】0時6分、エドワード・ルトワック米戦略国際問題研究所シニアリサーチャーと昼食。秋葉剛男外務省外務審議官同席。1時3分、衆院第1議員会館。歯科診療室で治療。49分、官邸。51分、バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長と会談。竹田恒和日本オリンピック委員会(JOC)会長同席。2時15分、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、石兼公博外務省総合外交政策局長、防衛省の前田哲防衛政策局長、河野克俊統合幕僚長。3時16分、ブラジルのテメル大統領を出迎え。記念撮影。17分、儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼、儀仗。26分、テメル大統領と首脳会談。4時18分、署名式。共同記者発表。52分、働き方改革に関する現場との意見交換会。加藤勝信働き方改革担当相、塩崎恭久厚生労働相同席。6時5分、安全・安心なまちづくり関係功労者への表彰。記念撮影。37分、公邸。テメル大統領を歓迎する首相主催の夕食会。7時52分、テメル大統領を見送り。・・・ 平成28年10月19日、朝日新聞デジタル 19時24分配信より

私のコメント:平成28年10月19日、安倍晋三首相は、1時3分、衆院第1議員会館。歯科診療室で治療。49分、官邸。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首相動静―9月28日

2016年11月28日 | イベント
首相動静―9月28日

【午前】8時17分、官邸。24分、野上浩太郎官房副長官。55分、萩生田光一官房副長官。9時54分、国会。55分、参院議長応接室。10時1分、参院本会議。11時50分、衆院第1議員会館。歯科診療室で治療。

【午後】0時20分、官邸。57分、柴山昌彦首相補佐官。1時6分、本田悦朗スイス大使。22分、岸田文雄外相、外務省の杉山晋輔事務次官、秋葉剛男外務審議官。53分、国会。55分、衆院議長応接室。2時2分、衆院本会議。4時44分、甘利明自民党衆院議員。46分、官邸。50分、石原伸晃経済再生担当相、内閣府の西川正郎事務次官、羽深成樹内閣府審議官。5時41分、東京・元赤坂の迎賓館。6時18分、特別儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼、儀仗。25分、シンガポールのリー・シェンロン首相と首脳会談。7時11分、同国の故リー・クアンユー元首相の勲章伝達式。21分、文書交換式。24分、共同記者発表。51分、首相夫妻主催の夕食会。9時33分、東京・富ケ谷の自宅。 ・・・ 平成28年9月28日、朝日新聞デジタル 22時24分配信より

私のコメント: 平成28年9月28日11時50分、安倍首相、衆院第1議員会館。歯科診療室で治療された。安倍首相は、訪露中にも、歯科治療されている。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「多様化する社会で、主体的に貢献できる人」を育てる私学の教育

2016年11月27日 | 日本女子大学
「多様化する社会で、主体的に貢献できる人」を育てる私学の教育

私立中高一貫校による公開講座シリーズ「<多様化する社会で、主体的に貢献できる人>を育てる私学の教育」(全4回、主催・毎日新聞社、協賛・日能研)の第3回が6日、日本赤十字看護大(東京都渋谷区)で開かれました。麻布中学校・高等学校の平秀明校長と日本女子大学付属中学校・高等学校の下村由紀子副校長が、教育について語り合いました。桜美林大学の田中義郎教授がコーディネーターを務め、約200人の来場者が熱心に耳を傾けました。【まとめ・山根真紀、写真・猪飼健史】  ・・・ 2016年11月25日、毎日新聞 東京朝刊より

私のコメント: 教育機関 関係者皆様のご活躍を祈る。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口県長門市で日露首脳会談 桜咲くか、安倍父子の執念

2016年11月27日 | 外務省
山口県長門市で日露首脳会談 桜咲くか、安倍父子の執念

来月15日、山口県長門市で日露首脳会談が開かれる。市内には安倍晋三首相の父、晋太郎元外相の墓があり、プーチン大統領が立ち寄る可能性も取り沙汰されている。晋太郎氏は、両国の平和条約締結に力を注ぎ、志半ばで倒れた。父子2代にわたる思い入れを知る関係者は、首脳会談に深い感慨を抱く。(大森貴弘)

                  ◇

9月中旬、山口県下関市。安倍首相の支援者による会合に昭恵夫人が招かれた。食事をしながら、話題は日露首脳会談に移った。

「なぜ、長門でやることになったんですか」。こう問う出席者に、夫人は答えた。

「主人は、父が日ソ外交に命をかける姿を、秘書として間近で見ていました。直接聞いたわけではありません。ですが、主人は『父が眠る長門で(首脳会談を)やりたい』と、強く思っていたはずです」

普段、笑顔を絶やさない。その夫人の表情が、いつになく真剣だったという。会場は水を打ったように静まりかえった。

晋太郎氏の代から知る支援者の中には、ハンカチで目頭を押さえる人もいた。

                 × × ×

「外交の安倍」-。晋太郎氏はこう評された。

昭和57年11月、中曽根康弘内閣が発足し、外相に就任した。

竹下登、宮沢喜一両氏と並び政界のニューリーダーと呼ばれ、将来の首相候補と目された。

晋太郎氏の外相在任は3年8カ月に及んだ。

半世紀にわたって後援会を支える幹部(80)は、冗談ともつかないぼやきを覚えている。

「外相っていうのは、選挙で得になるポジションじゃないからね…」

働きぶりは言葉と裏腹だった。幹部は「晋太郎先生は信念を持って、外交に臨んでいた。自分の体も顧みずに、何十カ国も飛び回ったんです」

中でも、力を入れたのが対ソ連外交だった。冷戦下だった。北方領土問題やソ連の太平洋への軍事的進出などに加え、58年9月には大韓航空機撃墜事件が発生した。日ソ関係は冷え切っていた。

選挙で得することは何もないばかりか、下手に首を突っ込めば、政治生命を脅かしかねない-。

周囲から懸念の声も上がった。それでも晋太郎氏は、ソ連を訪問し要人との接触を重ねた。

「筋を曲げての関係改善は、将来に禍根を残す」。晋太郎氏は日本の立場も主張し続けた。

「先生は地元で、こんな話をしてくれました。『ソ連では真冬でも、官僚との打ち合わせは外套を着て部屋の外でやるんだ』と。盗聴を懸念してのことでしょう。それだけ日本の国益を、真剣に考えていた」(後援会幹部)。

一連の交渉には、外相秘書官として安倍晋三首相も同行した。

晋太郎氏の努力は少しずつ花開いた。61年1月、ソ連外相が来日した。10年ぶりのことだった。このとき作成された日ソ共同コミュニケには「日ソ平和条約の内容となり得べき諸問題を含め、同条約締結に関する交渉を行った」と明記された。

ソ連側を、領土問題を含む平和条約交渉の土俵に引き戻したといえる。

晋太郎氏は61年7月に外相を辞任した。その後の自民党総裁レースで、竹下登氏の後(こう)塵(じん)を拝し、党幹事長に就任した。

その頃から、体調が悪化し入退院を繰り返した。がんだった。それでも対ソ外交に関わり続けた。

平成2年1月、自民党代表団の団長としてモスクワを訪れ、ゴルバチョフ大統領に「領土の主張は日本の権利」と認めさせた。晋太郎氏は「来年の桜の咲くころに、(日本に)おいでください」と呼びかけた。

                 × × ×

どんな思いで対ソ交渉を進めたのか。対談集「新世紀への架け橋」(ライフ社)に、こんな発言が残っている。

「ソ連があれだけ市場経済を導入して、そして自由経済の方向へ進もうということだし、民主化を進めていくんですから、日本の経済界も大型調査団をどんどん出して、投資だとか、いろんな面で民間も経済協力したらいいんです」

ゴルバチョフ氏との会談から8カ月後の平成2年9月。モスクワ近郊の空港に、文化交流などを目的とする訪ソ団が、政府専用機で降り立った。小渕恵三元首相を団長とし、国会議員や北島三郎氏ら芸能人、そして地元・下関市の若手経営者ら100人近くも同行した。

昼間は赤の広場やクレムリンなどを見学し、夜はソ連側が開いた歓迎会に出席した。

「皆、晋太郎先生の招きで集まったんです。民間交流を積み重ねることで、平和条約にこぎ着けようとした。自分の目の黒いうちに、北方領土返還に筋道を付けたいという思いがあったのでしょう」

訪ソ団に加わった後援会幹部(65)は、こう語った。

翌3年4月、ゴルバチョフ氏が来日した。

入院中だった晋太郎氏は、衆議院議長公邸で開かれた昼食会に駆けつけた。やせた体を悟られないよう、スーツの下に綿入れのベストを着込んだ。

ゴルバチョフ氏は「私は約束を果たしました。そろそろ桜が咲きますよ」と声をかけたという。

病院からゴルバチョフ氏と面談し、病院に戻るまで、安倍首相は晋太郎氏にずっと付き添った。

1カ月後、晋太郎氏はこの世を去った。それから四半世紀。安倍首相の日露首脳会談にかける思いの強さは、いかばかりか。

ロシアは北方領土の国後島と択捉島へ新たにミサイルを配備した。プーチン大統領は今月20日の記者会見で平和条約締結は「容易ではない」と語った。

日露首脳会談の行方は予断を許さない。それでも、親子2代を知る地元関係者は、固唾を呑(の)んで会談を見守る。・・・ 平成28年、2016年.11月25日(金)、産経新聞 07:05更新配信より

私のコメント: 生前の安倍晋太郎代議士は、山口県立山口高等学校同窓会長も勤められ、当時の山口県立山口高等学校同窓会の同窓生、同窓会からの意見も、良く聴かれて、その意見を参考にされながら、日本の領土問題 等へも、外務大臣として、また、自民党幹事長としても、その対応をされていた。

「編集者魂」 高橋一清著 集英社文庫

...................................
秋サケ大不漁、30年で最低…おせち困った

秋サケが深刻な不漁に陥っている。

漁期は既に終盤に入っており、ここ30年で最低水準の水揚げ量となりそうだ。不漁に伴って卸売価格も上がり、お歳暮やおせち料理の食材にも影響が出ている。

観光客らでにぎわう東京・築地の場外市場。「鮭(さけ)の店」の看板を掲げる昭和食品では11月中旬、年末年始の贈答品として人気の新巻きザケが1匹1万円前後で売られていた。築地市場のサケの卸値は前年同期と比べて1・5倍で、日によっては2倍近くにもなる。佐藤友美子社長(56)は「お歳暮の時期はかきいれ時。卸値は高いが、値上げはなるべく避けて、薄利多売でいきたい」と話す。

水産研究・教育機構北海道区水産研究所のまとめによると、10月末までの全国のサケの水揚げは2321万匹で、前年同期と比べて3割少ない。主力水揚げ地の北海道のほか、本州の三陸沖や日本海側でも不漁傾向だ。サケの南下に伴って漁は年末まで続くが、大幅な回復は難しい状況で、今年度の最終的な漁獲量は、ピークだった1996年度(8879万匹)の3分の1程度にとどまりそうだ。・・・ 平成28年11月26(土)、読売新聞 20:17配信より

私のコメント: 秋サケが深刻な不漁に陥っている。漁期は既に終盤に入っており、ここ30年で最低水準の水揚げ量となりそうだ。 水産研究・教育機構北海道区水産研究所のまとめによると、10月末までの全国のサケの水揚げは2321万匹で、前年同期と比べて3割少ない。主力水揚げ地の北海道のほか、本州の三陸沖や日本海側でも不漁傾向だ。
 プラザ合意。消費税導入。消費税の増税。郵政制度改革。マイナス金利政策。年金制度改革。農業・水産業制度改革。医療福祉制度改革。教育制度改革。領土問題。島根県 竹島、北方領土 、日露首脳会談。 「オホーツク街道」 司馬遼太郎 ・・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博多駅前道路陥没 再び路面が沈下 市民からは不安の声

2016年11月26日 | 道路情報
博多駅前道路陥没 再び路面が沈下 市民からは不安の声

11月8日に、大規模な陥没事故が起きた福岡市のJR博多駅前の道路で、再び路面が沈下しているのが確認された。通行再開から、わずか11日。安全面に問題はないのか。市民からは、不安の声も聞かれた。

JR博多駅前の市道に、再び緊張が走った。

本来にぎわっているはずの繁華街は、緊急車両と多くの警察官で埋め尽くされ、市民が遠くから不安そうに現場を眺めていた。

JR博多駅前では、「またかって感じ」、「将来的に大丈夫なのかなという不安が、一番ですね」などといった声が聞かれた。

26日未明、現場で道路のモニタリング調査を行っている作業員が、およそ1.5cmの路面沈下を確認、110番通報した。

現場は全面通行止めとなり、午前2時40分ごろには、最大で、深さおよそ7cmまで沈下が拡大。

その後、安全が確認されたため、およそ4時間後の午前5時半ごろに、通行規制が解除された。

長さおよそ30メートル、深さおよそ15メートルにも及ぶ、あの陥没事故が起きたのは、18日前のことだった。

ライフラインは寸断され、店の営業や企業活動などに大きな影響が出た。

急ピッチの復旧工事で、陥没事故からわずか1週間での通行再開。

福岡市は、地盤の強度は、これまでのおよそ30倍になったと説明していた。

この早業に対して、イギリスのデイリーメール紙が「日本の大規模陥没事故は、たったの1週間で修復された」と報じるなど、海外メディアからも称賛の声が上がっていた。

その矢先に起きた、今回の沈下騒動。

福岡市交通局の角 英孝建設部長は「通行止めを起こしたことは、非常に申し訳なかったと思います」と話した。

市の交通局は、陥没を埋め戻したセメントを含む特殊な土の重みで、下部の地層が圧縮されたことが原因との見解を示し、一時通行止めになったことを謝罪した。

また、大成建設・秋里 乃武宏土木部長は「沈下量の解析の予測、最大80mmですが、その範囲内であったことを確認したので、午前5時30分に通路を開放した」と話した。

福岡市は今後、通行止めになるような路面の沈下は考えられないが、24時間態勢で、路面の状況を監視するとしている。 最終更新:11/26(土) 20:17 ・・・ 平成28年11月26日(土)、フジテレビ系(FNN) 20:05配信より

私のコメント: 福岡県 博多駅前道路 陥没 再び路面が沈下 市民からは不安の声

11月8日に、大規模な陥没事故が起きた福岡市のJR博多駅前の道路で、再び路面が沈下しているのが確認された。通行再開から、わずか11日。安全面に問題はないのか。福岡市民からは、不安の声も聞かれた。

道路 等の建設整備事業については、その関係する事故が発生しないように、全国で、関係される建設会社からは、事故防止のために、地震・気象における変化 等においても、事故が発生することも防ぐため、その各地域の道路や河川における情報提供も、事故防止のために、各地で、その情報の提供する者より、有益な情報を受けれやすい体制 整えられ、今後、更に、その配慮もされていきたいと願う。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「 明かなる事、日月にすぎんや  浄き事、蓮華にまさるべきや 」

2016年11月26日 | 仏教
「 明かなる事、日月にすぎんや  浄き事、蓮華にまさるべきや 」

法華経に、法華経の予言 本化 上行菩薩の御徳について 「 世間の法に染まざること、蓮華の水に在るが如し。 」とあり、塔中別付嘱を蒙った上行菩薩は末法の世に現れて、「日月の光明の能く諸の幽冥を除くが如く、斯の人世間に行じて、能く衆生の闇を滅す。」と説かれます。この法華経の予言通り、本化上行菩薩の再誕として日蓮聖人は、鎌倉時代 、ご降誕になり、「神力品」の「如日月光明」の「日」と、「涌出品」の「如蓮華在水」の「蓮」の二字を採って「日蓮」と名乗られた。

「 闇なれども 燈入りぬれば 明かなり。濁水にも、月入りぬれば すめり。 明かなる事、日月にすぎんや、浄き事、蓮華にまさるべきや。 法華経は、日月と蓮華となり。 」 と申されている。 ・・・・ 『 四条金吾女房御書 』[(定)四八四(縮)六七一(類)八四五]より、



コメント
この記事をはてなブックマークに追加