地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

全国高校サッカー・山口県鴻城がPK戦で初戦突破

2015年12月31日 | 東京オリンピック
全国高校サッカー・山口県鴻城がPK戦で初戦突破

全国高校サッカー選手権1回戦が31日行われ、初出場の山口県鴻城が日大山形と対戦。PK戦で選手権初勝利を飾った。青のユニフォーム山口県鴻城は初戦、ピンクのユニフォーム日大山形と対戦した。創部66年目で選手権初出場を果たした県鴻城は、ゴールキーパー川島を中心に粘り強い守りで相手にゴールを割らせない。防戦一方だった県鴻城、前半30分過ぎ、サイドからのクロスに8番山本が合わせるがゴールはならない。その後も相手の猛攻をしのいだ県鴻城、0-0で前半を折り返す。後半も相手の猛攻をしのぐ展開となった県鴻城。ゴール前、4番松本の必死のクリアなどで相手に得点を許さない。試合はこう着状態が続き0-0のまま、PK戦へ。ゴールキーパー川島が相手3人目を止める。県鴻城はすべてシュートを決め、相手4人目。シュートはポストにはじかれ、試合終了。初出場の山口県鴻城がPK戦で日大山形を下し、選手権初勝利を飾った。2回戦は年明けの1月2日午後2時10分から山梨県代表の帝京第三高校と対戦する。試合の模様はKRYテレビで実況生中継する。 [ 12/31 16:32 山口放送]  ・・・ 平成27年12月31日(木)、鹿児島読売テレビ KYT 配信 記事より

私のコメント: 利休箱 代金 、 山口県 裏千家  社中




「 The Japanese-German Conference in Tokyo, Sept. 25-27, 1979 」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秀吉役に小日向文世さん NHK大河「真田丸」出演者発表

2015年12月31日 | 芸能人
秀吉役に小日向文世さん NHK大河「真田丸」出演者発表

NHKは24日、来年放送する大河ドラマ「真田丸」の新たな出演者を発表した。豊臣秀吉役は小日向文世さんに決定。秀吉の側室、茶々(淀)を竹内結子さん、秀吉の正室、北政所を鈴木京香さんがそれぞれ演じる。

 小日向さんは記者会見で、「子供の頃から大河は大好きで、緒形拳さんが『太閤記』でやったのと同じ役をやらせていただき、感動している。両手に花で、役者冥利に尽きる」と、にこやかに語った。

 このほか、千利休を桂文枝さん、石田三成を山本耕史さん、大谷吉継を片岡愛之助さんがそれぞれ演じる。また、ドラマの題字を左官職人の挟土秀平さんが担当する。

 脚本は三谷幸喜さんが担当。堺雅人さん演じる真田信繁(幸村)を主人公に、戦国の荒波を生き抜く武将たちの活躍を描く。



 この日発表された「真田丸」の新たな出演者は以下の通り。

 豊臣秀吉=小日向文世

 茶々=竹内結子

 北政所=鈴木京香

 千利休=桂文枝

 片桐且元=小林隆

 石田三成=山本耕史

 大谷吉継=片岡愛之助

 豊臣秀次=新納慎也

 豊臣秀頼=中川大志

・・・ 2015.9.24  産経新聞 13:01更新より

私のコメント: 真田信繁(幸村)は、永禄10年(1567年)、父は真田昌幸(当時は武藤喜兵衛)、母は正室の山手殿の次男として生まれたとされ、武田遺領を巡る争いがおこり、信濃・越後 上杉氏の人質として、その武士として生きる、生活の智慧も得て、真田幸村は、成長していきました。今回のNHK大河「真田丸」では、どのような、そのストーリーが展開していくか、NHK大河 「花燃ゆ」後における日本の現況とも照らし合わせて、視聴していくかということが、NHKの視聴者にとって、とても 重要です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温暖化  41都道府県「被害」 コメや果樹品質低下

2015年12月30日 | 農業
温暖化  41都道府県「被害」 コメや果樹品質低下

全国の都道府県の8割以上で、過去10年にコメや果樹に地球温暖化の影響と見られる品質低下などの被害が確認されていることが、毎日新聞のアンケートで分かった。一方、被害軽減策の「適応計画」を策定済みか、策定予定の自治体は約半数しかなく、対策が遅れている実態が明らかになった。

 調査は11月、全国47都道府県を対象に書面で実施。農業への温暖化の影響を尋ねたところ、過去10年にコメの品質などに影響があったと回答したのは41道府県に上った。特に記録的な猛暑だった2010年に、各地で粒の中が白く濁る「白未熟粒」などによるコメの品質低下が深刻化し、1等米比率が大きく低下したことを挙げた自治体が多かった。果樹への影響も39都道府県に上り、病害虫の発生や、リンゴの色づきの悪さなどが起きていた。

 さらに「温暖化によるコメの品質低下は『懸念』ではない。既に影響は表れている」(高知)▽「09年以降、1等米比率低下、規格外の増加といった影響が著しい」(兵庫)など、深刻さを訴える声もあった。

 適応計画については、5県が策定済み、18都府県が策定を予定と回答したが、「必要性も含めて検討中」が23道府県、「予定はない」も1県あった。

 検討中である理由について「専門知識を持つ職員が少ない」(岩手)▽「予算的に厳しい」(三重)▽「参考にできる事例が少ない」(京都)などの回答があった。また「国が予算的な裏付けを示すこと」など国の支援を求める回答も多かった。

 国レベルの適応計画は11月にまとまり、暑さに強い作物の開発や大雨災害対策など7分野の対策が盛り込まれた。だが、それぞれの対策に法的義務はなく、自治体の計画を後押しするために必要な予算額や具体的な目標達成時期は盛り込まれていない。【渡辺諒、大場あい】

農家から不安の声 極端な天候、対応に限界

「高温傾向でリンゴに蜜が入りやすくなるのはいいが、果実が柔らかくなり、店頭で日持ちしにくい。高温や豪雨、少雨など、毎年過去に経験のない『異常気象』に襲われているようだ」。親の代から山形県内でリンゴを栽培する農業の男性(67)は地球温暖化への懸念をあらわにする。

 リンゴやブドウの着色不良、ウンシュウミカンの皮と果肉の間に隙間(すきま)ができる「浮き皮」など高温による品質低下が、全国的に発生している。

 男性によると、最近登録された品種の被害は比較的少ないが、主力のリンゴ「ふじ」(1962年品種登録)のように、温暖化が深刻化する前に誕生した品種への影響は大きいという。リンゴ生産量日本一の青森県などでも、高温でも色づきが良くなるような暑さ対策を進めているが、極端な気象への対応には限界がある。

 気象庁などのデータによると、日本の年平均気温は1900年からの100年間で約1度上昇した。全国51地点の平均で、1日当たりの降水量200ミリ以上の大雨の日数は100年間で約4割増加。同100ミリ以上も3割弱増えた。一方で少雨の日数は減少傾向にあり、専門家は「温暖化の影響で、大雨が増えて少雨が減るという極端な天候になりやすい」と指摘する。

 農業環境技術研究所の桑形恒男上席研究員は「コメに関しては10年ほど前から品質低下の被害が顕在化し始め、国や自治体が協力して取り組んでいる。ただし、品種改良には時間がかかり、継続的な取り組みが重要。コメや果樹の品質低下は地域農業への影響が大きく、早急な対策の導入が必要だ」と指摘する。【大場あい、渡辺諒】

 【ことば】適応計画

 地球温暖化による農作物や健康面などへの被害を減らすための対策をまとめた計画。気温上昇を抑える温室効果ガスの排出削減と並ぶ温暖化対策の柱。国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で今月採択された2020年以降の温暖化対策の新しい国際枠組み「パリ協定」では、世界全体で被害軽減に取り組むことが決まった。  ・・・ 毎日新聞2015年12月30日 10時00分(最終更新 12月30日 10時00分)より

私のコメント: 全国の都道府県の8割以上で、過去10年にコメや果樹に地球温暖化の影響と見られる品質低下などの被害が確認されていることが、毎日新聞のアンケートで分かった。くにもとより、祭政一致を願う。日本国内においては、何が、その原因なのかも、大局的な立場で、その関係者と関係機関においては、今後、更に、その解明努力し、その内容には、注意を払っていかなければいけない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あなた誰よ!日本の外務省か!」 元慰安婦、面会の韓国外務省高官を罵倒

2015年12月30日 | 文部科学省
「あなた誰よ!日本の外務省か!」 元慰安婦、面会の韓国外務省高官を罵倒

【ソウル=名村隆寛】日韓両政府による慰安婦問題の最終決着の合意を受け、韓国外務省高官は29日、元慰安婦の女性らと面会し、合意内容を説明した。これに対し、女性らは事前に相談がなかったなどと強く反発し、韓国政府による合意履行を前に、早くも暗雲が垂れこめている。

いきなり声荒げ…聞く耳持たず

 「あなた誰よ! 解決したと報告に来たわけ?」

 韓国メディアによると、元慰安婦支援団体、韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)のソウル市内にある関連施設を訪れた韓国外務省の林聖男(イム・ソンナム)第1次官に、元慰安婦女性の一人は面会冒頭、こう声を荒らげた。

 「何が外務省だ。所属は? 日本の外務省か」との非難も浴びせた。

 別の女性は「安倍晋三首相が直接『法的に間違っていた』と正式謝罪したわけでない」と批判。当事者らに相談なく、在韓日本大使館前の慰安婦像の撤去問題が合意に盛り込まれたことにも抗議したという。

林氏は元慰安婦らが「亡くなられる前に解決できるよう最善を尽くした」と理解を求め、膝を屈して「おしかりを受けにきた」とも述べたが、女性らが耳を傾ける様子はなく、平行線に終わったようだ。

大使館前の像「誰も手を触れられない」

 面会後、女性らは報道陣に「誰も手を触れられない」と改めて大使館前の像の撤去を拒否し、慰安婦像を「米国各地に設置した後、必ず東京の真ん中にも建てる」と語ったという。

 同省の趙兌烈(チョ・テヨル)第2次官も同日、ソウル郊外にある元慰安婦の支援施設「ナヌムの家」を訪れ、安倍首相のおわび表明などについて説明。「これ以上の名誉回復は難しい」と伝えた。

 大使館前の慰安婦像の周囲には、28日夜に立ち入り禁止のロープが張られた。しかし、29日には像の前で少数の市民活動家が散発的に抗議デモを行った。 ・・・ 2015.12.29 産経新聞 20:16更新より

私のコメント: 今までに、私は、日本の外交官や外務大臣のように、韓国へ旅行や仕事に行ったこともないので、韓国の状況はわからないが、韓国の女性は、「安倍晋三首相が直接『法的に間違っていた』と正式謝罪したわけでない」と批判。当事者らに相談なく、在韓日本大使館前の慰安婦像の撤去問題が合意に盛り込まれたことにも抗議したという 等 の 韓国内での対日感情は、かなり、深刻な状況、うかがえる。日本人は、韓国旅行へ、行くことは、控えたほうが、無難であると思われる。 竹島の日、来年は、山陰地方へも、その国内旅行、皆様へ、お勧めします。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高齢化、所在不明…未払い一時は20億円にも

2015年12月30日 | 郵政民営化問題
高齢化、所在不明…未払い一時は20億円にも

「契約者の死亡が確認できない」などの理由で未払いの保険契約が増えていることが、生命保険各社の調査で分かった。保険業界では2005年、支払いを不当に拒む不払いが問題となったが、今回は、高齢になった契約者との連絡が途絶えたり、受取人も亡くなったりしたため、保険金の請求自体なされていなかった。各社は昨夏以降の調査で20億円規模の未払いを確認し、支払ったが、高齢化を背景に「宙に浮く保険金」が多発している模様だ。高齢で寝たきりになったり、認知症になったりすると、保険会社の担当者との対応が難しくなるほか、保険料の払い込みが終わって連絡が途絶えがちになるなどの問題が発生する。多くの保険会社で、70歳以上の高齢者が契約者の2割前後を占めるようになり、金融庁は昨年、保険業界に対応を要請。生命保険協会が高齢者の連絡先を把握して支払い漏れを防ぐ指針を作成し、生保各社は昨夏から専門チームを設けるなどして調査を行った。中堅の富国生命保険と太陽生命保険は70歳以上、それ以外は主に90歳以上の契約者に連絡を取るなどして、死亡や疾病時の保険金を請求していたか確認。判明した保険金の未払いは、富国生命で446件、約12・3億円▽朝日生命保険で104件、約4・3億円▽三井生命保険で35件、約3億円▽住友生命保険で20件、約4800万円に上った。金額は判明していないが、太陽生命で約130件、明治安田生命保険で約70件、日本生命保険でも約20件あった。第一生命保険は未払いの有無を公表していない。所在が把握できた大半の契約は支払いを済ませたが、まだ所在不明の契約者もおり、調査を続けている。中でも、70歳以上の契約者を調べている富国生命と太陽生命は、所在不明で未払いの保険金があるかどうかも分からない契約者が富国で約1600人、太陽で約300人いる。生命保険の支払額は平均300万円で、このまま支払先が判明しなかった場合、単純計算で総額57億円分の保険金が宙に浮く計算だ。さらに、富国生命と太陽生命以外の調査は、契約数が多い70〜80代を対象外としている。大手の場合、70歳以上の契約者の総数は数百万に上り、訪問や電話などの確認作業に多大なコストと時間が必要になることなどが理由と見られる。「大手各社が70歳まで調査範囲を広げれば、未払いの数は数十万件に拡大する」(生保大手)との見方もある。【土屋渓】 ・・・ 平成27年12月6日、毎日新聞 2015年12月6日 08時00分(最終更新 12月6日 17時28分) 配信より

私のコメント: 「契約者の死亡が確認できない」などの理由で未払いの保険契約が増えていることが、生命保険各社の調査で分かった。大手の場合、70歳以上の契約者の総数は数百万に上り、訪問や電話などの確認作業に多大なコストと時間が必要になることなどが理由とのこと。「大手各社が70歳まで調査範囲を広げれば、未払いの数は数十万件に拡大する」(生保大手)との見方もある。 該当者は、日本郵政 かんぽ生命保険に関しては、その対応、全国で、すぐに、わかる。しかし、他の民間 保険会社は、複数社 あり、どの保険会社の窓口のどこへ、その関係する、相談をしにいったらよいのかと 等のわからないという、現況もある。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慰安婦合意 記憶遺産不参加を否定 日本側認識に韓国「事実無根」

2015年12月30日 | 文部科学省
慰安婦合意 記憶遺産不参加を否定 日本側認識に韓国「事実無根」

【ソウル=藤本欣也】慰安婦問題の最終決着をうたった日韓の合意を受け、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に慰安婦問題の関連資料の登録を申請する動きに韓国が加わらないとの日本政府の認識について、韓国外務省報道官は29日の定例記者会見で、「事実無根」だと否定し、日本との間で合意した事実はないと強調した。合意に対する日韓の認識の齟齬(そご)が早々に露呈した形だ。

 報道官は、記憶遺産申請について「韓国内の民間団体が主導して進めている」と説明。ただ、この団体は政府から委託され活動している。

 岸田文雄外相は28日、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との共同記者発表後、記者団に記憶遺産申請について「今回の合意の趣旨に鑑み、韓国が加わることはないと認識している」と説明していた。

 ■米独豪、合意を歓迎

 【ワシントン=青木伸行、ミュンヘン=宮下日出男】日韓両政府による慰安婦問題での合意を受け、ケリー米国務長官は28日、「米国の最も重要な2つの同盟国の関係改善に資する」と合意を歓迎する声明を発表した。オバマ米政権は安全保障上の必要性からも日韓の妥結を強く促してきた。

 ケリー氏は、合意が「最終的かつ不可逆的」なものであることを強調し、再び蒸し返されないことに期待感をにじませた。「日韓の指導者が合意に達した勇気と先見を称賛する」とし、「国際社会に合意を支持するよう求める」と訴えた。

 ドイツ外務省報道官は28日の声明で「日韓関係は新たな始まりへの展望が開かれる」と期待を示し、ビショップ豪外相は29日、「(地域の)国家関係に不可欠な和解を達成しようとする両政府のリーダーシップをたたえる」と強調した。・・・ 平成27年12月30日(水)、産経新聞 7時55分配信より


私のコメント:  

日韓の合意を受け、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に慰安婦問題の関連資料の登録を申請する動きに韓国が加わらないとの日本政府の認識について、韓国外務省報道官は29日の定例記者会見で、「事実無根」だと否定し、日本との間で合意した事実はないと強調した。

日韓の合意に対する日韓の認識における、その齟齬(そご)が早々に露呈した形となっているが、安全保障上好ましいものではない。ドイツ外務省報道官は28日の声明で「日韓関係は新たな始まりへの展望が開かれる」と期待を示し、ビショップ豪外相は29日、「(地域の)国家関係に不可欠な和解を達成しようとする両政府のリーダーシップをたたえる」と強調しているが、しかし、現況は、極東における国際間の国際緊張を一段と、それを高めている。

平成27年12月28日、岸田文雄外相は、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との共同記者発表後、記者団に記憶遺産申請について「今回の合意の趣旨に鑑み、韓国が加わることはないと認識している」と説明していた。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に慰安婦問題の関連資料の登録を申請に関しても、日本国民は、現在、どちらの国の主張、その言っていることを信じたらいいのかわからない現況もある。

ユネスコにおける記憶遺産登録の申請に関する問題は、今後、日本におけるユネスコへの文化財登録との問題とも関連していくため、その内容、日本にとっては、重大な外交問題となっていく。

ユネスコにおける記憶遺産登録については、現在に到る、その日本の外務大臣、外交官、外交官の出身者 皆様方からの外交活動についても、その記憶遺産登録が、今後、されていくという認識と危機感も、日本の外務官僚の皆様方に、それが働いて いかないと、日本外交、前進して いかないという状況に到っている。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Problems in Food and Reformation of Agricultural Structure In Japan

2015年12月30日 | 労働経済学
Problems in Food and Reformation of Agricultural Structure In Japan

-- -- Centering around Rice Surplus -- -- by Agricultural Policy Center




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「慰安婦」日韓合意 朴槿恵大統領、「年内」の対日改善にこだわったわけは…

2015年12月29日 | 外務省
「慰安婦」日韓合意 朴槿恵大統領、「年内」の対日改善にこだわったわけは…

【ソウル=名村隆寛】「慰安婦問題の年内解決」。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が11月の日韓首脳会談の前に示し、こだわり続けてきた目標が日韓外相会談の合意で実現した。日韓関係にからむ政治日程などが対応の背景にあったとみられる。朴大統領は28日夜、異例の国民向け談話を発表し、「韓日関係改善と大局的見地から、今回の合意について(元慰安婦の)被害者と国民の皆さんに理解していただけるよう願う」と呼びかけた。朴大統領は来年、日本で開催される日中韓首脳会談に出席する。ただ、日韓関係が冷え込む中、日本の世論は訪日に適したものとは言いがたい。韓国政府も、日本での対韓世論の悪化を気にかけている。訪韓する日本人観光客は激減。日本から韓国への投資や貿易の額も下がり続けている。低迷を続ける韓国経済にも影響が出ており、韓国では財界だけでなく、政権周辺からも危機感が伝わってくる。こうした現実に、朴政権は対日関係改善は必須と判断したようだ。来年2月には5年の大統領任期の4年目に入る朴大統領に残された時間は少ない。来年2月22日は日本の「竹島の日」で、3月1日は日本による朝鮮半島統治からの独立運動の記念日だ。4月には韓国で総選挙があり、日本では靖国神社の「春季例大祭」がある。「慰安婦問題の解決が日韓のデリケートな記念日や行事が続く時期まで延びることは避けたかった」(外交筋)ようだ。朴大統領は現時点まで、実績らしい実績は残せていない。経済に加え教科書国定化や失業、格差の拡大など難題が山積し、国民の不満は強い。慰安婦問題で合意を急いだ背景には、こうした事情もありそうだ。 ・・・ 平成27年12月28日(月)、 産経新聞 21:51 配信より

私のコメント: 朴大統領は来年、日本で開催される日中韓首脳会談に出席する。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口県 山口市 山口中央郵便局へ不着申告の件

2015年12月29日 | 郵政民営化問題
山口県 山口市 山口中央郵便局へ不着申告の件

平成27年12月29日(火)、島根県 益田市 亀井亜紀子先生の事務所 秘書より、私が出した郵便物が、相手方に、届かないという内容に関しての相談と連絡をして、島根県 益田市 亀井亜紀子先生の事務所 秘書からの助言を私は、得て、山口県 山口市 山口中央郵便局へ、郵便物の不着申告していた件で、その郵便物が、その相手方に届いたとの確認がとれた郵便に関して、その不着申告については、私から、それを取り下げた。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書類の非開示希望申出書

2015年12月29日 | 慶應義塾大学
平成27年12月29日(火)、「書類の非開示希望申出書」の件、その対応をする。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日韓合意 支援団体の説得困難 慰安婦像聖域化、挺対協「撤去受け入れない」

2015年12月29日 | 労働経済学
日韓合意 支援団体の説得困難 慰安婦像聖域化、挺対協「撤去受け入れない」

【ソウル=名村隆寛】ソウルの日本大使館の前に違法に設置された「慰安婦像」の撤去・移転について、韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相は日韓外相会談で、「関連団体との協議を通じて適切に解決するよう努力する」と確約した。しかし、韓国では慰安婦問題は“聖域”と化しており、誰も異を唱えられない雰囲気が広がっているのが実情だ。元慰安婦の多くや支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」(挺対協)は合意に反発しており、世論の説得も容易ではない。

 現在、解体され工事中の日本大使館の前に2011年、慰安婦像を設置したのが挺対協だ。地元の行政当局は設置許可さえ出しておらず、外国公館に対する侮辱行為はウィーン条約にも違反している。

 しかし、韓国政府は「民間団体が自発的に設置したものだ」(外務省報道官)とし、違法行為を黙認してきた。日本大使館前では毎週、像を囲んで対日非難の抗議集会が開かれている。

 今回、韓国政府は「公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知」(尹外相)したとし、ようやく日本の抗議を受け入れた。しかし、合意を受け28日に記者会見した元慰安婦の間では「韓国政府の決定に従う」との声が出た一方で、「合意は無視する」といった反発が強い。

 挺対協は合意を「被害者や国民を裏切る外交的談合だ」と非難し、像の撤去・移転に関し「韓国政府の介入はあり得ない」と猛反発した。韓国紙も「韓国社会での合意で移転はできようが、その象徴性のため政府が一方的に移転できない」(朝鮮日報)と否定的だ。

 また、慰安婦像が日本大使館前から撤去されても、別の場所に移される可能性が高い。像は韓国各地で増え続け、昨年から今年にかけてソウル市内や地方で新たに複数設置された。

 韓国だけでなく、米国各地にも慰安婦の碑や像が設置されている。外相会談で韓国側は「第三国での慰安婦関連の動きは支持しない」との認識を示したが、韓国紙は「韓国政府が海外の像に、何ができるのか」と断言している。

 韓国では来年新学期から小学高学年から高校までを対象に、新たに「慰安婦教育」の授業が始まる。「最終的かつ不可逆的な解決」で合意したにもかかわらず、慰安婦像は撤去どころか今後も増え続け、慰安婦問題が韓国国内で“歴史の真実”として語り継がれていく可能性は残っている。・・・ 平成27年12月29日(火)、産経新聞 7時55分配信より


私のコメント: 過去に、「 椅子に座る少女像 」の絵を 山口県立宇部高等学校 文化祭 美術部の展示場で、私は、見たこともある。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日韓合意「被害者も国民も理解を」…朴大統領

2015年12月29日 | 文部科学省
日韓合意「被害者も国民も理解を」…朴大統領

【ソウル=豊浦潤一】韓国政府は、慰安婦問題で合意した28日の日韓外相会談で、目標としていた「年内妥結」と、日本政府の「責任」表明を引き出した。

しかし、法的責任の認定などで譲歩した部分に対する韓国内の説得や日本大使館前の少女像の撤去など「重い宿題」を背負った。

朴槿恵(パククネ)大統領は会談後、「日韓関係改善と大局的見地から、今回の合意について被害者も国民も理解してほしい」と訴える国民向けメッセージを出した。

韓国外交省関係者も会談後、韓国報道陣に「日韓は先鋭化した立場の違いがある。現実の制約がある中、努力のたまものと評価してほしい」と強調した。

朴政権が慰安婦問題の交渉に臨む基本戦略は、日本が法的責任を認める可能性がない中で、日本政府の「責任」を明確化し、金銭給付を賠償の形に近づけ、野田政権時代の2012年に水面下で李明博(イミョンバク)政権に示された解決案よりも前進したものとすることだった。 ・・・ 平成27年12月29日(火)、読売新聞 配信より

私のコメント: 日本外務省と韓国政府は、慰安婦問題で合意した28日の日韓外相会談で、目標としていた「年内妥結」と、日本政府から、その「責任」表明を引き出し、日台間、日韓間、その外交における、そのパンドラの箱をあけてしまった。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<日韓慰安婦問題合意>台湾、同様の対応要求へ

2015年12月29日 | 文部科学省
<日韓慰安婦問題合意>台湾、同様の対応要求へ

【台北・鈴木玲子】台湾総統府は28日、「日本政府の行動を評価する。(台湾は)一貫して日本側に慰安婦に対する正式な謝罪と賠償を要求してきた。この揺るぎない立場で日本との交渉を求めていく」との報道官談話を発表した。外交部(外務省)は同日、台湾の駐日機関「台北駐日経済文化代表処」に対し、台湾の元慰安婦にも謝罪と賠償を行うよう日本側に求めることを命じたと明らかにした。

 馬英九総統は今年5月、就任7年記念式典に元慰安婦の女性を招くなど慰安婦問題に強い関心を持っており、2023年完成予定の軍事博物館に慰安婦の展示エリアを設ける方針を示している。

 一方、台湾で元慰安婦を支援する女性人権団体「婦女救援社会福利事業基金会」の康淑華執行長は28日、毎日新聞の取材に「20年来、日本に謝罪と賠償を求めてきた運動の中で大きな進展だ。日本政府が直接10億円を拠出することは評価に値する」と述べた。

 康氏は「日本が心からこの問題を解決したいと思うならインドネシアや中国、台湾などについても謝罪と賠償を考えるべきだ。政治的な協議ではなく、日本政府の誠実な謝罪が必要だ」とも指摘した。同団体によると、台湾の元慰安婦は少なくとも58人で、生存者は4人。同団体は台北市内に台湾初の慰安婦記念館を来夏に開設することを計画している。 ・・・ 平成27年12月28日(月)、毎日新聞 21時35分配信より

私のコメント: 平成27年12月28日、台湾総統府は、「日本政府の行動を評価する。(台湾は)一貫して日本側に慰安婦に対する正式な謝罪と賠償を要求してきた。この揺るぎない立場で日本との交渉を求めていく」と発表した。外交部(外務省)は同日、台湾の駐日機関「台北駐日経済文化代表処」に対し、台湾の元慰安婦にも謝罪と賠償を行うよう日本側に求めることを命じたと明らかにしたとのこと、今後、日本外務省から台湾総統府への対応も、注目されていくと思われる。馬英九総統は今年5月、就任7年記念式典に元慰安婦の女性を招くなど慰安婦問題に強い関心を持っており、2023年完成予定の軍事博物館に慰安婦の展示エリアを設ける方針を示している。



「 The Japanese-German Conference in Tokyo, Sept. 25-27, 1979 」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月末、公立高生75.9% 95年に次ぐ高水準 /山梨

2015年12月29日 | 労働経済学
10月末、公立高生75.9% 95年に次ぐ高水準 /山梨

県教委は11日、来春に公立高校を卒業予定の高校生の10月末現在の就職内定率が75・9%(前年同期比2・5ポイント増)だったと発表した。1995年の同時期(76・4%)に次ぐ水準で、製造業を中心に卸・小売業などの職種でも求人が増え、県教委は「希望職種に就職できるチャンスが拡大している」と分析している。

 高校教育課によると、来春の公立高卒業予定者は全日制と定時制を合わせて6584人。2割にあたる1319人が就職を希望している。希望者のうち10月末現在の内定者は1001人(前年同期比28人増)。内定率は75・9%で、男女別では、男子77・5%、女子73・3%だった。

 学科別では、工業科85・3%(同3・9ポイント減)▽商業科83・9%(同5・7ポイント増)▽総合学科79・8%(同7・2ポイント増)▽農業科76・2%(同10・8ポイント増)▽普通科42・9%(同2・6ポイント増)▽専門教育学科0%−−となった。同課によると、大学生の就職活動の時期が後ろ倒しになったことで、高校生への採用連絡が遅れるなどの影響も一部で出ているという。【藤渕志保】  ・・・ 2015年12月23日 毎日新聞  山梨県地方版より

私のコメント: 山梨県教委は2015年12月11日、来春に公立高校を卒業予定の高校生の10月末現在の就職内定率が75・9%(前年同期比2・5ポイント増)だったと発表した。1995年の同時期(76・4%)に次ぐ水準で、製造業を中心に卸・小売業などの職種でも求人が増え、山梨県教委は「希望職種に就職できるチャンスが拡大している」と分析しているとのこと、山梨県教委 高校教育課によると、大学生の就職活動の時期が後ろ倒しになったことで、高校生への採用連絡が遅れるなどの影響も一部で出ているという。各県の県教委 高校教育課におかれても、山梨県教委による 2015年12月11日、来春に公立高校を卒業予定 就職内定率の発表内容は、その参考となる事例であると思われる。



「 The Japanese-German Conference in Tokyo, Sept. 25-27, 1979 」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県内有効求人倍率0.02ポイント上昇 11月・正社員は最高更新

2015年12月28日 | 労働経済学
県内有効求人倍率0.02ポイント上昇 11月・正社員は最高更新

山形労働局が25日に発表した11月の県内雇用情勢によると、有効求人倍率(季節調整値)は1.23倍で、前月より0.02ポイント上昇した。県内の正社員の有効求人倍率(原数値)は前月より0.02ポイント高い0.76倍で、統計を取り始めた2005年度以降最高の倍率を4カ月連続で更新した。同労働局は「改善が緩やかに続いている」との県内雇用情勢判断を5カ月連続で継続した。

 全国の有効求人倍率(季節調整値)は1.25倍。

 本県の11月の新規求人数(パートを含む全数、原数値)は前年同月より10.9%減少し7316人。このうち正社員求人は0.2%増の2834人で、雇用環境の改善に伴って人材確保が難しくなり、好条件の求人として増えている。全国の正社員の有効求人倍率(原数値)は0.82倍。

新規求人を主な産業別にみると、本県基幹産業の製造業が4.5%減の1100人。内訳では前年同月に大口求人のあった金属製品(54人)が43.8%減、最上地域の求人が充足されてきた繊維(89人)が29.9%減などと減少した。そのほかの産業では、大口求人が10月に前倒しされた卸・小売業が11.3%減の1336人、慢性的な人手不足が続く医療・福祉が14.1%増の1170人。派遣が減っているサービス業は54.1%減の738人。宿泊・飲食サービス業は11.0%増の678人、建設業は6.6%減の637人。

 11月の新規求職者数(パートを含む全数、原数値)は0.7%増の4495人。一部でより条件の良い職場を求める動きがあり、自己都合離職者、在職者が増えた。

 新規は求人が減って求職者が増えたものの、有効求人数は増え、有効求職者が減ったため、有効求人倍率が上昇した。

 県内ハローワーク別の有効求人倍率(原数値)は村山1.61倍、酒田1.38倍、鶴岡1.32倍、山形1.30倍、新庄1.16倍、長井1.15倍、米沢1.12倍、寒河江0.99倍。  ・・・ 2015年12月26日、山形新聞 08:44 配信より

私のコメント: 山形労働局が25日に発表した11月の県内雇用情勢によると、有効求人倍率(季節調整値)は、前月より 上昇した。山形県内の正社員の有効求人倍率(原数値)は、前月より高い、統計を取り始めた2005年度以降最高の倍率を4カ月連続で更新した。 家庭での夕食は、日本海沖でとれた魚も、食べたい。


「 The Japanese-German Conference in Tokyo, Sept. 25-27, 1979 」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加