地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

輸入小麦の関税、実質引き下げ検討 日本、TPP交渉で

2015年07月31日 | 宮内庁
輸入小麦の関税、実質引き下げ検討 日本、TPP交渉で

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、日本が小麦の「関税」を実質的に引き下げる方向で検討していることがわかった。日本は消費量の約9割を、TPP交渉に参加する米国、豪州、カナダから輸入しており、長期的にはパンやめん、お菓子など小麦を原料にした食品の値下げにつながる可能性がある。

 日本は、国内の生産農家を守るため、外国産の輸入を国が管理する「国家貿易」の品目に小麦を指定している。その際の関税はゼロだが、国が受け取る利益分を上乗せして製粉会社などに売る。国際的なルールでは関税の一部とみなされるもので、国の利益分はいま1キロあたり約17円(上限45・2円)ある。政府はこれを数年かけて減額する方向で調整している。

 交渉関係者によると、カナダは、国の利益分を8年程度で5割程度減らすよう求めてきているという。日本は、国家貿易は維持するが、TPP交渉を妥結させるためには、一定の譲歩が避けられないと判断した。 ・・・ 平成27年7月31日(金)、朝日新聞 05時06分配信より

私のコメント: 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉において、日本が小麦の「関税」を実質的に引き下げるとのこと、日本は消費量の約9割を、TPP交渉に参加する米国、豪州、カナダから輸入しているために、相手国と日本と間における交易品も、今後、日本は、更に、注目もしていく必要性が、出てくる。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和天皇「蒋介石支持を」=国連代表権問題、佐藤首相に促す―日米文書で判明

2015年07月30日 | 宮内庁
昭和天皇「蒋介石支持を」=国連代表権問題、佐藤首相に促す―日米文書で判明

蒋介石総統率いる中華民国(台湾)政府が国連の代表権を失う直前の1971年6月、佐藤栄作首相が米国のマイヤー駐日大使(共に当時)と会談した際、昭和天皇から「日本政府がしっかりと蒋介石を支持する」よう促されたと伝えていたことが分かった。秘密指定解除された米国務省の外交文書で判明した。台湾の国連代表権維持への後押しを伝えたものとみられる。天皇の政治問題への関与発言が公になるのは極めて異例だ。この問題について、日本の外交文書にも「陛下が(中国問題を)心配しておられた」というマイヤー大使に対する佐藤首相の発言が記載されている。昭和天皇の発言の背景には、蒋介石が終戦直後に中国に残った日本人の引き揚げや天皇制の尊重、対日賠償請求権の放棄など「以徳報怨」(徳をもって恨みに報いる)と呼ばれる寛大な対日政策を取ったことに「恩義」や「信義」を持ち続けていたことがあると思われる。しかし、国連代表権は71年10月、毛沢東主席の中華人民共和国(中国)政府に移った。こうした経緯は、国連の中国代表権問題を詳しく検証した井上正也・成蹊大学法学部准教授(日本外交史)の研究で明らかになっている。「二つの中国」で揺れ動いた戦後70年の日中関係をめぐる「秘密折衝」の一幕が浮かび上がったが、井上氏は「蒋介石の行く末を案じた天皇の意向は、台湾擁護にこだわった佐藤の姿勢に少なからず影響を与えたのではないか」と解説する。米外交文書によると、71年6月2日にマイヤー大使と会談した佐藤首相は「天皇は建前上、政治問題に関心を持たないのだが、(蒋介石)総統が過去において日本のために多くのことをやってくれたと述べた」とした上で、天皇による「蒋介石支持」の意向を大使に伝えた。日本側外交文書はこれほど明確ではないが、佐藤首相が大使に天皇の「心配」を伝え、「日本政府としては蒋介石総統に対する信義の問題ということもあり、本問題については慎重検討中である」と説明。「まず台湾の国連における議席を確保する要がある」と訴えた。一方、秘密指定が解除された「佐藤首相・マイヤー大使会談」記録を保管する日本外務省の外交史料館(東京)では、「実は先刻陛下に御報告の際、通常陛下は政治問題には直接関与されないことになっているが、特にこの問題については心配しておられた」という佐藤首相の発言を黒塗りにして公開された。外務省は、天皇の政治関与発言が公になることに神経をとがらせているとみられる。97年に発行された「佐藤栄作日記」によると、佐藤首相はマイヤー大使との会談に先立ち、宮中に参内し、「中国台湾問題」を奏上したと記している。  ・・・ 平成27年7月30日(木)、時事通信 16時54分配信 より

私のコメント: 外務省内における、その密約書 不在の問題。その外交問題にも、時効がない。このような外交上の事柄が、明るみに出てくるということには、それなりの理由と事実経緯が、現在、あるということにも、日本国民には、理解していただきたいと願う。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベルギーのソルベイ、航空機向け複合材の米社買収 6800億円

2015年07月30日 | 社会 経済
ベルギーのソルベイ、航空機向け複合材の米社買収 6800億円

【フランクフルト=加藤貴行】欧州化学大手のソルベイ(ベルギー)は29日、航空機向け炭素繊維などを手がける米素材大手のサイテックを買収すると発表した。全株式を現金で取得し、買収総額は55億ドル(約6820億円)を見込む。ソルベイは買収を弾みに、成長市場の航空機、自動車向けの複合材料を強化する。東レなど日本勢との競合も激しくなりそうだ。

 ソルベイはサイテック株の28日終値に約29%上乗せした1株当たり75.25ドルを提示し、全株取得をめざす。サイテック株主や当局の承認を経て、15年10~12月には買収を終える見通し。

 サイテックの14年の売上高は20億ドル。航空機向けと、自動車や風力発電機向けなど産業向けの複合材でそれぞれ世界シェア2位という。銅山など資源開発を効率的にする化学品にも強い。

 ソルベイは互いの顧客基盤を活用し、重複部門のコスト削減も進める。3年以内で1億ユーロ(約136億円)以上の相乗効果を見込む。 ・・・ 2015/7/30  日本経済新聞 11:59 配信より

私のコメント: 欧州化学大手のソルベイ(ベルギー)は29日、航空機向け炭素繊維などを手がける米素材大手のサイテックを買収すると発表したために、ベルギー・カナダ・フランス 等による航空機 燃料に関する外資石油会社における働きかけと動向についても、今後、更に、世界において、目が離せない状況が続くと思われる。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TPP無関税枠、米国産コメ7万トンで調整

2015年07月30日 | プラザ合意
TPP無関税枠、米国産コメ7万トンで調整

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉を巡り、政府は米国から主食用のコメを無関税で輸入する「TPP特別枠」の規模を7万トンとし、このうち5万トンの輸入を日本政府が確約する方向で調整に入った。

 残りの2万トンは民間取引に任せる。米国は日本政府に輸入を保証するよう求めており、部分的に受け入れる。日米間で最大の懸案となる米国産コメの輸入拡大を巡る対立は、決着に近づいた。

 日本は米国に対する特別枠について、初年度は5万トンとし、10年間かけて段階的に7万トンに増やす方向で調整している。豪州にも米国の10分の1程度の特別枠を設ける方針で、TPP交渉に伴う輸入拡大量は計10万トン未満に収まる見通しだ。

 コメの輸入拡大を巡り、日本は民間取引に任せるべきだと主張し、米国は確実に輸出を増やすため、特別枠の全量の輸入を日本政府が保証するよう求めてきた。今回の方式は、双方の主張を採り入れた折衷案となる。  最終更新:7月30日(木)3時0分 ・・・ 平成27年7月30日(木)、読売新聞 3時0分配信より


私のコメント: 日米間におけるプラザ合意の結果が、現状のTPP無関税枠、米国産コメ7万トンで調整となっていることも、各 農家の皆様方には、その認識をしてもらいたいと願う。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TPP交渉、乳製品めぐり日・米・加の譲歩必要=NZ特使

2015年07月29日 | TPP
TPP交渉、乳製品めぐり日・米・加の譲歩必要=NZ特使

[ラハイナ(米ハワイ州) 28日 ロイター] - 環太平洋連携協定(TPP)交渉に参加するニュージーランドのマイク・ピーターソン農業貿易特使は28日、乳製品分野の全体合意には日本と米国、カナダの譲歩が必要との考えを示した。アジア太平洋地域の12カ国による新たな貿易ルールを決めるTPPの閣僚会合はこの日、米ハワイ州マウイ島のラハイナで始まった。ピーターソン特使は、TPP交渉で乳製品分野の調整が行き詰まっていると指摘。「乳製品分野の交渉における野心が足りない。全体合意に至るには数日以内に本格的な進展が必要だ」とロイターに語った。乳製品をめぐっては、特にカナダと米国、日本、ニュージーランド、オーストラリアの交渉で進展が必要だと述べた。ニュージーランドとオーストラリアは、米国、カナダ、日本への乳製品の輸出拡大を要求。一方、米国の酪農業者はニュージーランドなどからの輸入拡大を受け入れる代わりに、日本とカナダへのアクセス拡大を求めている。米乳製品輸出協会のジェイミー・カスタネダ副会長は 「カナダが輸入拡大に向け信頼できる提案を行えば、他のすべてがうまく収まる」と述べた。ニュージーランドの酪農団体DCAが会合に向けて準備した書類によると、TPP交渉参加12カ国内では、米国が乳製品のシェアの半分近くを占め、ニュージーランドは30%を占める。 ・・・ 平成27年7月29日(水)、ロイター 12時44分配信より


私のコメント: 食糧安保の問題。 今までに、日米安保問題に関係させられて、私の利害関係者への説明内容とその現況に関して、・・・・ 最近、千葉県在住 私の従姉妹 奈良女子大学を卒業させた私の叔母から、私には、「 柳井市にある本家に近寄ることのないように、もし、困ったことがあるなら、私が、相談にのるから・・・等  」を言われ、その言葉を信じ、私の従姉妹 について、奈良女子大学を卒業させた私の叔母に、私の心情を綴った手紙 等、送ったら、私の母から、いつも、常々、その叔母に関しては、私に言い聞かせれていた とおりの結果と、なった。 そのため、私は、山口県知事に、その就任をされる前に、柳井市で、私が、面会と対談もした 生前の山本繁太郎氏による、そのご遺徳も偲ぶ結果ともなっている。私は、幼い当時、柳井市の中心街で、犬を飼っていた。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口家庭裁判所における 当時の坂本倫城判事より 親族間調停に関し、・・・・

2015年07月29日 | 宮内庁
平成27年7月29日(水)、山口家庭裁判所における 当時の坂本倫城判事より 親族間調停に関し、その種々対応された後の経過事案件、山口家庭裁判所において、その内容、解決をしなければいけなくなり、山口家庭裁判所の職員へ、相談しに行った。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皇后さま、胸にお痛み 来月、心臓の精密検査へ

2015年07月29日 | 宮内庁
宮内庁は29日、皇后さまに心臓の筋肉へ血液が十分行き渡らない心筋虚血の疑いがあると発表した。8月9日に東大付属病院で精密検査を行う。心拍数の上がる激しい運動や炎天下での活動などは控えるが、当面、行事などのご出席に変更の予定はないという。同庁の名川弘一皇室医務主管によると、皇后さまは6月末頃から胸に軽い痛みを訴えるようになり、当初は週に数回程度だったものが徐々に増え、1日に何度か症状が出るようになったため、7月24日に24時間、心電図の検査を行ったところ異常が見つかった。精密検査では心臓に3本ある冠動脈に、細くなった狭さく部分がないかをCT(コンピューター断層撮影)検査で確認する。心筋虚血は心筋梗塞につながるおそれもあり、平成24年2月に心臓のバイパス手術を受けられた天皇陛下は心筋虚血だった。 ・・・ 平成27年7月29日(水)、産経新聞 17時16分配信より


私のコメント: 平成27年7月29日、萩市 NHK 大河ドラマ 放映番組 花燃ゆ 関係、及び、津和野町 宗教 祭祀 における 宮内庁における諸案件 等につき、今まで、私には、跡見学園 理事長、跡見学園 総務部 職員との間に、その連絡と対応経過が、膨大に、累積しているため、その連絡書面の整理の仕方、及び、その調整をはかるため、私は、その内容については、島根県 津和野町教育委員会 文化財係長へ開示し、津和野町 教育委員会 文化財係長から、その助言を得ることも出来た。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現在のオーストラリア国 産業連関表 資料入手に関する件

2015年07月29日 | 産業連関表
送信済み: 2015年3月31日, 火曜日 午後 11:08:53
件名: 現在のオーストラリア国 産業連関表 資料入手に関する件

オーストラリア 福岡 総領事館 山口永里子様

いつもお世話になります。

平成27年3月30日、私が、英国・オーストラリア・ニュージーランド・カナダ 等 英連邦の各国における国際金融・経済 等に関し、私は、慶應義塾大学において、産業連関分析・労働市場・国際金融については、恩師の西川俊作教授からの指導を受け、外務省大臣官房総務課と私との対応もあり、私が、折に触れ、時にふれ、各関係機関と連絡調整もしていましたオーストラリア国の産業連関表分析に関し、福岡 総領事館 山口永里子様からの確認が、私には、入りました。

よって、現在、オーストラリア国 産業連関表に関し、貴国で、公表されている資料の情報提供をいただきたいという連絡内容です。

メールアドレスは以下のとおりです、今後、私は、オーストラリア 福岡 総領事館 山口永里子様に、お目にかかり、微妙な点につきましては、その懇談もしたいと希望をしています。 よろしくお願い申し上げます。

平成27年3月31日

森田良直 

以下は 省略する



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<TPP>最後の難所に 28日、閣僚会合が開幕へ

2015年07月28日 | TPP
<TPP>最後の難所に 28日、閣僚会合が開幕へ

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の大筋合意を目指す12カ国の閣僚会合が28日、米ハワイ州マウイ島で開幕する。現地入りした甘利明TPP担当相は27日夕(日本時間28日午後)、記者団に「この会合を最後の閣僚会合にしたい。各国の閣僚も同じ思いを共有している」と述べ、合意を目指す考えを改めて強調した。会合は31日までの日程で、全体会合や2国間協議を断続的に行う。難航が続いたTPP交渉は最終的な政治判断の場に移り、最大の山場を迎える。

 4日間の日程で開かれた首席交渉官会合は27日終了。鶴岡公二首席交渉官から報告を受けた甘利氏は、進展を強調する一方で「(各国の利害が)相互に絡み合う案件が残っている」と述べ、特に知的財産分野については「相当難航している」と認める。

 知的財産分野のうち、著作権保護期間については「作者の死後70年」、著作権侵害を訴えがなくても立件できる「非親告罪」として扱う方向で最終調整が進む。ただ、新薬のデータ保護期間については、製薬メーカー大手を抱える米国が12年を要求する一方、日本は現行制度の8年を主張。豪州やニュージーランド、マレーシアなどは、保護期間が長期になると割安な後発医薬品(ジェネリック)の開発が妨げられ、医療費が増加するなどとして5年以下を求めている。交渉の鍵を握るとされる米国はこれまで「全く歩み寄りを見せない」とされ、閣僚会合の大きな争点となる。

 また、国有企業に対する政府の優遇措置の是正についても、詰めの作業が残っている。マレーシアなどが新興国が多くの例外を求めているが、高い水準の自由化を目指すTPPが骨抜きになる恐れがあるため米国などが抵抗している。

 閣僚会合は28日夕、12カ国の全体会合で開幕。これに先立ち甘利担当相は、米通商代表部(USTR)のフロマン代表、オーストラリアのロブ貿易相、ニュージーランドのグローサー貿易相との2国間協議に臨む。日米協議ではコメの輸入枠をめぐって隔たりが残る。米国が10万トン超を要求するのに対して、日本は7万トンに収めたい考えで、溝は埋まっていない。

 今回の閣僚会合は、米国の大統領貿易促進権限(TPA)法が6月に成立したことを受けて、各国が妥結に向けた「最後のカード」を切りやすい状況で迎える。27日、現地入りしたメキシコのグアハルド経済相も毎日新聞などに「(合意に向け)非常に楽観している」と述べた。ただ、難題も少なくなく、交渉参加国の政府幹部からは「合意の確率は五分五分」との声もある。【ラハイナ(米ハワイ州)松倉佑輔、清水憲司】 ・・・ 平成27年7月28日(火)、毎日新聞 20時54分配信より

私のコメント: 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の大筋合意を目指す12カ国の閣僚会合が28日、米ハワイ州マウイ島で開幕する。TPP交渉の対応次第では、今後、著作権などの法律改正や各国における、その国ごとに、その異なる会計基準のために、その詳細における会計基準の見直し、その発生してくる国も、今後、出てくるという可能性がある。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の高校野球:山口大会 下関国際−下関商、きょう決勝 /山口

2015年07月28日 | 高等学校野球選手権大会
夏の高校野球:山口大会 下関国際−下関商、きょう決勝 /山口

第97回全国高校野球選手権(県高野連など主催)は28日、山口市の西京スタジアムで下関国際−下関商の決勝がある。初優勝を狙う下関国際、20年ぶりの優勝を目指す下関商ともに投打がかみ合った戦いぶりで勝ち上がった。下関国際は、全5試合中4試合で先発した主戦・小山投手が、多彩な変化球を武器にテンポよく試合を作った。打線はチーム打率3割7分5厘。2番・小廻、3番・吉中の両選手はともに打率5割で、4番の小山投手はチーム最多の5打点を稼いだ。準決勝の宇部鴻城戦で3点を追う九回に連続適時打で逆転勝利を呼び込んだ下位打線も粘り強く、坂原秀尚監督は「決勝でも落ち着いてやってくれるはずだ」と手応えを感じる。下関商は全試合で序盤に先制し、逃げ切る試合巧者ぶり。主戦・森元、村長、高嶋の3投手を軸に継投もあり、全5試合で4失点。守備は3失策とそつない。チーム打率3割3分で、2番・松本、3番・冨岡の両選手が打率5割台、勝負強い4番・坂口選手が全試合で打点を記録した。積極的な走塁が持ち味で、佐々木大輔監督は「うちの特徴を生かし、(相手の)小山投手を攻略したい」と意気込む。決勝は午前10時、プレーボール。【土田暁彦】 〔山口版〕 ・・・ 毎日新聞 2015年07月28日 地方版より

私のコメント: 夏の高校野球 山口大会、下関商が優勝。下関国際を5―1で破る。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

領海警備法、国民の面前にて、島根県 竹島問題、それを棚に上げ、TVにて

2015年07月28日 | 竹島の日
安保法案:首相「野党は対案を」 参院実質審議始まる

安全保障関連法案を審議する参院平和安全法制特別委員会は28日午前、安倍晋三首相らが出席する総括的質疑を行い、実質審議入りした。首相は「衆院では維新の党に対案を提出してもらい、議論がかみあったところもあった」とし、「野党にも対案、独自案を出してもらい、できる限り一致点を見いだす努力を重ねていくことが与野党を問わず政治家の責務だ」と述べた。

 首相は「わが国を取り巻く安全保障環境はますます厳しさを増している。政府、政治家は国民を守るための『必要な自衛の措置』は何かを考えなければいけない」と関連法案の必要性を強調。自衛隊が訓練を行うには法律の整備が必要だとし、「日米間でも十分な連携は一朝一夕ではできない。あらゆる事態に対処できるよう、一日も早い法整備が不可欠だ」と主張した。

 首相はまた、中国が南シナ海で行っている大規模な埋め立てや東シナ海でのガス田開発などに触れ、「状況は大きく変化しており、わが国のみで(主権を)守り切ることはできない」と指摘。中国の海洋進出を例示し、法案の必要性を強調した。

 衆院では約116時間の審議を行ったものの、関連法案に対する国民の理解は広がらず、報道各社の内閣支持率は軒並み低下している。質問に立った佐藤正久氏(自民)は、中国の海洋進出や北朝鮮のミサイル・核開発などに積極的に言及し、政府側に法整備の必要性を繰り返し尋ねた。午後には民主党の福山哲郎氏、小川敏夫氏らが質問を行う予定。【青木純、飼手勇介】 ・・・ 毎日新聞 2015年07月28日 東京夕刊より


私のコメント: 国民の面前にて、島根県 竹島問題を全く、それを棚に上げ、TVにて、その国会答弁を見て、グレーゾーンの定義についてが、明快な、説明が必要である。その質問内容は、国民は、わからない、その答弁も、よく、わからない。 グローバル、メカニズム、宇宙  等・・の用語。それの、日本語における定義、国会答弁、はっきり、受け答え、なされていないと感じる。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

島根大会決勝 石見智翠館が 2年ぶり 9回目の出場

2015年07月28日 | 高等学校野球選手権大会
ABC 朝日放送 高校野球 ねったまくん より ・・・・ 平成27年7月27日 配信より


島根大会決勝 

石見智翠館 007 000 032 =12

  大東   121 020 000 =6

終盤に突き放した 石見智翠館 が 2年ぶり 9 回目の出場です。

おめでとうございます。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安保法案「法的安定性確保」軽視発言の礒崎補佐官が大炎上 民主は解任要求、自民も不快感

2015年07月27日 | 日米安保条約
安保法案「法的安定性確保」軽視発言の礒崎補佐官が大炎上 民主は解任要求、自民も不快感

礒崎陽輔首相補佐官が安全保障関連法案に関し、法的安定性確保を軽視していると受け取られる発言をしていたことが27日分かり、波紋を呼んでいる。礒崎氏は26日の大分市での講演で「法的安定性は関係ない。わが国を守るために(集団的自衛権行使が)必要かどうかが基準だ」と述べた。

 自民党の谷垣禎一幹事長が27日の記者会見で礒崎氏の発言について「字義通りの発言だとすると極めて配慮に欠けたことだ」と不快感を示した。民主党の枝野幸男幹事長は同日、安倍晋三首相に礒崎氏の解任を求める考えを明らかにした。

 参院平和安全法制特別委員会の鴻池祥肇委員長も同日の理事懇談会で、発言の真意などについて28日の理事会で報告するよう自民党理事に求めた。

 礒崎氏は27日、憲法が認める必要最小限度の武力行使は国際情勢によって変化するとの意図だと釈明し、「報道は(発言を)短く切って書かれた」と述べた。菅義偉(すがよしひで)官房長官は会見で「誤解されるような発言は慎まなければならない」とし、解任の必要はないとの認識を示した。 ・・・ 平成27年7月27日(月)、産経新聞 18時20分配信より


私のコメント: 安全保障関連法案に関し、関係されている皆様方による 日本の国民向け、そのわかりやすい、説明について、そのご活躍を祈る。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【高校野球千葉大会】鮮烈逆転、専大松戸が初V

2015年07月27日 | 高等学校野球選手権大会
【高校野球千葉大会】鮮烈逆転、専大松戸が初V

「第97回全国高校野球選手権千葉大会」の決勝が26日、千葉市美浜区のQVCマリンフィールドで行われ、専大松戸(松戸市上本郷)が、4年ぶり9回目の優勝を目指す習志野に7-3で逆転勝ちして初優勝。8月6日に開幕する阪神甲子園球場(兵庫)での全国大会出場を決めた。松戸市の高校が同大会に出場するのは春夏を通じて初めてとなる。炎天下の中、約3万人が観戦し、QVCマリンで決勝を行うようになった平成2年以降では初めて決勝のチケットが売り切れ、球場の外から声援を送る人も多く見られた。

                   ◇

 今大会勝ち進んだ6試合でいずれも初回に得点してきた習志野打線が、この日も電光石火の攻撃。一回2死から3番・内山が中前安打で出塁。続く吉野が四球で続き、5番・八木の適時打で先制した。

 習志野の先発・土井は制球が定まらず連続四球で降板。その後はエース深田が要所を抑え、専大松戸打線を封じ込めた。打線も奮闘し、四回2死二塁から幸坂が中前適時打で追加点を挙げ、専大松戸の先発・原をマウンドから引きずり下ろした。

 さらに七回、好投を続ける専大松戸の2番手・角谷から、内沢、内山、吉野の3連打で3点目。しかし、走塁ミスで三走、二走が相次いで刺された。

 その裏の専大松戸の攻撃、持丸修一監督は「ピンチをしのいだ後のラッキーセブンだ」と選手を送り出した。1死二、三塁から「インコースを思い切って振った」8番・寺元の中前適時打で2点を返して反撃ののろしをあげると、1番・渡辺の右越え適時三塁打で、3-3の同点に追いついた。

 さらに、連続四死球で2死満塁。ここで4番・原の劇的なランニング本塁打が飛び出し、ついに7-3と大逆転。待ちかねていた強打線の爆発に、専大松戸側の1塁側スタンドは大歓声に包まれ、涙を流す人も多くいた。

 原が「大舞台でしっかりと投げてくれた」と大絶賛した角谷が、八、九回はそれぞれ3人で習志野打線をシャットアウト。初優勝が決まるとナインらは一目散にマウンドに集まり、祝福しあった。

 「この瞬間のために頑張ってきた」と岡本主将。「昨年決勝で負けたときの新聞記事を部室に貼って、一日たりとも忘れたことはなかった。次は全国制覇です」と抱負を語った。 ・・・ 平成27年7月27日(月)、産経新聞 7時55分配信より

私のコメント: 第97回全国高校野球選手権大会 決勝大会 出場 野球選手のご活躍を祈る。平成27年7月27日(月)、千葉県 在住、私の叔父から、専大松戸が初Vの大会模様を聴くことが出来た。そのおりに、私には、石橋湛山先生の面影も 浮かんだ。 その昔、私が、その伝え教えも聞いた、日蓮宗 不授布施派、 卒塔婆 供養 等の話しについて・・・・。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「最後の夏」渡辺監督にV誓う

2015年07月27日 | 高等学校野球選手権大会
「最後の夏」渡辺監督にV誓う

教え子ら惜しむ声

「あの人がいたから今の自分がある」――。横浜高校野球部の渡辺元智監督(70)が、体調不良のため今夏限りで勇退することが明らかになった。しのぎを削ってきた神奈川県内強豪校の監督、プロ球界にはばたいた教え子たち。多くの関係者が名将の引退を惜しみ、感謝の言葉を口にした。「最後の夏」をともに戦う現役ナインは「何としても甲子園に連れていく」と、7月に開幕する県大会制覇を誓った。桐光学園の野呂雅之監督(54)は、松井裕樹投手(楽天)を擁して横浜に挑んだ熱戦などを「今思い出しても鳥肌が立つ」と振り返った。松井投手が2年生だった2012年夏には勝ったものの、2013年夏にリベンジされた。全国屈指の激戦区・神奈川にあって、渡辺監督の存在はひときわ大きく、「追いつけ、追い越せの気持ちで頑張ってこられた」。横浜隼人の水谷哲也監督(50)は、渡辺監督と今年の初めに横浜市内で会った際、元気に指導論を話してくれたことを明かし、「(対戦で敗れ)横浜の校歌をグラウンドで聞かされる度に、『もっと頑張らなきゃ』って思ってきた。これからは僕らがもっと高校野球を盛り上げていかないといけない」と決意を新たにした。渡辺監督は2004年に脳梗塞で倒れ、体調が優れず引退も考えていたが、2012年に孫の渡辺佳明選手(明大1年)が入部したのをきっかけに奮起。水泳やウォーキングで体を鍛え直し、グラウンドに立ち続けた。その監督が入院中のため、横浜の選手たちは現在、秋から後任監督を務める平田徹部長(32)らの指導を受けている。14日午後も横浜市金沢区の同校グラウンドで約3時間、練習に汗を流した。13日に引退の話を知らされたばかりで、まだ心の整理がついていない選手もいるが、相川 天河(てんが) 主将(3年)は「渡辺監督のためにと、いつもと違う緊張感がある」と気合十分。「ますます甲子園への気持ちが強くなった。思い切り野球に取り組み、甲子園に行く」と力強く語った。渡辺監督と二人三脚で指導にあたり、昨夏にコーチを退任した小倉清一郎氏(70)も取材に応じた。「たくさんケンカもしながら、四半世紀にわたって一緒に仕事をしてきた。よくここまで頑張れたよ」。驚いた様子は見せず、静かに盟友をねぎらった。教え子のプロ野球選手からは一斉に感謝の声が上がった。多くのOBが在籍する横浜DeNAベイスターズ。松坂大輔投手(ソフトバンク)らとともに1998年、甲子園を春夏連覇した後藤武敏内野手は「『野球と私生活はイコール』という教えが今も(自分のなかで)生きている」。現在、セ・リーグ打点ランキングでトップを走る筒香嘉智外野手は「打てない時は食事に連れて行ってくれ、プロに入ってからも電話をしょっちゅうくれる。感謝の思いしかない」と語った。2013年夏の甲子園出場メンバーで、日本ハムのルーキー浅間大基外野手は「僕たちが頑張る姿を見て元気になってほしい」と、北海道からエールを送った。 2015年05月15日 08時00分 ・・・ 平成27年5月15日、読売新聞 08時00分配信より

私のコメント: 第97回全国高校野球選手権 神奈川大会 準決勝 横浜4―3桐光学園(7月27日 横浜)、渡辺元智監督 率いる横浜は桐光学園に4―3でサヨナラ勝ちし、2年ぶりに決勝戦へ進出。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加