地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

<日本郵政>数千億円規模の損失計上へ 豪の会社業績悪化で

2017年04月21日 | 郵政民営化問題
<日本郵政>数千億円規模の損失計上へ 豪の会社業績悪化で

◇17年3月期連結決算 海外企業買収でつまずいた形に

日本郵政は、2015年に買収したオーストラリアの物流会社の業績不振に伴い、17年3月期連結決算で数千億円規模の損失を計上する。近く発表する。米原発子会社の巨額損失で経営難に陥った東芝に続き、日本郵政も海外企業買収でつまずいた形だ。

損失が発生するのは、約6200億円を投じて買収した豪物流最大手「トール・ホールディングス」。日本郵政傘下の日本郵便の子会社になっている。

15年11月に株式上場を果たした日本郵政は、国内の郵便事業が低迷する中、収益力強化に向けて国際物流事業に活路を見いだそうとトールを買収した。しかし、資源価格低迷の影響でオーストラリアの資源貿易が停滞したことなどから、トールの業績は計画を下回る状況が続いている。買収価格に比べてトールの企業価値が大きく低下しており、日本郵政は損失計上が必要と判断した。

日本郵政は17年3月期連結決算を5月15日に発表する予定で、2月時点の最終(当期)利益の予想は3200億円。数千億円規模の損失を計上すれば、この予想を下回る可能性が高い。同社広報部は「トールの業績が計画に達していないことから(損失計上の)要否を含めて検討中」とコメントしている。

政府は日本郵政の上場後も約80%の株式を保有している。7月以降、東日本大震災の復興財源を調達するため、株式を追加売却する予定。日本郵政は追加売却前に損失を計上することでうみを出し切りたい考えだが、投資家の理解を得られなければ、追加売却計画の見直しを迫られる可能性もある。【浜中慎哉、小川祐希】

 ◇トール・ホールディングス

1888年に石炭運搬会社として設立された国際的な物流会社。本社はオーストラリア・メルボルン。アジアや欧州、北米を中心に、世界50カ国以上に約1200の拠点を持つ。従業員は約4万人。 ・・・2017/ 4/20(木) 、毎日新聞 配信 より


私のコメント :  プラザ合意、消費税 導入、郵政民営化、消費税 増税、・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<富士フイルムHD>220億円が不正計上か 決算発表延期

◇海外販売子会社で不正な会計処理を理由に

富士フイルムホールディングス(HD)は20日、連結子会社の富士ゼロックスの海外販売子会社で会計処理に誤りがあったとして、27日に予定していた2017年3月期の決算発表を延期すると発表した。過去数年間で最終(当期)損益に計約220億円が不正計上された可能性がある。

富士フイルムHDは20日、社外の公認会計士や弁護士で作る第三者委員会の設置も発表した。新たな決算発表日は未定としている。

同社によると、会計の誤りが判明したのはニュージーランドの販売子会社。取引先とコピー機のリース契約を結び、コピー機本体と消耗品、メンテナンスサービスを一括して提供していた。

コピー機の利用の有無に関わらず、毎月一定の料金を受け取る契約を結ぶべきだったが、子会社はそうした契約を結んでおらず、利用に応じた料金しか回収していなかった。しかし、決算書では本来の契約通りの売り上げを上げたとしていた。

昨夏以降、現地メディアが報道し、子会社の監査法人が会計処理が正しくないと指摘した。これを受け、富士フイルムHDが社内調査委員会を設立して調査した結果、誤りが判明した。調査の信頼性を高めるため、第三者委が故意かミスかなどを調査する。

15年にも問題を指摘する内部通報があり、契約見直しを進めた結果、問題が解消されたと判断していたという。【安藤大介】 ・・・2017/ 4/20(木) 、毎日新聞 配信 より

私のコメント : 富士フイルムHD ニュージーランドの販売子会社で コピー機の利用の有無に関わらず、毎月一定の料金を受け取る契約を結ぶべきだったが、子会社はそうした契約を結んでおらず、利用に応じた料金しか回収していなかった。決算書では本来の契約通りの売り上げを上げたとしていた。昨夏以降、現地メディアが報道し、子会社の監査法人が会計処理が正しくないと指摘した。これを受け、富士フイルムHDが社内調査委員会を設立して調査した結果、誤りが判明した。





『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本郵政、巨額損失の恐れ ... | トップ | <朝鮮半島有事>在韓日本人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。