地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

天皇陛下、微熱で宮中祭祀取りやめられる 葉山ご静養は予定通り

2017年01月30日 | 図書館・史料館・文書館
天皇陛下、微熱で宮中祭祀取りやめられる 葉山ご静養は予定通り

微熱のため、30日午前の宮中祭祀(さいし)を取りやめられた天皇陛下は、予定通りのご静養のため、神奈川県の葉山御用邸へ向かわれた。天皇皇后両陛下は、午後2時すぎ、葉山御用邸に向け出発された。皇居を出る際には、沿道の人たちに、陛下は、元気な笑顔を見せられていた。宮内庁によると、陛下は、早朝から微熱があったため、午前中に予定されていた宮中祭祀である、孝明天皇例祭の儀への出席を、大事をとって取りやめられた。陛下には、のどの痛みやせきなど風邪の症状はなく、先週末に接種した肺炎球菌ワクチンによる影響の可能性があるという。陛下は、熱が下がりつつあるということで、予定通り、皇后さまと30日から5日間、葉山御用邸で静養されるという。  最終更新:1/30(月) 18:41 ・・・2017/1/30、 フジテレビ系(FNN) 18:41配信より

私のコメント : 平成29年1月30日(月)、山口県熊毛郡田布施町 山口県議会議員 吉井利行先生の事務所へ行く。佐藤栄作先生が、総理大臣就任 当時 「佐藤寛作手控」を発行へ準備された当時 佐藤寛作氏が、浜田県令(現在 島根県)時代iにおける逸話を 熊毛郡田布施町 山口県議会議員 吉井利行先生の事務所内にて、吉井利行先生の担当 事務職 との間にて、交わす。その後、私と 山口県庁 職員、山口県議会事務局との話題をまたぎ、その新たな山口県議会議長 人選についての話題となった。その山口県熊毛郡 田布施町をあとにし、山口県柳井市役所 教育委員会にて、「宇都宮黙l霖・吉田松陰 往復書簡」と 「月性と吉田松陰」における、展望について、柳井市教育委員会の職員との間にて、その対談、台湾、韓国、中国からも、豊前国・肥前国・安芸国で漢詩文・仏教を学び、また京阪・江戸・北越を遊学し名士と交流し、長門国萩では益田親施・福原元僴・浦元襄などに認められ、吉田松陰、久坂玄瑞らとも親しかった、江戸時代末期(幕末期)の僧。周防国大島郡遠崎村(現在の山口県柳井市遠崎)、妙円寺の住職。贈正四位。 その月性における研究は、世界的に、関心も、高いことを聴いた。

「平成28年12月28日、山口県 柳井市 総務部 総務課 弘津多美恵 秘書担当課長から 私への対応の件については、以下の内容について、書面で、私から連絡文を 柳井市 総務部 総務課へ送信し、山口県 柳井市 総務部 総務課 弘津多美恵 秘書担当課長 から、私への対応 待ちとなった。

件名: 別紙 私からの連絡文 山口県 柳井市役所 弘津多美恵秘書課長との連絡対応が私に、ありますが、柳井市役所 弘津多美恵秘書課長からのご返事が、私の許へ来なく、困っております状況を島根県益田市政策企画局人口拡大課 監査委員会事務局・公平委員会事務局政策企画係長様へ報告しています件、

いつもお世話になります。別紙 私からの連絡文 山口県 柳井市役所 弘津多美恵秘書課長との連絡対応が私にありますが、私の許へ、ご返事、柳井市役所 弘津多美恵秘書課長よりの書面にてお願いを申し上げます。」の内容に関し、平成29年1月30日(月)、同じ 山口県 柳井市 庁舎内における柳井市役所 総務部 総務課 弘津多美恵 秘書課長と私は、対談した後、その関係している柳井市役所 担当の職員のもとへ、柳井市役所 総務部 総務課 弘津多美恵 秘書課長よりは、私を引率いただき、内容に詳しい、柳井市役所 担当課の立場の説明を私は、聞いた。

平成29年1月30日(月)、宮内庁によると、陛下は、午前中に予定されていた宮中祭祀である、孝明天皇例祭の儀への出席を、取りやめられた。いままで、私は、京都 栗田口 青蓮院にて、孝明天皇、ご乗車もされていた駕籠についても、その場所、参拝し、当時 青蓮院 執事長と会話も交し、遥拝している。






『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東燃ゼネラル石油 東京本社... | トップ | 維新の先覚月性の研究 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

図書館・史料館・文書館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。