地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

サクランボ 平年比「やや多い」 県作柄調査委が予想 /山形

2017年08月05日 | 山口県庁
サクランボ 平年比「やや多い」 県作柄調査委が予想 /山形

毎日新聞 2017年5月31日 地方版

県やJA全農山形などで構成する「県さくらんぼ作柄調査委員会」が今シーズンの作柄予想を発表した。予想収穫量は1万4800トンで、平年(1万3500トン)よりやや多くなる見込み。収穫のピークは「佐藤錦」が6月24~26日ごろ、「紅秀峰」が7月4~5日ごろで、いずれも平年並みを予想している。同委員会が24日、県内主要産地48園地での調査を実施。今年は降霜による雌しべの枯死などの被害がなく、開花期の天候にも恵まれた。実の付く短い枝「短果枝」ごとの着果数は2・1個で、平年(1・8個)より多く、前年(2・0個)とほぼ同じ。「地域のばらつきもなく、全域で十分な着果量が確保されている」という。【深尾昭寛】  ・・・2017年5月31日、毎日新聞  地方版 配信より

私のコメント : 平成29年8月5日、強い台風5号は 6日昼前後に九州に接近、上陸する恐れがある。鹿児島県の奄美大島では局地的に50年に1度の記録的大雨となり、気象庁は土砂災害や河川の氾濫に注意するよう呼びかけている。



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋田豪雨の被害を確認 知事... | トップ | 台風5号 6日昼過ぎにも九州... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山口県庁」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。