地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

元内閣総理大臣 財務大臣 金融担当大臣 麻生太郎 衆議院議員が、山口県 萩市民館、・・・

2017年05月19日 | 竹島の日
元内閣総理大臣 財務大臣 金融担当大臣 麻生太郎 衆議院議員が、山口県 萩市民館、・・・

平成29年5月19日(金)、日本外務省 吉田 寛 外交官 が、その外務省 アメリカ局第一課長 昭15年 在職中 死去 等に関係する内容 及び、当時 吉田茂 英国大使 等との関係に関しても、その概略に関しては、東京都永田町 衆議院会館 1-301号、麻生太郎代議士 秘書のもとへ 私は、今回、平成29年5月21日(日)に 元内閣総理大臣 財務大臣 金融担当大臣 麻生太郎 衆議院議員が、山口県 萩市民館において、この度、講演される内容との関係があるため、また、その今後の対応についても、それがあるために、連絡を入れた。

................................................
「沖ノ島」世界文化遺産へ 宗像三女神を引き裂く勧告、“辞退”の選択肢も 福岡

「『神宿る島』宗像(むなかた)・沖ノ島と関連遺産群」の世界文化遺産登録について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が出した勧告は、考古学的な価値を重視し、沖ノ島以外の4つの構成資産を除くよう求めた。3カ所に祭られた「宗像三女神」を引き裂くような勧告に、地元は落胆した。 (小路克明)

「宗像大社と古墳群は、総体として一つの文化、文明だ。沖ノ島以外の資産を除いた勧告は非常に残念」。ユネスコへの推薦書案づくりに携わった西谷正・九州大名誉教授(考古学)は、こう語った。沖ノ島からは「海の正倉院」と呼ばれるほど、数多くの遺物が見つかった。考古学ファンならずとも、ため息が出る素晴らしい品ばかりだ。だが、沖ノ島の祭祀(さいし)は、大島にある「中津宮」や九州本土にある「辺津宮」と切り離しては存在しない。「三柱の神」にも意味がある。沖ノ島の祭祀を支えた宗像(胸肩)族は、三女神を奉じた。宗像族と同じように航海術にたけた阿曇(あずみ)(安曇)族は綿津見(わたつみ)三神を祭る。阿曇族は宗像からもほど近い志賀島(福岡市東区)を本拠地にした。同様に海に縁がある「住吉神社」も祭神は3柱の神だ。古代日本人の海への信仰と、3という数字は何かの関係があったのだろう。だが、勧告は中津宮や辺津宮について「顕著な普遍的価値があると証明していない」と指摘した。信仰面の意義や価値を、考慮しなかったといえる。九州・山口はこれまでも、世界遺産に振り回された。「明治日本の産業革命遺産」では、韓国政府が「半島出身者の強制労働の場が含まれる」などと主張し、揺さぶりをかけた。今回、宗像の地元からは、中津宮など除外された資産も含めて、逆転登録を求める声が上がる。だが、勧告を覆す道は険しい。沖ノ島だけが登録され、何千年も守り続けた信仰の体系に、ひびが入るようなことになれば、本末転倒だ。あえて「辞退」という選択肢もある。世界遺産は誇らしいことだが、登録されなくとも宗像大社に象徴される信仰の重みが変わることはない。

・・・ 平成29年5月7日(日)、産経新聞 7:55配信 より

私のコメント : 宗像大社 、住吉神社の護持に関しては、「出光佐三 反骨の言霊」、「小説出光佐三」、「士魂商才-実録・出光佐三」、「出光佐三語録」、「石油王出光佐三 発送の原点」、「日本人にかえれ」、「働く人の資本主義」、「私の履歴書-昭和の経営者群像5」、「ペルシャ湾の日章丸」、「出光五十年史」、「人間尊重五十年」、「反骨商法」、「徳山海軍燃料廠史」、「積み重ねの七十年」、「マルクスが日本に生まれていたら」、「永遠の日本」、「我が六十年間」、「日英の架け橋 ルイス・ウィリアム・ブッシュ」 出光興産株式会社、・・ の 各 一読についても  宗像大社 、住吉神社における関係者 皆様へ、私は、お薦め 申し上げます。また、その一読は  島根県 竹島 信仰へと、深く、つながって 参ります。 ・・・



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島根県 津和野町 総務財政... | トップ | 平成29年度 鳳翔会総会 山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。