地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

両陛下 国際親善と弔問終えて帰国へ

2017年03月06日 | 図書館・史料館・文書館
両陛下 国際親善と弔問終えて帰国へ

天皇皇后両陛下は、ベトナムでの国際親善の日程と、去年前の国王が亡くなったタイでの弔問を終えて、6日に帰国されます。

続きを読む

両陛下は、5日に公式訪問していたベトナムからタイの首都バンコクに入り、去年10月に88歳で亡くなったプミポン前国王の遺体が安置されている王宮を訪ねられました。

両陛下は、プミポン前国王と長年にわたる親交があり、タイ王室の侍従長の案内で、前国王のひつぎがある金色の祭壇の前に進むと、白い花輪の前で深々と拝礼されました。僧侶による読経が行われる間、天皇陛下は、姿勢を正したままじっと祭壇の方を見つめられていました。

続いて両陛下は、前国王の長男のワチラロンコン新国王と40分近くにわたって会見し、哀悼の気持ちを伝えられました。

先月28日からのベトナムへの公式訪問では、両陛下は、歓迎の晩さん会をはじめ国賓としての一連の公式行事に臨んだほか、日本とゆかりのあるベトナムの人たちと交流を深めるなど国際親善につとめられました。

また、タイへの立ち寄りは、プミポン前国王が亡くなったことへの弔意を表したいという両陛下の意向も踏まえて行われました。

両陛下は、ベトナムの6日間の公式訪問の日程とタイでの弔問を終え、6日夜に政府専用機で帰国されます。・・・平成29年3月6日、NHK NEWS WEB 5時12分 配信より

私のコメント : 平成29年3月6日、天皇皇后両陛下は、ベトナム 国際親善 公式訪問の日程とタイでの弔問を終え、6日夜に政府専用機で帰国されます。 



「防長風土注進案」は、当時の文化、宗教、祭祀 史実も、記載されている。

平成26年8月、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生と私は、米沢 旧藩主家 上杉家に関する話題も、懇談した。

平成26年9月、立正大学 石井富美子 副学長と対談し、石橋湛山先生からの法灯明を拝聴する。

平成26年10月、山口県 岩国市、公益財団法人 吉川報效会 吉川史料館 館長に、「吉賀記」に関し、学術助言を得た。

平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を手渡す。

平成28年7月11日、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、

平成29年1月、柳井市 瑞相寺 住職との間、萩市 梅蔵院における運営、並びに、知恩院 運営の件 等があるため対談した。平成29年2月24日、知恩院 宗務に関係して 山口県 浄土宗 活動における問題で、萩市 梅蔵院 住職との間において、萩市からNHK大河ドラマ 「花燃ゆ」の放送内容にも関係し 宗教問題へと、その端も発している内容に関する連絡をおこなった際、梅蔵院 住職からの重大な法事報告も、私は、いただいた。

平成29年2月25日、柳井市 誓光寺 坊守様のもとへ、萩市 三千坊 住職 継職法要の儀、報告した経緯あり、萩市 三千坊 坊守様との間にて、宗務対応に関する件につき、連絡と対応を持った。

平成29年3月4日、山口県 宇部市 法輪寺 藤井周道住職から、今迄における、その私へ法輪寺、その寺院,における宗務対応が あり、私から、萩市 三千坊 住職には、従来から、その説明 入れている件に関し、私は、萩市 三千坊 坊守との間において、3月4日、その連絡対応を持ち、

平成29年3月4日、萩市 国 重要文化財 民家 森田家 ( 吉田松陰 養母の実家)  における、私の叔母のもとへは、萩市 三千坊 坊守との間において、平成29年2月26日、日曜日、萩市 三千坊にて、その面会した後  以下の内容 『平成29年3月2日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ、以下の内容に関する対応を持った内容について、以下のように、その報告を入れた。

山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から 関係する宗務内容 書面で、説明を入れて、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室 明治維新部会 北林健二専門研究員と私が、対談した内容に関しては、その萩市 三千坊 前住職様から「僧 月性の交友と交際」について、萩市 三千坊において、私が、聞き及んでいたこと、及、萩市 三千坊 庫裡内 「 上宮聖徳法王帝説 原本 」 等 ・・・その古文書の件について、

平成29年3月1日、萩市 三千坊 住職 等から、その私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へも対応している件に関し、山口市 本願寺山口別院 木下祐祥輪番と私は、本願寺 山口別院 応接室にて 対談、その後、萩市 三千坊 前住職から「僧 月性の交友と交際」に関し その三千坊 前住職と私との対談内容の件、平成29年3月2日付、その私からの作成による、その説明文も、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番 宛て、送信しているため、

山口県 県史編さん室 明治維新部会 北林健二専門研究員と私が、朝方、対談した内容に関し、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室、北林健二専門研究員のもとまで、夕方、面会しに、行き、その際、内容における説明をした。』 等の内容について、その報告を入れた。

...................
日積地区で独自測定 米軍機騒音 柳井市、苦情急増受け調査・・・

防府商業高等学校へ 勤務中、外務大臣 官房総務課より、私は、外務省 密約書 不在に関する問題に関し、その連絡を受けた後も、外務省 密約書 不在の問題 関係させられ、山本繁太郎前知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるため 平成29年2月23日、書面で、山口県広報広報課 県民相談室へ連絡文を入れて、私が作成した書面の内容に沿い、山口県 環境生活部 環境政策課 大気・化学物質環境班 大嶋裕司 主幹との間で、その内容に関する 面談をした。

平成29年2月28日、山口県歯科医師会 歯科医 医療相談の件に関して、山口県歯科医師会 河野好美様と対談。

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関して、山口市 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、私は、本願寺別院 応接室にて、助言、得ることもできた。

平成29年3月6日、島根県 益田市 亀井事務所 鶴頭氏と私は、対談した。
.............................................................

天人五衰

天人五衰(てんにんのごすい)とは、仏教用語で、六道最高位の天界にいる天人が、長寿の末に迎える死の直前に現れる5つの兆しのこと。

大般涅槃経19においては、以下のものが「天人五衰」とされる、大の五衰と呼ばれるもの。これは仏典によって異なる。

1.衣裳垢膩(えしょうこうじ):衣服が垢で油染みる
2.頭上華萎(ずじょうかい):頭上の華鬘が萎える
3.身体臭穢(しんたいしゅうわい):身体が汚れて臭い出す
4.腋下汗出(えきげかんしゅつ):腋の下から汗が流れ出る
5.不楽本座(ふらくほんざ):自分の席に戻るのを嫌がる

このうち、異説が多いのは3つ目で、「身体臭穢」の代わりに
•『法句譬喩経』1や『仏本行集経』5では「身上の光滅す」
•『摩訶摩耶経』下では「頂中の光滅す」
•『六波羅蜜経』3では「両眼しばしば瞬眩(またたき、くるめく)」

となっている。

なお、『正法念経』23には、この天人の五衰の時の苦悩に比べると、地獄で受ける苦悩もその16分の1に満たないと説いている。『往生要集』では、『六波羅蜜経』の説に依り、人間より遥かに楽欲を受ける天人でも最後はこの五衰の苦悩を免れないと説いて、速やかに六道輪廻から解脱すべきと力説している。

また、中世の本地物語である『熊野本地』に出る「五衰殿」などは、この天人五衰に由来する。

関連作品[編集]
•三島由紀夫 『豊饒の海第四巻・天人五衰』
•中上健次 短編集『千年の愉楽』、収められている「天人五衰」は前者のタイトルに由来。
•京極夏彦 百鬼夜行シリーズ第2弾『魍魎の匣』

以下 省略 ・・・・

・・・・ウィキペディア フリー 百科事典より  


『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮がミサイル4発発射、3... | トップ | 両陛下、タイ前国王への弔問... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

図書館・史料館・文書館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。