地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

台風16号、20日未明にかけて九州上陸の恐れ

2016年09月19日 | ボランティア活動
台風16号、20日未明にかけて九州上陸の恐れ

非常に強い台風16号は、19日午前10時現在、鹿児島県徳之島の北西約250キロの東シナ海を東北東へ進んでいる。

中心の気圧は945ヘクト・パスカル、中心付近の最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。19日夜遅くから20日未明にかけて九州にかなり接近し、上陸する恐れがある。気象庁は、土砂災害、河川の増水・氾濫、落雷や竜巻などの激しい突風に警戒するよう呼びかけている。

20日正午までの24時間に予想される降雨量は、いずれも多いところで九州南部、北部地方で300ミリ、四国地方250ミリで、さらに、21日正午までの24時間に予想される降雨量は、いずれも多いところで近畿地方300~400ミリ、東海地方200~300ミリ、四国、中国、北陸、関東甲信地方100~200ミリとなっている。 2016年09月19日 12時00分  ・・・ 平成28年9月19日(月)、読売新聞 12時00分 配信より

私のコメント:  非常に強い台風16号における、21日正午までの24時間に予想される降雨量は、いずれも多いところで近畿地方300~400ミリ、東海地方200~300ミリ、四国、中国、北陸、関東甲信地方100~200ミリとなっている。今後、各地域で、台風16号による、その土砂災害、河川の増水 等には、配慮をされていきたい。  祭政一致  茶道、華道における関係する神社、寺院、旧跡・古蹟 等 その式場における献茶式、献花式 振興。 プラザ合意。 日本郵政 民営化における諸課題。 ・・・等、 島根県 竹下登 代議士、亀井久興 代議士における各業績の研鑽。 ふるさと 創生・・・・。





『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋雨前線の活動が活発です。... | トップ | 台風16号、20日未明に九... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ボランティア活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。