地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

地下鉄サリン事件から22年、被害者らが集会

2017年03月20日 | 仏教
地下鉄サリン事件から22年、被害者らが集会

1995年にオウム真理教が地下鉄の車内でサリンをまき、13人が死亡、6千人以上が負傷した「地下鉄サリン事件」から20日で22年になるのを前に、被害者や遺族らが19日、東京都内で集会を開いた。駅助役だった夫を亡くした高橋シズヱさん(70)が「近年、オウム真理教の後継団体に再び若者が入信している。若い世代にこそ事件を知ってもらいたい」と訴えた。集会では、被害者の治療に当たった聖路加国際病院の石松伸一医師のインタビュー映像が流された。被害者の多くが目の不調などの後遺症に苦しんでいるといい、事件から20年以上たってPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されたケースなどが報告された。会場には、上智大学文学部新聞学科の学生が取材に訪れた。被害者らの声をドキュメンタリー作品にまとめる計画で、1年の渥美佑里子さん(19)は「『忘れないで』という当事者の思いをしっかり受け止めたい」と話した。・・・ 2017年3月20日、朝日新聞デジタル 00時20分 配信より

私のコメント : 井上真央 『花燃ゆ』 最終回を報告、吉田松陰の末の妹・文を演じた女優 井上真央が、平成27年12月13日、山口・防府市にある楫取夫妻の墓前を訪ね、最終回の放送を迎えることを報告されて、平成27年12月14日、吉田松陰 養母の実家にあたる山口県 萩市 国重要文化財民家に指定されている森田家 その祭祀を代表して、私は、防府市 楫取夫妻の墓前を弔った。

....................................................................
京都・青蓮院 ライトアップ 青の光で埋め尽くす

日が沈み、辺りが暗くなると、本堂前に広がる苔(こけ)庭が青の光に埋め尽くされた。天台宗の門跡寺院、青蓮院(京都市東山区)のライトアップはLEDなど1000を超える照明器具によって境内をくまなく照らしている。本尊の熾盛光(しじょうこう)如来は全身から光を放つとされ、曼荼羅(まんだら)が本堂に安置されている(非公開)。国宝の仏画「不動明王二童子像」(通称・青不動)や寺院の名称などをイメージし、ライトアップは青を基調にしているという。竹林や5本ある天然記念物のクスノキも照らされ、1本の光が天を突く演出も。早春の古都を光で彩る「京都・東山花灯路」に合わせて12日まで実施した後、31日~4月9日、4月28日~5月7日にもライトアップする。入場は午後6時~9時半。800円(小中高生400円)。問い合わせは青蓮院(075・561・2345)。【小松雄介】 ・・・ 2017年3月9日、 毎日新聞 09時56分(最終更新 3月9日 09時56分)

私のコメント : 京都 天台宗 門跡寺院、青蓮院(京都市東山区)庭木も、夜は、ぐっすりと休みたい、休ませたい。 天台宗 青蓮院 とりまく 世間の一般常識、その仏教感を教えることは、天台宗 門跡寺院 青蓮院 参拝者、崇敬者による、その日頃からのおつとめ。 「 古都税 反対運動 軌跡と展望 」

...................................
国内最大級の鬼瓦よみがえる 京都・知恩院

国宝、知恩院御影堂(みえいどう、京都市東山区)で20日、修理のために取り外していた国内最大級の鬼瓦(重さ約930キロ)が屋根の最上部、大棟(おおむね、高さ28メートル)にクレーンでつり上げ、据え付けられた。大棟の鬼瓦は東西両端にあり、それぞれ高さ2・27メートル、幅2・94メートル、奥行き0・39メートルで、頭と鰭(ひれ)合わせて九つのパーツから出来ている。東側にある鬼瓦の額には太陽が、西側は月が描かれており、陰陽を表しているという。報道陣に公開されたのは東側で、九つのうち六つを愛知県高浜市で新調し、残り三つは修理して再利用している。新しい部分は、わずかに色が薄くなっており、新旧の違いがよく分かる。西側は大津市ですべて新調した。御影堂は1639年、徳川家光が再建。明治末期以来となる修理が2011年から進められている。すべての修理が終わるのは18年12月の予定。(佐藤慈子)・・・ 2017年2月21日、朝日新聞デジタル 10時33分 配信より

私のコメント : 平成29年2月21日、京都・知恩院 御影堂 明治末期以来となる修理が2011年から進められている。すべての修理が終わるのは2018年12月の予定。

平成29年2月28日、上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士と私は、書面をもとに、対談した。

同日、山口県教職員 相談室に行き、以上の内容、及び、下記の内容については、その私が、昭和56年 当時からの山口県 浄土真宗本願寺派 仏教青年会 会員歴、宗教 活動歴もとにして、その方面における、その活動歴がない山口県教職員 相談室 相談員と私は、対談をした。

『平成29年2月27日、萩市 浄土真宗本願寺派、三千坊 坊守様より、挨拶状に関する 下書きの連絡文が、私の許へ到着し、朝方、私からのその返信文を、三千坊 坊守様へ、送信する。 平成29年2月27日 夕方になり、その返信文を見た 三千坊 坊守様から 私の許へ、電話での、連絡が入る。その際、「 平成29年2月26日に、萩市 三千坊へ参拝したおり、三千坊 坊守様へ、私から手渡している私の書面、文面のとおりに、萩市 三千坊 住職と坊守様の間に立つことが、容易ではない状況にあること、今回、平成29年2月27日付 私による返信文、その文章においては、表現もし 書いているつもりの旨 等」を、萩市 浄土真宗本願寺派 三千坊 坊守様へは、私から、申し伝えた。』

...............................................................
本願寺派元幹部職員に無罪判決 京都地裁、架空出張で故意認めず

浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)から、架空の出張費を請求してだまし取ったとして詐欺罪に問われた、元幹部職員(48)の判決が16日、京都地裁であった。坪井祐子裁判長は組織内での不正会計の慣行があった可能性を指摘し、「詐欺の故意を認定するには合理的な疑いが残る」として、無罪(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

起訴状によると、本願寺宗務首都圏センター(東京都)職員だった2010年4月14日~11年4月7日ごろ、同センターの会計担当者に架空出張を25回申請し、新幹線代など計約121万円をだまし取った、としていた。公判で、弁護側は出張には実体があり、「会計担当が横着な会計処理を続けた結果、浮橋さんの犯行に仕立て上げられた」と無罪を主張していた。坪井祐子裁判長は判決理由で、架空出張であることは認定し、会計担当者が「知りながら精算に応じていた疑いが濃い」と指摘。実体のない出張費は「小規模事業所では裏金として交際費などに充てられる慣行が時としてみられ、センターにもこのような慣行があったと考えれば会計担当者の行動を無理なく説明できる」と述べた。その上で、「被告のみならず会計担当者ら部下も協力していたという疑いが払拭(ふっしょく)できない」とし、故意とは認めなかった。判決後、元幹部職員は「無罪の結果だけ見るとありがたいが、(行為を認定した)内容は全く納得できるものではない」と話した。京都地検の矢本忠嗣次席検事は「判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適切に対応したい」とコメントした。・・・ 2017年03月16日、京都新聞 23時40分 配信より

私のコメント: 浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)から、架空の出張費を請求してだまし取ったとして詐欺罪に問われた、元幹部職員(48)の判決が16日、京都地裁であった。坪井祐子裁判長は組織内での不正会計の慣行があった可能性を指摘し、「詐欺の故意を認定するには合理的な疑いが残る」として、無罪(求刑懲役2年6月)を言い渡した。 本願寺派元幹部職員に無罪判決 架空出張で故意認めず。京都地検の矢本忠嗣次席検事は「判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適切に対応したい」とコメントした。

平成29年3月2日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ、以下の内容に関する対応を持った。山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から 関係する宗務内容 書面で、説明を入れて、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室 明治維新部会 北林健二専門研究員と私が、対談した内容に関しては、その萩市 三千坊 前住職様から「僧 月性の交友と交際」について、萩市 三千坊において、私が、聞き及んでいたこと、及、萩市 三千坊 庫裡内 「 上宮聖徳法王帝説 原本 」 等 ・・・その古文書の件について、萩市 三千坊 住職 等から、その私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へも対応している件に関し、山口市 本願寺山口別院 木下祐祥輪番と私は、本願寺 山口別院 応接室にて、平成29年3月1日、対談し、その後、萩市 三千坊 前住職から「僧 月性の交友と交際」に関して その三千坊 前住職と私との対談内容の件、平成29年3月2日付、その私からの作成による、その説明文も、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番 宛て、それを送信をしているため、山口県 県史編さん室 明治維新部会 北林健二専門研究員と私が、朝方、対談した内容に関し、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室、北林健二専門研究員のもとまで、夕方、面会しに、行き、その際、その内容における説明、簡略に、入れた。

外務省 いわゆる 密約書 不在の問題について、その後の対応があり、山口市 経済産業部 阿東農林振興事務所 所長と私は、面談し、その概略における説明をし、理解を求めた。

同日、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題について、その後の対応があり、山口市 経済産業部 阿東農林振興事務所 所長と私は、面談し、その概略における説明もした経緯があり、島根県 益田市 亀井事務所 鎌田様と私は、対談をした。

...............................................................
萩市長選 新人・藤道氏が当選

任期満了に伴う萩市の市長選挙は19日、投票が行われ無所属で新人の藤道健二氏が初めての当選を果たしました。

萩市長選挙の開票は終了しました。

▼藤道健二、無所属、新。
 当選。1万3823票。

▼野村興兒、無所属、現。
 1万2805票。

新人の藤道氏が現職の野村氏を抑えて初めての当選を果たしました。

藤道氏は、萩市出身の57歳。政府系金融の日本政策金融公庫の元職員などを務めました。藤道氏は、「僅差で勝つことができ厳しい船出になると思うがみなさんの支援をもとに市政の再起動に取り組みこれから萩の市政を押し進めていきたい」と述べました。

今回の萩市長選挙の投票率は、62.34%で前回、4年前の選挙に比べて15.23ポイント上回りました。

・・・2017/03月19日、NHK NEWS WEB 22時41分 配信より

私のコメント : 平成29年3月19日、任期満了に伴う萩市の市長選挙は19日、投票が行われ 無所属で新人の藤道健二氏が初めての当選を果たしました。


『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 合同法要 天台、浄土宗 恵心... | トップ | 彼岸入り 如来寺で法要 富士... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。