地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

島根県吉賀町 産業課

2017年08月21日 | 医療活動
平成29年8月21日(月)、島根県吉賀町 産業課 糟谷通輔主任、並び、その課長との対応も経て、私は、島根県吉賀町 産業課 ナガフジ 様と対談した。

同日、山口県 情報公開センターへ 私が、山口県 健康福祉部 薬務課へ提出する公文書開示請求の内容について、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 班長 林 雅裕主幹と私は、対談した。

平成29年8月19日(土)、昭和天皇における、その御 膝治療にも関わりを持っていた医学博士の私の叔父からの伝言もあり、今後の医療体制 維持にかかわって、防府市 医学博士の内科医と私は、対談をした。そのおりに、以下の対応もあり、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について、その防府ロータリークラブ 会員である医学博士へ手渡し、現況における私の身の回りの出来事の多くは、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について 私が、その寄稿している説明、内容文のとおり、その当時から、防府ロータリークラブ 会員、会長、幹事 からの その対応によるところが、多い 旨 等について 簡略に説明もした。

平成29年8月18日(金)、山口県教育委員会 高等学校進学奨励費担当 河本憲明氏と私は、面談し、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」に関し、その会報を山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹へ、8月18日に、私が、手渡し、説明した経緯について、簡略な説明も入れ、その後の対応もあるため、今まで、私が、相談している山口県教育委員会の担当職へ、今回の内容に関しても、山口県教育委員会 各学校教育現場での対応もあるため、担当職には、その内容を確認てほしい 旨の伝言を入れた。

平成29年8月18日、山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号の私が執筆投稿している内容に沿い、山口県下において過去、その献血運動推進全国大会 第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))たまわった 皇太子殿下が, ご視察(山口赤十字病院(山口市)) 等の各内容にも 及び、山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹と、第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))後における 山口県 健康福祉部 薬務課から私への 各種に亘る対応に関し、面談をし 宮内庁 宮務課 職員 関口様と私との今までの対応 等 に関しても、簡略に、その説明も入れた。その際の間、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から 私は、山口県健康福祉部 薬務課への公文書開示請求、その件名: 「平成28年度山口県薬務行政の概要」について平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った山口県薬務課内での説明と合意内容に関する文書、その開示の日時: 平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付を確認後 開示について、その平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付 私が、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹へ、それを支払い、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から、その領収書を受け取った。

平成29年8月17日(木)、 山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹と私は、以下の経緯があり、その内容に関する対談した。

平成29年8月7日(月)、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入り、対談した。

平成29年8月4日(金)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した「地域で活躍する人たちのトークセッション」における対談内容、及び、『  加計学園、獣医学部定員減らす 文科省審議会「多すぎる」   愛媛県今治市で獣医学部の新設を計画している学校法人「加計(かけ)学園」が、文部科学省の審議会から「定員が多すぎる」と指摘を受け、学生の入学定員を百六十人から百四十人に修正したことが市の関係者などへの取材で分かった。審議会は八月中に学部設置の可否を判断し、文科相に答申する見通しだ。加計学園は三月末、学部の設置認可を求める申請書を文科相に提出。市関係者によると、審議会から学園の計画に指摘があった。獣医系大学の定員はこれまで全国の十六校で計九百三十人に抑えられ、最多の大学でも百二十人だった。加計学園の計画は既存大学の規模を大きく上回り、日本獣医師会などから獣医師の質の低下を心配する声が上がっている。加計学園の開設準備責任者の吉川泰弘・新学部設置準備室長は取材に、「変更届を出したが、変更内容は明かせない」と答えた。 ・・・ 2017年8月7日  東京新聞 朝刊 配信より  』 配信記事の内容との各対応があるため、私は、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入った山口県 健康福祉部 薬務課 における業務内容についての連絡と調整を山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹との間では、行った。

平成29年8月5日(土)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 8月4日、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した。この日は、県警の警察官らが周辺を警戒。昭恵夫人は約1時間35分間のトークセッションを終え、報道陣には姿を見せずに帰った。

私は、地方自治体の職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。「米市場の部分開放」、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」
産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月7日、島根県吉賀町職員より「吉賀記を読む ~歴史が語る~ 」に関し、説明を受けた。

平成28年12月5日、島根県益田市役所総務部より連絡を私は、いただいた。

山口県 山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 担当 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談をした。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。

平成28年12月22日、山口県庁 山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 大村勇主幹と私との対応があり、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 三好亮二秘書係長より、萩市役所にて、萩市の立場について、その説明と解釈を私は、聞いた。島根県 津和野町へ私は、行き、島根県 津和野町 商工観光課 職員と私は、津和野における観光に関する面談もし、その後、津和野町 教育委員会 文化財係 主任主事と今まで、山口県 萩市 ・島根県 津和野町 間に亘る経緯に関する文化財保護に関する課題 等も説明を申し上げた。

...........................................................................
「防長風土注進案」は、当時の文化、宗教、祭祀 史実も、記載されている。

平成26年8月、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生と私は、米沢 旧藩主家 上杉家に関する話題も、懇談した。

平成26年9月、立正大学 石井富美子 副学長と対談し、石橋湛山先生からの法灯明を拝聴する。

平成26年10月、山口県 岩国市、公益財団法人 吉川報效会 吉川史料館 館長に、「吉賀記」に関し、学術助言を得た。

平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を手渡す。

平成28年7月11日、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、

平成29年8月9日、山口県知事 村岡嗣政氏 より、平29薬 第368号 平成29年8月7日、「決定期間延長通知書」が、私の許へ到着したため、また、下記の状況に関し、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士から、平成29年8月8日、私の許へ、連絡が入っていて、その対応している各 内容は、島根県下における その事案との関係があるため、私は、島根県 松江市 亀井亜紀子先生 事務所へ、連絡 入れて、その調整をおこなった。

平成29年7月21日にも、平成29年7月14日、記事に関係する 地方自治体による統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私は対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているため、 私は、島根県 益田市 総務部 総務管財課へ、連絡を入れ、昨日、島根県 益田市役所にて、益田市 総務部 総務管財課 鍵村高徳 様と私が、面談した内容及び、その今後の対応に関する、見通しについて、相互に確認をしていった。 祭政一致。・・・

平成29年7月14日に、上記、記事内容に関係する 地方自治体による、その統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているために、 その後、私は、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長の許へ、連絡を入れ、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 河良 職員と 統計調査処理、国からの センサス 調査と集計 島根県 津和野町と 山口県 山口市 総務部 情報管理課 統計調査 と その対応処理の諸関係における、違いに関して、今後の対応、今後の課題、島根県 津和野町と 山口県 山口市との間では、発生していく可能が、非常に、高いため、慶應義塾大学 商学部にて、私が、統計学、産業連関分析学、等 を学び、小尾恵一郎教授、岩田 暁一教授、西川俊作教授、辻村和佑教授 等から、学んだ 計量経済学、及び、各 学事内容を踏まえ、簡略な説明を入れておく。

米価審議会は、農林水産省の諮問機関として、存在していた審議会の一つ。農林水産大臣の諮問に応じ 1999年の審議会制度の大幅見直しに伴って廃止された。

「福沢諭吉の横顔」西川俊作 著
「計量経済学のすすめ」
「数量経済史の原点―近代移行期の長州経済 」
「学問のすゝめ」福沢諭吉 著

湛山回想 (岩波文庫、1985年12月、)
湛山座談 (岩波書店〈同時代ライブラリー〉、1994年2月、)
石橋湛山日記 (上・下巻組、石橋湛一・伊藤隆 編、2001年3月、みすず書房、)

『日本古文書学』 雄山閣 伊木寿一 著 1930年
『日本書道の変遷』 岩波書店 1935年
『古文書学』 慶應通信 1949年



『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「山口県赤十字アマチュア無... | トップ | JA合併に向け調印式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。