地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

社説 天皇退位法案を閣議決定 国民に伝わる国会審議を

2017年05月20日 | 労働経済学
社説 天皇退位法案を閣議決定 国民に伝わる国会審議を

天皇陛下の退位を実現する政府の皇室典範特例法案が閣議決定された。退位は、終身在位をとる明治以降の現行制度では初めてとなる。憲法は天皇の地位を「日本国民の総意に基づく」と定める。近く始まる国会審議では国民に伝わる丁寧な議論を求めたい。天皇退位の議論は、昨年8月の陛下のおことばに始まった。政府の有識者会議が論点を整理し、退位後は「上皇」とすることなどを決めた。一方、今の陛下一代の特例か将来の天皇も対象とする恒久制度化かなど政治的対立がある課題は、衆参両院の正副議長が主導した。与野党協議を踏まえた国会見解は、今の陛下一代の特例法としつつ、これを将来の退位の前例とする位置付けを持たせた。特例法案は与野党の政治的な妥協の結果だが、議論の過程では多くの論点が浮かび上がった。陛下の「お気持ち」が退位に結び付けば、天皇の行為が国政に影響を与えてはならないとする憲法4条に抵触しないかと指摘された。憲法2条は皇位継承を「国会の議決した皇室典範」の規定に委ねており、特例法ではなく皇室典範改正が筋だという議論もあった。与野党が合意に至った経過は必ずしも明らかではない。憲法に関わる問題でもあり、主権者である国民に理解される審議が必要だろう。特例法案の策定過程には疑義があった。政府が主要政党に示した当初案が、国会見解の内容から逸脱していたためだ。法案名の表現を国会見解の「天皇」ではなく「天皇陛下」とし、陛下の「お気持ち」という文言を明記しなかったのが、その例だ。安倍晋三首相はもともと「今上天皇」という表現へのこだわりがあったという。今の陛下を示すため、一代限りの特例の意味合いが強まる。最終的に国会見解と同じ表現に戻った。首相の関与の有無は不明だが、内閣提出法案である。当初案の真意を安倍首相にも聞く必要がある。皇族減少に関する付帯決議も焦点だ。婚約される秋篠宮家の長女眞子(まこ)さまは結婚後、皇室を離れる。女性宮家創設を含めた検討が必要だ。 皇室の将来を見据え、国会も責任ある議論を喚起すべきだ。

・・・ 平成29年5月20日(土)、毎日新聞 東京朝刊より

私のコメント: 平成29年5月19日(金)、天皇陛下の退位を実現する政府の皇室典範特例法案が閣議決定された。退位は、明治以降の現行制度では初めてとなる。 憲法は天皇の地位を「日本国民の総意に基づく」と定める。国会審議で、国民に伝わる議論を求めたい。

平成29年5月18日(木)、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長と私は、津和野町長 下森博之氏より、津総財 第142号 公文書開示決定通知書をもとにし、対談し、その対談内容は、以下の内容にも関係しているため、前任の島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 青木主事 ( 現在は、津和野町 商工観光課へ勤務 ) のもとまでも、私は、その関係する内容に関し、その連絡確認を入れた。
.........................................
平成29年1月10日、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 青木主事と私は、連絡対応を持つ。

同日、山口県議会事務局 山口県議会 吉井利行議員へ、私からの連絡文を送付した後 以下の各経緯も踏み、島根県 益田市 亀井先生 事務所へ、「山口県議会の議長を務める畑原基成氏が8日未明、急性心不全のため入院先の病院で亡くなりました」  山口県地方版 新聞における 記事内容 等、申し伝えた。

同日、損保ジャパン日本興亜株式会社 下関 保険金サービス課 石井様 と連絡対応を持つ。

以下 省略 ・・・



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 在日米軍再編  米軍艦載機受... | トップ | JR宍道駅、「瑞風」迎える... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。