地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

選挙 吉賀町長選 岩本氏が出馬表明 「住民の一体感醸成」 /島根

2017年07月15日 | 学習院大学
選挙 吉賀町長選 岩本氏が出馬表明 「住民の一体感醸成」 /島根

任期満了(10月29日)に伴う吉賀町長選で9日、副町長の岩本一巳氏(57)が立候補を表明した。記者会見した岩本氏は「12年前の合併で誕生した吉賀町の住民の一体感を醸成したい」と述べた。同町長選で出馬表明は岩本氏が初めて。

岩本氏は、教育環境の充実や障害者の生活支援、地域ブランドの確立などを主な政策に挙げた。岩本氏は県立吉賀高校卒業後に旧六日市町役場に入り、旧柿木村との合併後は総務課長などを歴任した。30日付で副町長を辞職する。

    ◇

3期目の現職、中谷勝町長(71)は9日に開会した町議会定例会で「やりかけの事業があるからと(町長を)続けていては際限がない。今期限りで身を引く」と引退することを明言した。【横井信洋】 ・・・ 2017年6月10日  毎日新聞 地方版 配信より


私のコメント : 2017年6月10日 任期満了(10月29日)に伴う吉賀町長選で6月9日、副町長の岩本一巳氏(57)が立候補を表明した。記者会見した岩本氏は「12年前の合併で誕生した吉賀町の住民の一体感を醸成したい」と述べた。同町長選で出馬表明は岩本氏が初めて。 3期目 現職、中谷勝町長は 6月9日に開会した町議会定例会で 「 やりかけの事業があるからと続けていては 際限がない。 今期限りで身を引く 」 と引退を明言された。






『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犬山・小牧で記録的豪雨 | トップ | 県公安委員会 委員長に倉田... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

学習院大学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。