地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

日本郵政、巨額損失の恐れ 海外買収で最大数千億円 政府の株式売却に影響も ・・・

2017年04月21日 | 郵政民営化問題
日本郵政、巨額損失の恐れ 海外買収で最大数千億円 政府の株式売却に影響も 国内企業の積極策裏目に

日本郵政が、傘下のオーストラリアの物流大手「トール・ホールディングス」の不振に伴い、2017年3月期決算で巨額損失の計上を検討していることが20日、分かった。損失額は数千億円に上る可能性がある。資源価格の下落によって取扱量が減るなどし、トール社の収益が悪化したのが原因。損失を計上すれば、政府が準備を進める日本郵政株の追加売却に影響が出る。

日本企業による海外企業買収を巡っては、経営再建中の東芝が米原発会社で7千億円を超す損失の計上を迫られるなど巨額損失の発生が相次いでいる。性急な事業拡大や円高に乗じた安易な買収戦略が裏目に出て経営の打撃となっている。

日本郵政が検討しているのは、トール社の買収時に発生した「のれん代」の評価引き下げだ。買収額が会計上の純資産額を上回っていた部分で、将来的な収益力やブランド力を表すとされる。通常は段階的に償却するが、価値が失われた場合には見直す必要がある。16年末は3860億円が残っている。このうち数千億円を損失処理する可能性がある。

日本郵政は20日、トール社の業績が計画に達していないとして、損失処理の要否を含め検討中だと発表した。社内には損失計上は不要だとの意見もあり、関係者の間で調整を進めている。・・・2017.4.20、産経新聞 19:39更新配信より

....................................................................................
....................................................................................
日豪で初の戦闘機訓練へ 都内で防衛相会談

稲田朋美防衛相は19日、防衛省でオーストラリアのペイン国防相と会談した。会談は昨年8月以来で、防衛協力の強化などについて話し合い、平成30年に日本で戦闘機を用いた初の共同訓練を実施することで一致した。定例化を視野に入れているという。会談の冒頭、稲田氏は「地域の安全保障環境は厳しさを増している。日豪の特別な戦略的パートナーシップをさらに深化させたい」と述べ、ペイン氏は「今後、より高レベルな訓練、あるいは相互運用性を重視した協力を模索していきたい」と応じた。 ・・・  2017/4/19(水)、 産経新聞  19:19配信 より

私のコメント : 稲田朋美防衛相は19日、防衛省でオーストラリアのペイン国防相と会談した。会談は昨年8月以来で、防衛協力の強化などについて話し合い、平成30年に日本で戦闘機を用いた初の共同訓練を実施することで一致。ペイン氏は「今後、より高レベルな訓練、あるいは相互運用性を重視した協力を模索していきたい」。

....................................................................................
....................................................................................
<朴大統領秘線>崔氏、対日外交など介入疑惑も

崔順実(チェ・スンシル)氏のパソコンのファイルからは、大統領当選直後(2013年初め)の朴槿恵(パク・クネ)大統領と国内外主要人物の会見を控え、当時の大統領職業務引継ぎ委員会が作成したとみられる多数の文書が見つかった。この文書には会う人物が誰かによって対話のテーマ、状況別の対応コメントなどが詳細に書かれていた。

「安倍晋三首相特使団接見資料」と題したファイルは、2013年1月4日の日本特使団との接見を控えて作成されたファイルだ。分量はA4用紙9枚分だ。当時、当選者としての立場だった朴大統領は、最初の公式日程として額賀福志郎元財務相ら特使団3人と会った。実際、会談の時刻(午後2時)の9時間ほど前である午前4時52分、このファイルは崔氏のパソコンに保存されていた。

ファイルの冒頭には日本特使団の簡略なプロフィールと国内滞留日程があった。「安倍首相が1日、額賀特使を自宅に呼んで韓日関係重視の立場に言及し、自身の立場を当選者に伝えることを指示した」という情報もあった。

特に「韓日関係の敏感な核心懸案(日本側の言及時に対応)」という項目には最も多い分量(A4用紙2枚半分)が割かれた。核心懸案のうち最初に取り上げられたのが独島(ドクト、日本名・竹島)問題だ。文書には「日本側が『竹島の日』行事を中央政府レベルで推進しない方向で検討するという立場に言及する場合、不言及(微笑で応える)」で対応するよう書かれている。また「独島問題が首脳間の面談で取り上げられたということ自体が問題になる」という説明も付け加えた。さらに「避けられない場合、独島という表現を使わず、両国間の歴史問題によって両国関係の基本枠が毀損されないように日本側が賢明かつ分別がある行動をとることを望む」という注文もあった。

旧日本軍慰安婦被害者の問題については「日本側が忌避する事案であり、先に言及する可能性が低い」という予想が書かれていた。「個別事案への言及よりも大きな枠で歴史に関する日本側の正しい認識が両国関係発展の基本だと言及するのが望ましい」という説明も付け加えた。

「ジュリア・ギラード豪州首相通話参考」と題した文書には、豪州の初の女性首相であるギラード首相と朴大統領の予想通話内容があった。ギラード首相は2013年6月に退任した。文書にはギラード前首相がツイッターに朴大統領の当選を祝うメッセージを掲載したという説明があり、2012年の北朝鮮のミサイル発射直後に豪州が非難声明を発表したことに対して感謝を表明するべきという助言も含まれた。実際、朴大統領とギラード首相は2012年12月28日午後4時30分から12分間ほど通話し、この文書は通話前の28日午前1時44分に崔氏のパソコンに最終保存された。

「梁承泰(ヤン・スンテ)最高裁長官面談参考資料」ファイルは2013年1月4日午前5時37分に保存された。該当ファイルは当選者だった朴大統領の発言のポイントを大きく▼司法府の信頼回復▼4大悪の根絶▼司法権の独立--の3つに分けて説明した。文書末にある参考資料には「最高裁長官就任1年間の裁判所関連主要懸案」もあった。「映画『トガニ(るつぼ)』波紋」(女性・障害者対象性犯罪問題)、「ソ・ギホ元判事再採用問題などによるリーダーシップ不在批判」としてこの懸案について説明していた。最高裁の関係者は「大統領当選者と最高裁長官の公式面談記録はない」と明らかにした。 ・・・ 2016年10月26日08時11分[ ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 より

私のコメント : 崔順実氏のパソコンのファイルからは、大統領当選直後(2013年初め)の朴槿恵(パク・クネ)大統領と国内外主要人物の会見を控え、当時の大統領職業務引継ぎ委員会が作成したとみられる多数の文書が見つかった。この文書には会う人物が誰かによって対話のテーマ、状況別の対応コメントなどが詳細に書かれていた。 「安倍晋三首相特使団接見資料」と題したファイルは、2013年1月4日の日本特使団との接見を控えて作成されたファイルだ。分量はA4用紙9枚分だ。当時、当選者としての立場だった朴大統領は、最初の公式日程として額賀福志郎元財務相ら特使団3人と会った。実際、会談の時刻(午後2時)の9時間ほど前である午前4時52分、このファイルは崔氏のパソコンに保存されていた。 崔氏のパソコンには、「ジュリア・ギラード豪州首相通話参考」と題した文書には、豪州の初の女性首相であるギラード首相と朴大統領の予想通話内容もあったという。他国との特使団との接見記録 等、残されている模様である。現在、 「安倍晋三首相特使団接見資料」と題したファイル以外も、その全容の解明、韓国 司法当局の努力により、急がれる状況にある。








『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中川政務官辞任で参院経済産... | トップ | <日本郵政>数千億円規模の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。