地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

北ミサイル、高度2千キロ超か…新型の可能性

2017年05月14日 | 教育
北ミサイル、高度2千キロ超か…新型の可能性

北朝鮮は14日午前5時28分頃、同国北西部・平安北道(ピョンアンプクト)亀城(クソン)付近から東北東方向に弾道ミサイルを発射した。

ミサイルは約30分間、約800キロ・メートル飛行し、朝鮮半島の東約400キロ・メートルの日本海に落下した。弾道ミサイルの発射は、北朝鮮との対話を重視する韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が10日に就任してから初めて。

菅官房長官は14日朝、2度にわたって記者会見し、ミサイルが落下したのは、日本の排他的経済水域(EEZ)の外側とみられ、航空機や船舶への被害は確認されていないと発表した。ミサイルの飛行時間が従来より長かったことに関し、稲田防衛相は記者団に、ミサイルの高度が初めて約2000キロ・メートルを超えたと推定され、新型ミサイルの可能性があると述べた。

安倍首相は、〈1〉情報収集・分析に全力を挙げ、国民に迅速・的確な情報提供を行う〈2〉航空機や船舶の安全確認を徹底する〈3〉不測の事態に備え万全の態勢を取る――ことを指示。さらに、首相官邸で開いた国家安全保障会議(NSC)で国際社会と連携して対応するよう求めた。政府は、北朝鮮に対し、北京の大使館ルートを通じて厳重抗議した。

首相は14日、首相官邸で記者団に対し、「断じて容認できない。度重なる北朝鮮のミサイル発射は我が国に対する重大な脅威であり、国連の安全保障理事会決議に明確に違反する」と述べた。

北朝鮮は昨年、2度の核実験を行ったほか、今年に入っても弾道ミサイル発射を繰り返している。政府は昨年8月から自衛隊に破壊措置命令を発令して警戒監視を続けているが、今回、ミサイルが日本に飛来する可能性がないと判断し、迎撃措置はとらず、全国瞬時警報システム「Jアラート」は使用しなかった。・・・ 平成29年5月14日(日)、読売新聞 10:16配信 より
........................
北朝鮮ミサイルで自民党が緊急会議

自民党は14日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて「北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部」の緊急役員会を開いた。政府に対して情報収集や関係国との連携を求めていくことを確認した。茂木敏充政調会長は終了後、「断じて容認できず、強く非難する。政府と連携して対応したい」と述べた。細田博之総務会長や片山さつき政調会長代理らも出席した。・・・ 平成29年5月14日(日)、日本経済新聞 11:02 配信より

私のコメント : 平成29年5月12日、自民党細田博之総務会長は12日の記者会見で、女性問題報道で離党した中川俊直 衆院議員(広島4区)を、細田派(清和政策研究会)所属のままにすると明らかにした。 中川氏の将来的な復党については「今後の課題」と含みを持たせた。・・ 中國新聞 平成29年5月13日 配信より

国内外に、自民党 細田博之総務会長が、記者会見で、女性問題報道で離党した中川俊直 衆院議員(広島4区)を、細田派(清和政策研究会)所属のままにすると明らかにした内容に関しても、日本の野党側 国会議員により、その国政内容に関する国会における、その追求についても、また、内外の国民へ対しても、わかりやすく、その説明責任が、はたされて いないという問題があり、茂木敏充政調会長、細田博之総務会長、片山さつき政調会長代理の責任は、日本国民に対し、重大な責任があると感じる。

私は、平成28年1月22日、東京都千代田区 永田町2-1-1-420 参議院議員 国会事務所 片山さつき先生 宛へ 私からの送信文 6枚 「 日本外務省 いわゆる密約書の不在に関する問題、私の元勤務先 山口県立防府商業高等学校内にて、外務大臣 官房総務課より、関与させられ、その外交内容に関し、参議院外交防衛委員長 片山さつき先生へ連絡 いたします件 」について、その送信し、その際は、「参議院 外交防衛委員長 片山さつき先生、下関市と山口市には、来訪をされている 等」との返事も、東京都千代田区 永田町2-1-1-420 参議院議員 国会事務所 片山さつき先生 秘書 米原様より、私は、伺ってもいる。



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮ミサイルで自民党が緊... | トップ | 北朝鮮ミサイル 高度推定20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。