地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

阿蘇山噴火:気象庁「同じ規模、起こりうる」警戒呼びかけ

2016年10月08日 | 地震・噴火
阿蘇山噴火:気象庁「同じ規模、起こりうる」警戒呼びかけ

中岳第1火口 噴煙は高さ1万1000メートル上空まで

8日午前1時46分ごろ、熊本県の阿蘇山の中岳第1火口で爆発的噴火が発生した。気象衛星ひまわり8号の観測によると、噴煙は高さ1万1000メートルの上空まで上がった。気象庁は阿蘇山の噴火警戒レベルを「2」(火口周辺規制)から「3」(入山規制)に引き上げ、火口から2キロの範囲での噴石の飛散や火砕流に警戒するよう呼び掛けている。

阿蘇山で、一定以上の爆発や空気の振動を伴う爆発的噴火が起きたのは1980年1月26日以来、36年ぶり。噴火に伴う火山性微動で、熊本県南阿蘇村で震度2の揺れを観測した。阿蘇山で火山性微動により震度2以上の揺れを観測したのは95年以来。気象庁は噴煙の高さから予測して、約380キロ離れた兵庫県南あわじ市までの100以上の市町村に降灰予報を出した。

噴火を受け、熊本県阿蘇市は小学校や公民館など12カ所に避難所を開設し、一時は2世帯6人が避難した。火口から北東約4.5キロの所にある同市の「阿蘇青少年交流の家」では窓ガラスが割れる被害があり、屋内から噴石と見られる複数の石が見つかった。市内では午前3時ごろに停電が発生したが、数分で復旧した。

気象庁によると、阿蘇山では今年7月から地下のマグマだまりの膨張によるとみられる地殻変動が観測され、10月上旬から火山性地震などが活発化していた。小規模な噴火が7日午後9時52分にあり、同10時ごろから火山性微動が大きくなった。8日未明の噴火の約15分前に微動が急激に小さくなり、その後、爆発的噴火が起こった。

気象庁の斎藤誠火山課長は8日未明に記者会見し、噴火直前の7日午後11時50分ごろから、山体の膨張を確認したが、噴火後は目立った隆起が見られないとして、「現時点ではこれ以上大きな噴火の可能性は低いが、同じ規模の噴火が起こりうる」と説明し、警戒を呼び掛けている。【久野華代】 ・・・ 平成28年10月8日(土)、毎日新聞 配信より

私のコメント: 気象庁の斎藤誠火山課長は8日未明に記者会見し、「現時点ではこれ以上大きな噴火の可能性は低いが、同じ規模の噴火が起こりうる」と説明し、警戒を呼び掛けている。



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明治維新から150年で事業検討 | トップ | 墜落米機の同型機が飛行再開... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震・噴火」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。