地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

彼岸入り 如来寺で法要 富士吉田 /山梨

2017年03月21日 | 旅行
彼岸入り 如来寺で法要 富士吉田 /山梨

彼岸入りの17日、富士吉田市新倉の「如来寺」(渡辺英道住職)では恒例の法要があった。檀家(だんか)らが読経を唱和し、法話に耳を傾けた。 浄土真宗本願寺派の佐賀県・證誠(しょうじょう)寺の橋本孝生副住職は、「自分中心で物事を判断するから本当のことが見えなくなる」と語りかけた。彼岸の意義についても話した。【小田切敏雄】

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170318/ddl/k19/040/056000c#csidx785aa4348e817a9822ad7c01b7d7a99 Copyright 毎日新聞 ・・・2017年3月18日、毎日新聞 地方版 配信より

私のコメント : 平成29年3月10日、富士急行社長室 広報 担当 清水様と私は、上記、下記の内容における件に関係して、一日、二回の連絡対応を持った。具体的な、二人の間における対談の内容については、公表を控える。
.................................................................................
衆議院議員 堀内詔子代議士の山梨県 吉田事務所 対応の件

堀内詔子代議士の山梨県 吉田事務所に依頼していた内容の資料と書類が、11月25日に、到着し、私が、伊木寿一氏からの古文書研究方法について、拝聴している内容に関し、その研究を前進することもできた。11月26日、私が、山梨県 吉田事務所から関係の資料を拝受し、及び、私が、山口県出身 佐藤栄作先生と山梨県出身 金丸 信先生、小佐野賢治先生 等における外務省 密約 各問題に関係し、私のブログを立ち上げていて、今まで、各学事関係、その説明している内容に関しては、私から、堀内詔子代議士の秘書 鈴木様に、その伝達し、「堀内詔子代議士には、私のブログ内容の閲覧を願う 旨」を申し伝えた。 2015/8/9
............................................................................
退位、特例法の容認を示唆…民進・野田氏

衆参両院の正副議長と各党・会派の代表者は8日、天皇陛下の退位に関する3回目の全体会議を衆院議長公邸で開いた。民進党の野田幹事長は自民、公明両党に対し、陛下一代限りとする特例法で対応する場合は退位の要件に言及するよう求めた。退位を可能とする具体的な規定で合意することを条件に、特例法を容認する可能性を示唆したものだ。正副議長は重ねて各党に譲歩を促し、13日の個別の意見聴取で着地点を見いだしたい考えだ。法整備では、与党が一代限りの特例法制定を主張する一方、民進党は皇室典範に〈1〉(皇位を継ぐ)皇嗣(こうし)が成年に達している〈2〉天皇の意思に基づく〈3〉皇室会議の議決を経る――の3要件を明記し、退位の制度化を図ることが望ましいと訴えてきた。野田氏は会議で、「一致点を見いだすための努力をしたい」と述べた上で、3要件の是非について自民、公明両党に見解を尋ねた。3要件が特例法に反映される可能性があるかどうか見極めるためだ。野田氏は会議後、記者団に「特例法でも将来の先例になるなら、要件的なものを詰めることが大事だ。不透明だと判断できない」と強調した。これに対し、自民、公明両党は、皇室会議の議決については否定的な考えを示したものの、他の2要件は皇太子さまが成年に達していることなどから、現状でも満たされているとの認識を示した。また、自民党の高村正彦副総裁は会議で、「典範の付則に特例法との一体性を示す文言を入れる」と改めて提案し、特例法は違憲の疑いがあると主張している民進党に配慮した。一方、共産党の小池書記局長は「典範改正でなければ違憲との主張はしていない」と語り、重ねて特例法を容認する姿勢を示唆した。大島衆院議長はその後の記者会見で、「結論をまとめる段階に入りたい。前回よりは各党の隔たりが縮まった」と語り、今月中旬の意見集約に意欲を見せた。全体会議は2、3両日に続いて開かれた。皇位継承の安定性を議論する必要性についても一致している。 最終更新:3/9(木) 0:29 ・・・2017/3/9(木)、読売新聞 最終更新  0:29 配信より

私のコメント : 平成29年3月8日、 民進党の野田幹事長は、陛下一代限りとする特例法で対応する場合は退位の要件に言及するよう求めた。退位を可能とする具体的な規定で合意することを条件に、特例法を容認する可能性を示唆した。正副議長は重ねて各党に譲歩を促し、13日の個別の意見聴取で着地点を見いだしたい考えだ。民進党は皇室典範に〈1〉皇嗣が成年に達している〈2〉天皇の意思に基づく〈3〉皇室会議の議決を経る――の3要件を明記し、退位の制度化を図ることが望ましいと訴えてきた。

平成29年3月8日、日蘭交流400周年 記念事業、『 日蘭交流400周年 記念シンポジュウム 「日本の近代化に果たした西周の役割と21世紀の日蘭関係」 日時 平成13年3月3日(土) 午後7時から、場所 津和野町町民センター大集会室、主催 津和野町、基調講演 「日本とオランダ」 講師 在大阪・神戸オランダ総領事館総領事 ヤン・デ・フリース 氏 』 と私との対応も、縦続してあるため、その関係する島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 青木 副主任主事と津和野町 役場にて、対談し、今迄の経過もあり、私は、日本における、そのオランダ外交における重要性を説明したが、現 津和野 下森博之町長においては、当時における日蘭交流400周年 記念事業 津和野町における様子を知らず、現在は、ドイツ連邦共和国との国際交流へ専念されており、専ら、日独間における友好親善を務められ、その認識には、至っていない旨 等について、私は、津和野町における、その国際友好親善、津和野町をあげて、とりくまれている内容も拝聴をした。私は、そのため、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課への 再度、その関係する内容における 公文書 開示請求、 島根県 津和野町へ対し、それを起こし、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課へ、その対抗処置も講ずるすることとなった。
................................................................................
堀内英子さん死去(故堀内光雄元通産相の妻)

堀内 英子さん(ほりうち・えいこ=堀内光一郎富士急行社長の母、堀内詔子衆議院議員の義母、)4日死去、83歳。個人の意志で葬儀は近親者で営んた。自民党「宏池会」の会長を務めた故堀内光雄・元通産相の妻。連絡先は富士急行社長室(広報担当0555・22・7113)・・・2017/3/9 朝日新聞 配信より

私のコメント : 故 堀内英子さん の父は、戦後、衆参両院の議員 歴任された辻政信 旧日本陸軍参謀となる。喪主は堀内光一郎 富士急行社長。



『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地下鉄サリン事件から22年... | トップ | <韓国>朴氏「正常な政策判... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。