地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

『ルドルフとイッパイアッテナ』原作者・斉藤洋氏、“猫の日”に明かす映画裏話

2017年02月24日 | 芸術 文化
『ルドルフとイッパイアッテナ』原作者・斉藤洋氏、“猫の日”に明かす映画裏話

世代を超えて愛され続けてきた児童文学を3DCGアニメーション化し、昨年8月に公開され観客動員数120万人を記録した映画『ルドルフとイッパイアッテナ』。原作は、1987年に刊行されたシリーズ累計100万部を誇るベストセラー。ニャン・ニャン・ニャンの語呂合わせで制定された“猫の日”のきょう2月22日、原作者・斉藤洋氏が作品について語ってくれた。

『ルドルフとイッパイアッテナ』場面写真

 同作は、長距離トラックの荷台に迷い込んで大都会・東京に来てしまった黒猫ルドルフが、街を牛耳るボス猫・イッパイアッテナに出会い、成長していく姿を描く。井上真央がルドルフ、鈴木亮平がイッパイアッテナの声優を務めたほか、八嶋智人、古田新太らが出演。実は斉藤氏も“自転車のおじさん”の声優を務めている。

――本作で声優を務められた感想、自分の声がスクリーンで流れたのを観ていかがでしたか?
【斉藤】感動ですね。最初に本がでたときも「わっ!うれしいな」と思いましたけれど、声優になればよかった、作家じゃなくて(笑)。楽しかったです。(アフレコ現場で)真剣に仕事をしているオジさんたちに会って、本当に勉強になりました。

――映画化にあたって、特に思い入れのあるキャラクターはいますか?
【斉藤】もちろん “自転車のおじさん”ですね(笑)。その次は…やっぱりルドルフはかわいいです。原作は真っ黒なんですが、映画のルドルフは頭としっぽは白なんです。映画の最初、ルドルフが走っていくシーンがあって、しっぽが白いところが見えている。そこがかわいいですよね。

――自身の出身地でもある江戸川区が舞台になっていますが、江戸川区の魅力はなんですか?
【斉藤】自分がたまに実家の方へ行くとJR小岩駅からバスに乗って景色を見ているんです。そうすると迷っていると勘違いして、おばさんが教えてくれるんですよ。「どこで降りるんですか?〇〇なら次ですよ」と。おせっかいといえば、おせっかいなんですけど親切ですよね。本当に人情味あふれる街だと思います。

――同作以外にも『ペンギンたんけんたい』シリーズなど、動物を主人公にした作品が多いですが、こだわりの理由はありますか?
【斉藤】動物は書きやすいんですよ。やっぱり動物が好きなんでしょうね。今でも動物園には、毎週はさすがにないけれど4ヶ月に1度は必ず行きます。井の頭動物園や、この前は上野動物園に行きました。

――幅広い世代から長年愛されてきた原作だと思います。改めて、ファンへメッセージをお願いします。
【斉藤】映画は原作と違うところもあるので。原作ファンは「原作がいい」という方もいると思うんですね。そういう気持ちはひとまず置いて、別物として見てほしいですね。

 今月18日には、江戸川区で行われた同作の特別上映の舞台あいさつに出席した斉藤氏。ルドルフの飼い主だったリエちゃんのモデルになった方の来場が明かされたほか、上映中は江戸川区の地図の登場シーンで拍手が起こるなど、地元ならではの盛り上がりを見せた。『ルドルフとイッパイアッテナ』DVD&Blu-rayは、きょう22日発売。・・・2017/2/22、オリコン 10:00 配信より

私のコメント :  山口県 防府市 井上真央 花燃ゆ。 『ルドルフとイッパイアッテナ』DVD&Blu-rayは、昨年8月に公開され観客動員数120万人を記録した映画『ルドルフとイッパイアッテナ』。原作は、1987年に刊行されたシリーズ累計100万部を誇るベストセラー。ニャン・ニャン・ニャンの語呂合わせで制定された“猫の日”の 2月22日、平成25年2月22日 発売。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「防長風土注進案」は、当時の文化、宗教、祭祀 史実も、記載されている。

日原町史は、和歌森太郎、宮本常一の尽力より 完成されたものである。

平成26年8月、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生と私は、米沢 旧藩主家 上杉家に関する話題も、懇談した。

平成26年9月、立正大学 石井富美子 副学長と対談し、石橋湛山先生からの法灯明を拝聴する。

平成26年10月、山口県 岩国市、公益財団法人 吉川報效会 吉川史料館 館長に、「吉賀記」に関し、学術助言を得た。

平成26年10月、「長州藩士桂家文書」に関する論文、立正大学情報メディアセンターから、入手。伊木寿一氏から研究方法、私は、拝聴している。

平成28年6月9日、島根県 吉賀町役場へ公文書開示請求 提出に関し、山口県広報広聴課 県民相談担当 主査のもとへ、前 山口県山本繁太郎知事と私との対談内容に関する内容もあるために、その報告と相談に行った。

平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を手渡す。

平成28年7月11日、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」、福田康夫、福田宗貴、裏千家、花燃ゆ、
..................
日積地区で独自測定 米軍機騒音 柳井市、苦情急増受け調査

山口県柳井市は30日、米海兵隊岩国基地(岩国市)の米軍機とみられる航空機騒音の苦情が急増している同市日積地区に、独自に騒音測定器を設置した。市内では、国が設置している神代地区に次いで2カ所目。1日から調査を開始し、騒音の実態を把握する。

日積公民館の屋上に、業者が高さ2・50メートルの集音計を設置した。公民館に隣接する市日積出張所に騒音データを送る仕組みで、市職員が解析する。

市によると、市内で本年度寄せられた騒音苦情は10月末時点で81件。このうち日積地区は8件で、神代地区の40件に次いで多い。昨年度は全市で1年間に7件だった。

市や県などでつくる基地関係県市町連絡協議会は8月、市内の騒音調査箇所を増やすよう国に要望したが、市は早急な増設は困難とみて独自財源での設置を決定。9月に市議会で可決された2015年度一般会計補正予算に、機器代と設置費計120万円を盛り込んだ。

市危機管理室は「岩国基地には17年ごろまでに空母艦載機の移転が予定され、騒音への住民の関心は高い。対策や米軍への申し入れに役立てるため、測定結果は国に提供する」としている。(野田華奈子) ・・・・ 2015年12月1日、中國新聞 朝刊 掲載 より

私のコメント: 「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」について、過去に、私は、勤務先へ、外務大臣 官房総務課より、事前に、その内容に関する連絡も受け、その内容に関しては、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容があるため、その後、私は、前参議院議員 亀井亜紀子先生との間でも、その対談を持ち、その後の経過を経て、島根県 益田市役所 総務部 より、平成28年11月17日付 益総危第36号 内容に関する、行政文書部分開示決定書 等も受け取り、その内容に関し、益田市役所にて、その閲覧 等 対談も私は、益田市役所 総務部 危機管理課 職員との間にて、おこない、また、その踏み込んだ内容 等の連絡については、平成28年12月2日、島根県 益田市役所 総務部 より いただくことが出来た。

山口県立防府商業高等学校へ 私が、勤務中に、外務大臣 官房総務課より、私は、外務省 密約書 不在に関する問題に関しての連絡を受けた後も、外務省 密約書 不在の問題 関係させられ、その後、以下 経緯もあり、その内容に関しては、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるため 私は、平成29年2月23日、書面で、山口県広報広報課 県民相談室へ連絡文を入れて、その書面の内容に沿い、山口県 環境生活部 環境政策課 大気・化学物質環境班 大嶋裕司 主幹と面談し、山口県 環境生活部 環境政策課 大気・化学物質環境班からの、現況における、その内容に関し、その面談をした。

平成25年2月22日、「竹島の日」記念式典、溝口島根知事が訴え、政務官の出席は、第2次安倍晋三内閣が発足してから4年連続だが、島根県側が求めた首相や関係閣僚の出席は今回も見送られた、政府主催の式典も実現していない。

平成29年2月22日、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士から、その証拠となる添付があいまいなままの、ただ、上田・藤井総合法律事務所 弁護士にとって、その都合のいい、一方的な 連絡書面が、私の許へ、到着し、上田・藤井総合法律事務所 弁護士による 今迄の対応、誠意ないものがあり 納得 理解ができないため、日米安保条約下、米軍飛行場 基地 移転問題 等、その問題に起因する人権被害、その事案、いたずらに、伸していくことも、なくしていくため、ブログに表記していく。

平成29年2月23日、上下の記述 内容 対応あり、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士と私は、対談をした。
.....................................................................
島根県 津和野町役場 商工観光課  公文書開示決定通知書

平成29年2月22日、島根県 津和野町役場 商工観光課 イワサ様と 津和野町長 下森博之氏からの、担当 津和野町役場 商工観光課 公文書開示決定通知書 もとに、私は、今回における、その公文書開示決定書通知書における、その不明な点に関する、連絡対応を持った。
...................................................................................
平成29年2月22日、外務省 密約書 不在の問題にも関係し、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室 明治維新部会 北林健二専門研究員と私は、対談した。島根県が制定した「竹島の日」の22日、記念式典、及び、一連の日本外務省との対応も私には、あるため、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室 明治維新部会 北林健二専門研究員と私が、対談した内容に関して、マスコミ報道局 各関係者の皆様におかれまして、その関心が あるなら、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室へ対し、この件のお問い合わせ、お願いを申し上げます。

平成29年2月21日 、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に私は、関係し、山口県米軍 岩国基地、米軍 飛行機の飛来からの煤煙 大気 廃棄物 拡散の件で、山口県 農林水産部 農業振興課 農業技術班 原裕美主査、および、弘中泰典主任と 当時、私が、拝聴していた 神奈川県 日吉 慶應義塾大学 校舎内にて、私の恩師により当時の農作物 収穫に関する学術指導を受けていた内容、また、農林水産省における局長つとめていた 私の大叔父、中川稔氏からの 農業 営繕事業 教えと、その後、その弟 中川崇氏による、私へのお言葉 等、また、米軍基地がある 神奈川県 保健所へ、衛生監視員として勤務 経験があった私の叔父による私への助言 等をもとにして、山口県農林水産部 農業振興課にて、対談をした。

同日、平成29年2月17日、1月5日、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 有近眞知子弁護士へ面会し、その後、上田和義弁護士との対談、私からの挨拶状を手渡したという、下記の経緯あり、私は、上田和義弁護士に対し、主治医の医師も交え、医師の立ち会いのもと、医師からの意見、および、助言 等 についても聴き ながら、上田和義弁護士に対し 面談し、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 有近眞知子弁護士の許へ、私が、相談へ行った経緯に関する内容に関係し、私の主張したいことについても、ようやく、主張することができた そのお礼の言葉を述べるため、平成29年2月21日、私の主治医の許へ行った。その後、同じ防府市内にある、学習院大学 川嶋 辰彦教授のもとで そのゼミ員をつとめられていた会社社長のもとへ、私は、その会社の商品を購入しに行った。そのおり、その会社内にて、学習院大学 川嶋 辰彦教授のもとでゼミ員を務められていた会社社長とその父親である会社会長へ私は、挨拶をすることもできた。

.......................................................................
「福沢諭吉の手紙」 慶應義塾編 岩波文庫 について

早稲田大学 大学史 資料センターより 毎年 創立記念日(10月21日)に 刊行されています「大隈重信関係文書」と併読していくと、一層理解できる内容になります。
 
「人は、誠実でなくては何事も成就しない 誠実とは、自分が従事している仕事に対して親切なことである 伊藤博文」 

地方自治体 職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されています。「米市場の部分開放」、熊本県産米、熊本地震、TPP、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、宍道湖に緋色燃ゆ、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」

産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員 池尾和人、伊藤元重、今井敬、大賀典雄、大田弘子、奥島孝康、今井務、木村尚三郎、香西泰、河野光雄、小島明、小長啓一、宍戸善一、島田晴雄、竹内佐和子、武富將、辻義文、鳥居泰彦、中谷巌、中西真彦、福岡道生、本間正明、三輪芳朗、諸井虔、八代尚宏、弓倉礼一、吉岡初子、鷲尾悦也、

「​産業連関分析ハンドブック」に 『​数量経済史』 ​(2)​ 「長州表と戦前期表」についてが論述されています。慶應義塾大学 在学時代、沖縄県農産品について私は、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成23年12月「長州の経済構造 西川俊作 著・編者 一橋大学 斎藤修名誉教授」が発刊となった。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」に関する論文、立正大学情報メディアセンターから、入手できた。伊木寿一、石橋湛山による分析・研究方法も、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町 日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係について、私の慶應義塾大学における卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」について、宝暦時、津和野 堀家との関係もあり、慶應義塾大学 商学部 西川俊作教授の許へ提出した、私の父 森田良吉氏が、山口県文書館に勤務していた当時、私が、見聞した文化交流の経緯、島根県津和野町教育委員会 職員へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援をもと、山口県文書館 研究主事の努力より、関係各位へお尋ねをいれ、その歴史考証、書き下しの語訳 完成されたものである。

平成28年3月1日(火)、平成27年度 公立学校卒業証書の授与式が、山口県で実施された。山口県立防府商工高等学校の卒業証書授与式には、山口県村岡嗣政知事が、出席され、式辞を述べられた。山口県立防府商工高等学校 卒業式へ私は、出席し、山口県村岡嗣政知事からの式辞も、拝聴した。

同日、山口県宇部市 広聴課 清水様からの連絡内容を私は、受けて、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、その内容に関し、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるために、相談に行った。山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査からは、「平成8年頃から、県と市との行政は、横並びという視線となって、山口県から宇部市へ、どうこう言うことができなくなった。」と言われた。

平成28年8月19日に、 7月5日、島根県 吉賀町役場 総務課との対応、山口県庁と山口県教育庁へ私は、報告へ行っている経緯もあり、島根県 吉賀町 臨時議会 開催期間中の島根県 吉賀町議会 議長 安永友行先生に私は、面会し、島根県 吉賀町役場 総務課との対応内容について、吉賀町議会 議長へ説明を入れた。また、二人の間における対談内容に関しては、山口県 岩国市 吉川家の話題、島根県と山口県に亘る林業育成の話題、佐藤栄作先生、竹下登先生に関する話題にもつながっていった。その後、吉賀町役場 総務課長と面談し、吉賀町役場 総務課から、目に見える善処を求めた。その対応の展開 以下が、その関係する配信 記事の一部となる。

平成29年1月12日、山口県 観光スポーツ文化部 山口県史編さん室 大村勇主幹、吉岡健一主査と私は、面談した。山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、山口県 観光スポーツ文化部 山口県史編さん室 大村勇主幹、吉岡健一主査と面談した内容に関し、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるために、相談に行った。
...........................................................
平成29年1月21日、外務省 密約書 不在の問題に関係し、過去に、山口県 柳井市に居住していた日本大学 本部 総務部 および、日本大学 創設者 山田顕義研究 その関係が深い私の祖父から、その病院名についても、よく聞かされていた 山口県防府市にある、吉田整形外科へ行き、日本大学 医学部 吉田義夫医学博士と、今迄の経緯について、日本大学 校友会 山口県支部 世話係 等もしていた私の叔父が、平成29年1月4日に逝去したという事実経緯、並びに、日本大学 校友会における、その私の叔父との対談の経過対応、また、明治維新百年祭のおり 日本大学 本部 総務部  山田顕義研究、および 防長医学史における、その日本大学 医学部 田中助一医学博士 等の対応もあり、平成29年1月6日における私からの連絡の各書面 等についても、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士へ渡していたが、その連絡書面における各内容については、それが、日本大学 医学部 吉田義夫医学博士へ届かなかったという、私からの書面と医学博士 吉田義夫医師 あて 私からのはがきも手渡し、医療の問題、対応内容に関し、対談をした。

蘭学資料研究会 研究報告 東京大学医学部血清学教室内 「毛利藩の蘭学」 昭和36年10月21日より

毛利藩の蘭学資料目録

蘭書の部
1)Roode,T.G.A.Dr.:Handboek der natunrkude van den Hollandish,vertaald door K.J.Y.Ipma.Amst.,1809 pp.1631 (mai) (Oomura)
2)Haarst,Wm.van :Natuurbeschouwingen voor jonge lieden,ter verdeling van verstand en hart.le en LeStjkje(in een boek).Amst.,1820-23
以下 省略
( 山口県立図書館 及び 山口大学図書館 蔵 )
13) 省略
14)Dr.von Siebold : Tot Gedachtenis aon mynen vriend Koemaja (Handschrift). 1829 (Hagi-Kumaya)
( 以上 萩、熊谷家 蔵 )
以下 省略
附録  大村益次郎蔵書目録  大村益次郎文書保存会
1. Kleine Oorlog
2.Tweede Afdeeling voor het Tuig.
3.Handboek der natuurkunde van den Hollandsch.
以下 省略
昭和36年10月21日 当時、蘭学資料研究会は、東京大学医学部 血清学教室にありました。蘭学資料研究会 現況について、東京大学から、その後、当方へ連絡が、有りません。その近況については、残念ながら 存じ上げていませんこと報告します。
........................................
平成29年1月20日、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士との間において、司法における、その多方面に亘る事柄に関し、私は、その対談をした。

平成28年10月29日、第42回 (平成28年度) 退職互助部山口地区 山口地区集会が開催され、「セントコア 山口」 懇親会において、元山口県立山口高等学校 沖浦初孝校長と私は、隣席し、当時の安倍晋太郎外務大臣が、日米・日露・日韓関係 沖縄 米軍基地の問題 等 における 山口県立山口高等学校 同窓会長としての外交上における山口高等学校同窓会 各会員に対して、その差配をされた役割についても、説明申し上げることができた。 日韓条約締結当時における島根県 竹島問題 等に関する連絡文を私から外務省 北東アジア課 大村久美様 宛へ、日韓米外交における確認のため、私からのメール送信もしているが、島根県 竹島に関する領土問題についても、日本外交において、前向きな姿勢が、見えない状況、続いている。

井上真央 『花燃ゆ』 最終回を報告、吉田松陰の末の妹・文(後に楫取美和に改名)を演じた女優 井上真央が、平成27年12月13日、山口県防府市にある楫取夫妻の墓前を訪ね、最終回の放送を迎えることを報告されて、平成27年12月14日、吉田松陰 養母の実家にあたる山口県萩市国重要文化財民家に指定されている森田家その祭祀を代表して、私は、防府市 楫取夫妻の墓前を弔った。








『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政府は竹島問題で韓国と外交... | トップ | 正男氏遺体から微量の毒物検... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

芸術 文化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。