地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

ちゅうごく経済 薬物作物 栽培へ動き

2017年07月29日 | 山口県庁
ちゅうごく経済 薬物作物 栽培へ動き

2016年06月16日

漢方薬の原料「生薬」に使われる薬用作物。中国産の輸入価格上昇を受け、中国地方でも栽培に取り組む動きがみられる。山口県では県の主導で試験栽培が進められ、岡山県ではNPO法人が産地化に向けた活動をしている。

 ■山口県、県主導で試験始まる

山口県北部・阿武町の山あい。標高約400メートルの宇生賀(う・ぶ・か)地区の休耕田約500平方メートルに今月上旬、約1600株の当帰(トウキ)が草丈25センチほどに育っていた。地元の農事組合法人「うもれ木の郷」が昨年から試験的に栽培している。今年は4月末に苗を植えた。土に雑草よけのシートをかぶせ、この時期は時折、草取りをし、花芽を摘むだけ。トウキはセリ科の多年草で生薬になるのは根の部分。冬に掘り出し、乾燥させて出荷する。試験栽培は、県が進める集落営農法人の経営強化策の一つ。農林水産省の交付金を得て昨年度から始まった。今年度は宇生賀地区など県内7カ所で進められている。品目はシャクヤクなども含め5種類。県は昨年3月、生薬メーカー33社でつくる「大阪生薬協会」と連携協定を結び、将来の販路を確保。今後3~5年かけて安定的に出荷できるようにする方針だ。県農林総合技術センターの刀祢(と・ね)茂弘・園芸作物研究室長(59)は「メーカーの求める質を満たしつつ、機械化や効率化が求められる。課題は多い」と話す。昨年度、トウキの栽培に要した平均作業時間は1千平方メートルあたり1千時間超で先行する国内産地の約5倍。人件費を考えると赤字だ。根の掘り取りや水洗い、湯通し後に手でもむ工程に手間がかかったという。今年度は掘り取りの機械を改良し、施肥なども工夫して臨む。刀祢室長は「農産物と勝手が違い、戸惑いは多いが、他県に先を越されないうちに産地として確立したい」と話した。

 ■景観作物で観光資源
栽培した薬用作物を生薬として製薬会社に買い取ってもらうまでになるには時間がかかる。それまで稼ぐには――。そう考えた岡山県東部・和気町のNPO法人「薬草木を育てて地域産業と観光資源を創る会」は町内の棚田を中心に落葉小高木の山茱萸(サンシュユ)を植え、春は黄色い花、秋は真っ赤な実で人を呼び込もうと計画する。サンシュユは、果肉を乾燥させたものが「八味地黄丸」などの材料の一つになるが、韓国では花も春を告げる花として好まれる。南西部の全羅南道には「サンシュユ村」の名で知られる温泉観光地があるといい、日本でも、とひらめいた。発案者は創る会を立ち上げた鹿野美弘さん(75)。富山大和漢医薬学総合研究所などで教授を務めた後、静岡県などで薬用作物を栽培。4年前、岡山県の知人の紹介で和気町に移住した。「韓国のサンシュユ村とほぼ同緯度。気候的にも向いている」と自宅周辺の畑を薬草園にしてサンシュユの苗木を増やし始めた。生薬として販売することを念頭に創る会を立ち上げ、周辺の農家や賛同者に無償で譲ってきた。今春で約1600本になる。もっと増やし、花の咲いた枝は生け花用に販売することなども構想している。鹿野さんはサンシュユの薬用作物としての産地化について「種苗の確保や中国の生産動向の把握など課題は多い。多様な方法をとるのが成功の道」と話す。(古源盛一)

 ■薬用作物の国内産地化の動き
国内製薬会社でつくる「日本漢方生薬製剤協会」(東京)によると、生薬の原料は9割近くが輸入品で大部分が中国産。国内産は1割ほど。中国で漢方薬需要が高まり、政府が環境保全を理由にカンゾウなど一部の輸出を制限していることから、輸入価格は上昇。2014年は8年前の2・4倍になった。農林水産省と厚生労働省は交付金による産地形成を促そうと、12年度から全国8ブロックで農業者や自治体、製薬会社が意見交換する会議を開催。中国地方でも産地化の取り組みが始まっている。岡山県では井原市と美咲町(シャクヤク)、高梁市(カンゾウ)で栽培されている。ほかは島根県美郷町(シャクヤク)と鳥取県米子市(マオウ)。 ・・・ 2016年06月16日 朝日新聞 配信より

私のコメント : 山口県 北部・阿武町 標高約400メートル 宇生賀地区の休耕田約500平方メートルに今月上旬、約1600株の当帰(トウキ)が草丈25センチほどに育っている。農事組合法人「うもれ木の郷」が2015年から 試験的に栽培している。

農林水産省と厚生労働省は、産地形成を促そうと、12年度から全国8ブロックで農業者や自治体、製薬会社が意見交換する会議を開催。中国地方でも産地化の取り組みが始まっている。岡山県では井原市と美咲町(シャクヤク)、高梁市(カンゾウ)で栽培されている。島根県美郷町(シャクヤク)と鳥取県米子市(マオウ)。

.................................................
京大CiRA×武田薬品×理研、NGLY1欠損症治療を目指して共同研究契約を締結

早川厚志 [2017/04/04]

京都大学iPS細胞研究所(CiRA:サイラ)、武田薬品工業、理化学研究所(理研)は、糖タンパク質の糖鎖脱離酵素「N-グリカナーゼ」をコードするNGLY1の欠損症の治療を目指した創薬研究について、共同研究契約を締結したと発表した。NGLY1欠損症は、NGLY1遺伝子の変異が原因で成長の遅れ、発育不全、運動障害、てんかん、涙が出にくい等、さまざまな症状が見られる遺伝性の希少疾患。同プロジェクトでは、理研で進めてきた基礎研究に、山中教授のグループが開発したiPS細胞技術と武田薬品が有する創薬基盤を組み合わせることで、まだ確立されていないNGLY1欠損症に対する治療法を開発していくという。また、このプロジェクトは、2015年4月にCiRAと武田薬品が発表した共同研究プログラム「Takeda-CiRA Joint Program for iPS Cell Applications」(T-CiRA)のひとつとして位置づけられ、NGLY1を発見した理研の鈴木匡チームリーダーが研究責任者として同プロジェクトをリードする。鈴木匡チームリーダーは、「これまでの我々の基礎研究を創薬に活かす機会を与えていただき、身の引き締まる思いです。CiRAと武田薬品だけでなく、NGLY1欠損症の治療開発のためにこれまで協力関係を築いてきたグレース科学財団とも更に連携を深め、患者さんに一刻も早く薬を届けられるよう精一杯研究に取り組みたいと思います。」と述べている。また、CiRA所長であり、iPS細胞の開発者としてノーベル賞を受賞した山中伸弥氏は、「鈴木チームリーダーは細胞内でタンパク質の品質を維持する上で重要なNGLY1遺伝子について研究をされています。これまでの知見とT-CiRAの環境を活かして、NGLY欠損症に対する治療法開発が迅速に進むことを期待しています。」と述べている。さらに、武田薬品の再生医療ユニットグローバルヘッドであり、山中教授のチーフアドバイザーである出雲正剛氏は、「この度、NGLY1の研究で世界的なリーダーである理研の鈴木先生にT-CiRAに参画していただくことを嬉しく思います。また、日本が誇る世界的な研究機関である理研とT-CiRAが連携することにより、研究が大いに加速することを期待しています。」と述べている。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

・・・2017/04/04 マイナビ ニュース 配信より

私のコメント: 平成29年7月28日(金)、山口県庁 薬務課内、山口県 健康福祉部 薬務課 職員との間において、私は、親類の医師が、京都大学 医学部大学院 卒業し、その医学博士の見地より、医療に関する学識、話題 等、私は、今まで、受けているために、山口県 健康福祉部 薬務課 職員が、京都大学 薬学部にて、その学ばれた見地より、その職員との間でも、山口県 武田薬品工業株式会社 光工場 に関しての対談も行った。









『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋田豪雨1週間 農事法人「... | トップ | 武田薬品、カナダのバイオV... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山口県庁」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。