地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

3連休初日 全国からボランティア 豪雨の被災地

2017年07月15日 | ボランティア活動
3連休初日 全国からボランティア 豪雨の被災地

7月15日 16時21分

記録的な豪雨で大きな被害を受けた福岡県朝倉市では3連休初日の15日、およそ1500人のボランティアが集まり、厳しい暑さの中、住宅に入り込んだ土砂などを撤去する作業にあたりました。

続きを読む

朝倉市では、3連休初日の15日、全国からおよそ1500人のボランティアが集まりバスなどに乗って、被害を受けた地区に向かいました。

このうち、多くの住宅が被害を受けた杷木池田地区では、住宅に入り込んだ土砂や泥で汚れた家財などを撤去する作業にあたりました。

気象台によりますと、朝倉市の日中の最高気温は34度3分とことし2番目の暑さとなり、ボランティアの人たちは水分を補給するなど熱中症に注意しながら片付けを手伝っていました。

住民によりますと、豪雨から10日がたった15日も自宅に帰れなかったり人手が足りなかったりするため、片付けが進んでいないということです。

福岡県八女市からボランティアに訪れた男性は「5年前の九州北部豪雨で被害を受けた時の恩返しがしたくて来ました。少しでも早く復旧してもらいたです」と話していました。

住宅に住む60代の女性は「人手が足りないので本当に助かります。少しでも早く住めるようにしたいです」と話していました。

大分 日田にも大勢のボランティア

記録的な豪雨で被害を受けた大分県日田市にも大勢のボランティアが駆けつけ、泥のかき出し作業などの支援にあたっています。

大分県日田市の社会福祉協議会によりますと、3連休初日の15日、市内ではこれまでで最も多いおよそ400人のボランティアが集まり、復旧作業の支援などにあたっています。

このうち浸水や土砂崩れの被害を受けた住宅がある大鶴地区では、ボランティアの人たちが土砂をかき出したり、泥をかぶった家具を運び出したりしていました。

熊本市から来た60代の公務員の男性は「去年の熊本地震では大分県、福岡県の人に支援してもらったので恩返しの気持ちです。予想以上に泥が多く大変な作業ですが、これからも継続して支援していきたい」と話していました。

また、社会福祉協議会では、ボランティアの受け付けを市の中心部にあるボランティアセンターで一括して行ってきましたが、16日からは態勢を強化するため大鶴地区の公民館の近くにあるグラウンドに新たな受け入れ拠点を整備することになり、仮設事務所の設営も行われました。

日田市社会福祉協議会の梶原浩事務局次長は「ボランティアの要請に対して人手不足が続いているので、新たな拠点ができることでボランティアの人が活動しやすくしていきたい」と話していました。・・・ 平成29年7月15日、NHK NEWS WEB 配信より

私のコメント : 平成29年7月15日、記録的な豪雨で被害を受けた大分県日田市に、大分県日田市の社会福祉協議会によりますと、3連休初日の15日、市内ではこれまでで最も多いおよそ400人のボランティアが集まり、復旧作業の支援などにあたっています。

記録的な豪雨で大きな被害を受けた福岡県朝倉市では、3連休初日の15日、およそ1500人のボランティアが集まり、厳しい暑さの中、住宅に入り込んだ土砂などを撤去する作業にあたりました。

平成29年4月3日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と対談する。外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関する件、木下祐祥輪番と私は、相互に意見交換をすることができた。本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番は、ペルー大使館 人質事件における 当時の橋本龍太郎首相と同じ、心境にあることも、二人の対話の中で、その浄土真宗 宗務内容、私は、その心情、感じ取り、聞き取り することもできた。

また、浄土真宗本願寺派 本願寺 萩組 満行寺 坪井組長が、その会奉行をつとめられた当時における 萩市 三千坊 総代会・法要委員会 「親鸞聖人750回大遠忌お待ち受け・蓮如上人500遠忌・第19世住職継職法要開要綱」の話題となったため、その当時の経緯、説明を私は、山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番におこない。浄土真宗本願寺派 本願寺 萩組 満行寺 坪井組長から、その大分県 別府別院 輪番、当時の話題もあり、山口県 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と私との間にて、相互に、そこに至るまでの、お互いの情と気持ちを、相 照らし合わせた。

山口県 萩市 三千坊 総代会・法要委員会 「親鸞聖人750回大遠忌お待ち受け・蓮如上人500遠忌・第19世住職継職法要開要綱」についても、京都府 京都市 天台宗 栗田口 青蓮院 執事との対応、私にはあるため、京都市 青蓮院へ 「平成29年4月3日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と対談する。外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関する件、木下祐祥輪番と私は、相互に意見交換をすることができた。」内容における、その報告を私は、入れた。



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県公安委員会 委員長に倉田... | トップ | 「恩返ししたい」ボランティ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ボランティア活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。